女性特有の年代別の悩みが薄毛の原因のになるかもしれない

最終更新日: 2017年5月18日



女性特有の悩みと薄毛

 

 

近年女性の薄毛というものが段々増えてきており
言い方がおかしいかもしれませんがとても身近な
物になってきており、もはや他人ごとではないものになっています。

また40代以降の女性にふえてきているものの、20代、30代女性
かなり増えてきており専門家の間でも警鐘が鳴らされています。

男性の場合は昔から薄毛というものは切っても切れない関係に
あるので社会でも認識されていると思いますが、
女性の薄毛というのはまだまだ男性に比べると珍しいものとして
とてもデリケートな問題だと思います。(もちろん男性の薄毛もデリケートな問題ですが)

薄毛自体を悩みすぎるのも良くないのですが、
そのほかにも年代による様々な悩みがあると思います。
もしかしたらそれらのストレスがさらに薄毛を進行させてしまっている
原因かもしれません。

というわけで今回は年代別の女性特有の悩みと薄毛の関係について
お話をしていこうと思います。

 

女性特有の年代別の悩み

では女性特有の悩みというといろいろあると思いますが、
年代別に考えるとどのようなものが挙げられるのでしょうか?

 

20代女性

多くの方が社会人になり、仕事をしていくことで人間関係や
仕事に対するストレスが非常に多くなる年代です。

特に会社によっては女性同士の人間関係のストレス、
もしくはセクハラやジェンダーハラスメントといったものを感じる
こともあるかもしれません。

また20代女性ですと結婚出産なども考える時期ですし、
20代後半くらいになると周りからのプレッシャーなどがある方も
多いと思います。

そういったストレスがもしかしたら薄毛を進行させる要因になっている
可能性があります。

 

30代女性

20代後半女性同様、仕事や結婚や出産などに対してのプレッシャーが
ある方も多いと思います。

また30代から徐々に女性ホルモンの量が低下してきたり、バランスを
崩しやすくなるので、精神的に不安定になったり、体調にも変化が
現れやすくなります。

また肌にも変化を感じたり、20代のときは感じなかった体力の低下
ボディラインの変化などでストレスを感じたりすることがあります。

髪に関しても髪質の変化や白髪が出てきたりすることで、コンプレックスを
感じたりする方も多いです。

 

40代女性

40代になると30代のときより女性ホルモンがガクッと減ることで
更に心や体に変化が現れやすくなります。

また男性と違い、女性の場合は子どもを産めなくなると感じる年齢でも
あったり、更年期症状が出始めたりすることからの焦りなどが
大きなストレスになってくる方が多いです。

また髪に関して言うと髪が細くなって来たり、うねりだしたりする方の
割合も増えてくるので、髪に対する悩みを持つ人も増えてきます。

子どももある程度大きくなってくると経済的な不安も出てくると思います。

 

50代女性

50代というと平均寿命から考えるとかなり若いですが、
更年期症状がひどくなる方も多いですし、健康面での不安を
感じる方も多いです。

また健康面の不安から、老化や死というものがかなり身近に感じる
方も多いようです。

子育てなどは終わってくる年代ですが、今度は親の介護などが
ストレスになってくる方も多く、それにより自分の時間も取れないので
より強いストレスになっている場合が多いです。

 

悩みに対する対処法

以前薄毛を気にしすぎるのも良くない-不安や絶望感との向き合い方というお話をさせてもらっています。

そこでは薄毛を気にしすぎている人がどうそれと向き合っていくのか
というお話をステップごとに話しています。

それは薄毛だけに限らずこうした日常の悩みにも当てはめることが
できるものだと思っています。

自分の力だけではどうしようも無いこともあると思いますが、

ネガティブに考えすぎない

ということはとても大切なことだと思います。

事実こうした年代別にあるような悩みを乗り切ったことで
髪に対する悩みも軽減されたという報告も多くあります。

女性の薄毛という問題は単に頭皮や毛根だけでなく、日常生活
のストレスなども非常に大きく関わってくるものなので是非参考に
していただければと思います。

対処法としては少しあいまいな説明になってしまいましたが、
先ほど紹介した記事も一緒に読んで頂けたらと思います。
ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る