髪の毛は体をデトックスしている?ミネラルの吸収を阻害する有害金属

最終更新日: 2017年5月18日



髪の毛がデトックスしてくれる。ミネラルの吸収を阻害する有害金属

 

皆さんは微量元素、もしくは有害金属って耳にしたことがありますか?

この有害金属というのは有名なものでいうと

  • 水銀
  • ヒ素

などが挙げられます。

他にも

  • アルミニウム
  • カドミウム
  • スズ

などが有害金属と呼ばれるものです。

何故これらが有害金属と呼ばれるかというと

人体に蓄積していくとあらゆる重篤な症状をもたらすからです。

またそうした症状が出る前にも私たちの体に必要なミネラル類の
吸収を阻害したり体の不調の原因にもなっていたりします。

特に女性の場合ミネラルの中でも鉄分は非常に不足しやすく、
貧血などの原因にもなってきます。

貧血に関わってくると当サイトのテーマでもある女性の薄毛にも関わってきます。

というわけで今回はタイトルのように

有害金属と髪の毛についてのお話をしていこうと思います。

 

髪の毛が有害金属をデトックスしている?

では早速今回のタイトルに触れていきます。

先ほど挙げたような有害金属は尿などでも排出されるのですが、
なんと髪の毛もデトックス機能を持っています。

なので有害金属の中毒症状の検査には髪の毛を調べたりします。

また麻薬やドラッグの使用者なども髪の毛を検査されます。

これは例えば10cmの髪の毛があって毛根から5㎝の部分から麻薬の成分が
検出されると、一か月1㎝髪が伸びるとして5カ月前に麻薬を使用していた
というのがわかるという仕組みです。

このデトックス作用のおかげで私たちの体内にはそういった有害金属が蓄積
しにくくなっているというわけです。

では髪の毛が生えなくなってしまった場合はどうなるのでしょうか?

おそらくこのデトックス機能が低下してしまうと考えられます。

なので女性も男性ももちろん見た目だけでなく健康のためにきちんとした
育毛を行っていかなければならないのです。

 

ミネラル吸収を阻害されるとどうなるの?

また有害金属の蓄積によって冒頭でもお話したような

必須ミネラルの吸収を阻害する

という症状もあります。

言葉にするとそれだけ?という感じがしますが、人間はビタミンとミネラルがないと
死んでしまいます。

また髪の毛を作るのにもミネラルは欠かせませんし、女性の薄毛を改善していくうえでは
必要不可欠であるということが言えます。

なので必要以上に有害金属を体内に入れないということが
大切になってきます。

そのためには私たちは何に気を付ければならないのでしょうか?

それはやはり食べ物に気を付けるべきだと思います。

水俣病なども水銀を含んだ魚介類を食べたことで起きたといわれていますが、
食物連鎖の上に行けば行くほど有害金属の蓄積量は増えてきます。

しかし、こういった食べ物の一つ一つ私たちが検査していくわけにはいきませんので
やはり消費者としては原産国や原産地、作り手など手に入る情報はフルに活用
していくべきだと思います。

また女性の薄毛にアミノ酸サプリが良い?選ぶポイントや注意点とは?
という記事でもお話しているのですが、アミノ酸の原料に髪の毛が使われており、
せっかく体外に排出した有害金属をお金を払ってまで、
また体内に取り入れてしまっているという事態が実際にあると言われています。

このサプリの場合は利益を上げるため、もしくは安く売るために
原料を安価にすませるというのを目的で作られているようですが、
サプリメントだけでなく口に入るものすべてにこういったことはあるのかもしれませんので

【価格】

といったものにも目を向けるのも大切です。

サプリメントだけでなく食べ物もなんでも安いのにはそれなりに理由があるのではないでしょうか?

 

有害金属がもたらす人体への影響とは?

では先ほど挙げたような有害金属が蓄積すると人体にはどのような
影響が出てくるのでしょうか?

 

鉛筆の芯などにも使われている鉛ですが
昔からよく鉛中毒などといわれる症状が有名です。

  • 頭痛
  • 不眠
  • 腹痛
  • 貧血
  • 発育障害
  • 不妊

などを引き起こすといわれています。

 

水銀

水銀は皆さんも学校で習ったことのある

【水俣病】

で知られています。

水俣病の場合工場排水などが原因でしたが、
最近はあまり見ませんが水銀温度計などにも使われており
結構身近なものです。

症状としては

  • 中枢神経系への影響
  • 手足のしびれ
  • 口唇周辺のしびれ
  • 視力の低下
  • 歩行障害

などが挙げられます。

これはメチル水銀での症状で無機水銀の場合

  • 激しい腹痛
  • おう吐
  • 血性の下痢
  • 腎臓障害

などが起きるといわれています。

 

カドミウム

これも富山県の神通川で起きた

【イタイイタイ病】

で良く知られています。
こちらも工場排水が原因で多くの人への被害が
出たといわれています。

症状としては

急性中毒であれば

  • 腹痛
  • おう吐
  • 下痢

などが見られます。急性の場合比較的早く回復します。

ですがカドミウムの長期的な摂取により慢性中毒になると

  • 腎臓障害
  • 骨軟化症
  • 歩行障害

などの症状が現れるようになります。

 

アルミニウム

清涼飲料水や缶詰などに使われており、私たちの生活に
非常に身近なものです。

なので調理器具や缶などからどうしても私たちの体内に入ってしまいます。

この場合はほぼ9割型、尿などで体外に排出されるのですが、
腎機能が低下している方などがアルミニウムを一定量摂取した場合

  • 筋肉痛
  • けいれん
  • 食欲不振
  • 言語障害
  • 認知症

などがあるとされています。

特にアルツハイマー病との関連が言われていますが、ここら辺は
まだはっきりとはわかっていないようです。

 

以上が代表的な有害金属の中毒症状です。

 

まとめ

今回は有害金属を髪の毛がデトックスしてくれているというお話でしたが、
女性がヘアスタイルを楽しむだけでなく、こうした健康的な面でも大切な役割を
持っているということがお分かりいただけたと思います。

今回の話をまとめると

  • 髪の毛が有害金属をデトックスしている
  • 有害金属が髪の毛などを作るのに必要なミネラルの吸収を阻害する
  • 必要以上に体内に有害金属を入れないために食べ物などに気を付ける

ということが言えます。

途中お話したように女性の薄毛にもミネラルは大きく関係してきますので、
こうした面からも目を向けていただけたらと思います。

また食品だけでなくサプリメントなどの選び方にも気を付けてくださいね。

【重要】薄毛に悩む女性のサプリメントの選び方と3つのポイント

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る