女性の肩こり解消で薄毛対策!女性ならではの肩こりの原因とは?

最終更新日: 2017年10月10日



女性のほうが血流が悪くなりやすい?のイメージ画像

薄毛に悩む女性の皆さんの中にも非常に多いと思いますが、
今回は多くの女性の悩みの一つである

肩こり

についてのお話をしていこうと思います。

以前血行不良と女性の薄毛や抜け毛-血行促進のために取り入れることという
お話をしているのですがその辺も関係してくるので一緒に読んで頂けたらと思います。

 

女性の体の特徴から原因を考える

まず女性ならではの体質から肩こりの原因を考えてみましょう。

 

筋肉量が少ない

女性の場合、男性に比べ筋肉量が少ないという特徴があります。

筋肉量が少ないということは熱量も少なく冷えやすいということが言えます。

体が冷えるということは血流が悪くなるので肩こりにつながりやすいです。

また筋肉量が少ないために頭を支える力も男性より少ないので
肩や首に負担がかかるのでこれもコリの原因になります。

 

バストの重さによる肩こり

また中にはバストの重さによってバ肩がこるという女性もいらっしゃいます。

 

冷え性による肩こり

また女性は冷え性にもなりやすいです。

血行が悪くなるので冷え性になるのか、
冷え性になるから血行が悪くなるのかは微妙なところですが、

  • 自律神経の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 貧血

といったものも大きな原因になっているので体の内部的な
原因も冷え性やそこからくる肩こりの大きな原因になっていると
考えられます。

 

女性のライフワーから原因を考える

では今度は女性のライフワークから肩こりを考えてみましょう。

 

デスクワークや長時間同じ姿勢が多い

女性の場合、

  • デスクワークなど長時間のパソコンの使用
  • パートなどでレジ打ちをされる方
  • 製造業などで長時間同じ姿勢での仕事されている方
  • ネイルなど美容関係の仕事で細かい作業をする方

などはかなり肩や首に負担がかかっておりこれらが肩こりの大きな原因になっています。

 

子育て中の抱っこ

他にも子育てをしている女性などではお子さんをだっこする場面も多いです。

しかも生まれたての時はかなり長時間になりますし、
子ども体重ってどんどん増えますよね?

それでも抱っこをしないといけないので肩はバキバキに凝ってしまいます。

 

下着による締め付け

また女性の場合は下着の締め付けなどで
肩や背中の血流が悪くなっていることも考えられます。

良い下着はとってもお値段が高いですのでそういったものを
買いましょうとは言いませんが、
きちんと自分のサイズを測っておくことが大切だと思います。

 

服装による肩こり

また女性の場合はファッション性を追求するあまりそれが肩こりの原因に
なってしまっていることがあります。

  • 寒いのに胸元や肩の空いているカットソーやインナーを着る
  • 重めのアウターやジャケット、コートを着ている

などが挙げられます。

また女性の場合バッグを持つ機会が多いと思いますが

いつも同じ肩(左右どちらか)にバッグをかけることが多い

というのも肩こりの原因になっています。

 

その他の肩こりの原因

では女性だけに限らないのですがその他の肩こりの原因も挙げていきましょう。

 

ストレスが多い

ストレスが多いと言っても非常にあいまいなのですが、
ストレスにより交感神経が過剰に活発になります。

交感神経が活発になるのは良いのですが、
交感神経には血管が収縮するという働きがあります。

ストレスが多いと長時間交感神経が優位に働きっぱなしになるので
肩こりの原因になりやすいです。

また最近ではストレスから無意識のうちに歯を食いしばっているという
女性も多いです。

ずっと力が入りっぱなしになっているので筋肉が硬直してしまいやすいですし、
歯にも負担がかかってしまいます。

  • 朝起きたときにあごがつかれている

という方は要注意ですね。

また食いしばる癖はエラ張りの原因の一つとも言われているので注意が必要です。

 

運動量が少ない

筋力が多いほうが血流はよくなるのですが、運動量が減ることで
筋力が衰えることで体が冷え、血流も悪くなります。

 

片方で噛む癖がある

食事の際に片方で噛む癖があると肩こりの原因に
なるといわれています。

またかみ合わせが悪かったり虫歯によって肩こりが起きる場合も
あるといわれています。

またストレスの部分でもお話したように歯を食いしばる癖にも
要注意ですね。

歯を食いしばると禿げる?クレンチング症候群と女性の薄毛について

 

姿勢が悪い

デスクワークなど仕事で姿勢が悪い状態を長時間続けることもあるとは
思いますが、
日ごろから猫背などの姿勢が悪い方は血行が悪くなりやすいので
肩こりになりやすいです。

 

肩こり解消の対処法とポイントについて

では今度は肩こりの解消ポイントについてお話をしていこうと思いますので
それぞれ参考にしてくださいね。

 

正しい姿勢を心がける

まず一番に大事にしたいのは姿勢ですね。

日常からもそうですし、日常だけでなく仕事上でも
一番といっていいほど肩こりの原因になるものです。

猫背の方は最初はしんどいかもしれませんがなるべく胸を張る
意識をして、デスクワークでも背筋を伸ばして仕事をすることで
かなり疲労の軽減にもなります。

また机の高さや、イスといったものも非常に大切なので、
仕事で使うものであれば高さやパソコンとの位置関係をきちんと調整し、
家で使うものであれば自分の使い心地の良いものを選んで
頂くといいのではないかと思います。

 

リラックスできる環境を作る

肩こりの原因でもお話していたストレスですが、
交感神経が過剰に優位になることで血管が収縮して肩こりの原因になります。

現代人は交感神経と副交感神経の入れ替えがうまくできていない方が多く
疲れをきちんと取れていない方が多いです。

難しい言葉を並べると分かりにくいと思いますが、

要はリラックスをすることがとても大切になってきます。

特に今日からでも始めてほしいのは

ちゃんと湯船に入ってゆったりリラックスすること

ですね。

時間がない主婦の方や小さいお子さんがいてお風呂に入る時間が
無いというお母さんもいらっしゃると思いますが、
時間が取れるときや周りの協力が得られるときはなるべく入るように
心がけてください。

入浴は女性の薄毛対策にオススメ!血行促進のための3つのポイントとは?
という記事でオススメの入浴方法やポイントなどをおお話していますので
参考にしてくださいね。

 

運動やストレッチを取り入れる

これも肩こりの原因の部分でお話したのですが、筋力が衰えると
血流も悪くなりますので適度な運動を取り入れるということも
大切です。

月並みな話なので聞き飽きたという方も多いと思いますし、
運動と聞くとハードルが高いように感じますし、
実際時間が取れない方も多いと思います。

なので私としては

最初はお風呂上がりのストレッチからはじめてみる

というのもいいのではないかと思います。

冒頭で参照した記事の中でもお話しているのですが
私が実際にやっているのは

  • 座ってからの前屈
  • 開脚して左右への前屈
  • 寝転んでから膝を折り曲げてモモを伸ばす

というくらいのものですが、足へのむくみや疲れにはかなりおすすめです。

ただこれは下半身のストレッチなので直接的に肩こりにオススメなのは

  • 肘を曲げて正拳付きの要領でぐっと後ろに引く
  • 肩甲骨を意識して肩をぐるぐる回す

といったものですね。

ちなみにストレッチのポイントは

  • 30秒以上すること
  • 呼吸はきちんとすること

の2つです。

意外と続けていると最近ではかなり柔らかくなってきました。

以前の私は立った状態での前屈で全く地面に手が届きませんでしたが
今では手の半分くらいはつくようになっています。

続けるって大切ですね。

 

寝具を見直してみる

また肩こりだけでなく腰痛など体の痛みなどに悩まされている方の中には
もしかしたら寝具に原因があるかもしれません。

人生の3分の1は睡眠というフレーズがありますが、それだけ寝ている時間は
長いので自分に合った寝具を使うということも健康面において非常に
大切なことだと思います。

まずは枕からでも良いので変えてあげると首や肩のこりが軽減される可能性も
十分にあると思います。

睡眠の質を上げるのに低反発マットは良いの?高反発マットとの比較

 

服装を見直す

女性なので

  • オシャレをしたい
  • 可愛い服を着たい

というのはもちろんわかりますが、
自分の健康や体調を考えるということも上手に取り入れていきましょう。

  • 重いアウターを毎日着ないようなローテーションをつくる
  • 寒いのに無理に胸や肩の空いた服を着ない

などを取り入れていくといいと思います。

また下着の見直しも大切です。

  • ブラのサイズが合わなくなってきた
  • サイズを測って買っていない

という方はきちんとサイズを測って作るようにしましょう。

逆にブラが大きい場合もバストの形が悪くなる原因にも
なるのでぴったりのものを購入しましょう。

 

自分の癖を見直す

最後に自分の癖を見直すということも肩こりへの対処に
つながっていきます。

これまでの話から考えると

  • ついつい猫背になってしまう
  • いつも同じ肩にバッグをかけてしまう
  • 気づいたら歯を食いしばっていた
  • 食事の際に片方ばかりで噛んでいた

などが挙げられると思います。

この辺に関しては本当に毎日の習慣、癖になっているので

意識して直していく

これしかないと思います。

私の場合はこの癖がすべて当てはまっていましたが、
今では大体改善できていると自分では思います。

特に猫背が治ると肩こり、特に肩甲骨回りが楽になりましたし
大胸筋がついたというと変に聞こえるかもしれませんが、
バストアップの為の筋肉なので良いことだと思います。

また食いしばる癖はまだたまにあるのですが、
気づいたときにえエラの部分の筋肉をゴリゴリとマッサージするように
しています。

最初はかなり痛かったのですがそれだけ筋肉が凝り固まっていた
ということですね。

子顔効果もあるのでこれも取り入れていただきたいですね。

 

肩だけでなく頭皮マッサージも取り入れよう

さて肩こりについていろいろとお話していきましたが、
女性の薄毛対策のためにもう一つ大切なのは

頭皮マッサージ

ですね。

頭は重力の影響もありますし、特に頭頂部には筋肉がないので
体の中で一番血が届きにくく結構が悪くなりやすい部分です。

女性の薄毛に多いのはびまん性脱毛と呼ばれる全体的に
薄くなるパターンの薄毛ですが、

  • トップがペタンとする
  • トップの髪の毛のハリコシがない

といった症状から気づく方が多いと思います。

また

前頭部が薄くなって困っている

という方に至っても
デスクワークなどの眼精疲労からおでこや前頭部が凝っている
方が多いという特徴もあります。

せっかく肩までの血行が良くなったのならその上の頭皮への血行も
良くなったほうが良いですので特に薄毛に悩む女性は必ず取り入れてほしいですね。

頭皮マッサージについては

薄毛に悩む女性は必見!頭皮マッサージで血行促進+リフトアップ!

にてお話しているので一緒にご覧ください。

 

まとめ

今回は女性の肩こりについてのお話をしていきました。

今回お話したように体の構造やライフワークなどからしても
女性のほうが血流が悪くなりやすいと言えます。

薄毛が気になる方の多くが肩こりに悩んでいるとも
言われていますのでぜひ今回のお話を参考にしていただければと思います。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る