自己流の薄毛対策や過激な薄毛治療は女性の薄毛、抜け毛を進行させる!

最終更新日: 2017年5月18日



過度な薄毛対策のイメージ画像

 

薄毛対策において育毛剤やシャンプーなどだけでなく
多くの商品が登場しています。

医薬品や促進器のようなものもネットなどで
すぐに手に入るようになりホームケアなどでも
クリニック並みの本格的な治療行為に等しいことをされている方もいます。

しかしそれらは実はとても危険なことなんです。

というわけで今回は

  • 過剰な自己流の薄毛治療がいかに危険なのか

ということについてお話してこうと思います。

 

ホームケアにおける過激な薄毛治療の3つの危険性

では家で自己流の薄毛治療や対策を行っていくことには
どんな危険性があるのでしょうか?

 

1.サプリメントの過剰摂取による副作用

女性の育毛の為にサプリメントを取り入れるというのは
有効なものだと思っています。

ただ中には焦りや不安から

サプリメントを過剰に摂取する

という方もいらっしゃるようです。

サプリメントは食品扱いですが、栄養素によっては取りすぎることで
副作用が起きてしまう場合もあります。

また女性の薄毛に良いといわれるイソフラボンのような女性ホルモンに
関係するものは特に注意が必要です。

上手に取り入れれば女性の育毛に良いですが、
過剰摂取すると逆効果になってしまいます。

詳しくは
イソフラボンサプリは女性の薄毛に良い?その選び方や注意点とは?
にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

2.個人で薄毛治療薬を使用することでの副作用

また最近では家で医者の処方箋などなしに
薄毛治療薬を使用している人が多く見られます。

今の体の状態がどのようなもので本当に薬が必要なのか?

という点もわからず自己判断で過激な治療をするのは危険です。

もし仮にその薬が薄毛に効果があるからといっても

体はその薬を『体に良いもの』とは判断せず、
体にとっての『異物、侵入者』としてとらえます。

それは体に【副作用】として表れます。

その薬がきつい物であればあるほど副作用の症状はきつくなります。

 

ミノキシジル

女性で気を付けていただきたいのは

ミノキシジル(ロゲイン)外用薬

の使用ですね。

ミノキシジルは医薬品成分で血管を拡張することで血行を良くすることで
発毛促進の効果のある治療薬です。

男性の場合は5%などが主に用いられますが、
女性の場合は1%、または2%までが使用されます。

それ以上になると効果は変わらず副作用のリスクが高くなるといわれています。

またミノキシジルには内服薬である【ミノキシジルタブレット】があるのですが、
これは女性の服用はおすすめできません。

なぜならミノキシジルの副作用である

  • 血圧低下
  • 吐き気
  • めまい
  • 多毛症

などが出やすいからです。

特に女性の場合、全身の毛が濃くなる多毛症は耐えられないと思います。

ミノキシジルについては
女性の薄毛改善にミノキシジルは安全?効果と副作用について
にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

プロペシア(フィナステリド)

フィナステリドはFAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)
という強力な男性ホルモンの生成を抑える効果をもった成分です。

フィナステリド配合の薬は内服薬として使用され

  • プロペシア

が日本では主に使用されますが、
ジェネリック医薬品としては

  • フィンペシア
  • プロスカー

などといったものもあります。

ですがフィナステリドを配合している薄毛治療薬は
女性の場合は絶対に使用してはいけません。

そしてもう一つの注意点は

フィナステリド製剤は女性の使用だけでなく
妊娠中の女性は触ることも厳禁とされています。

フィナステリドはホルモンに作用する薬なので女性が服用すると
かなりの副作用が出てしまいます。

妊娠中の女性は触るだけでも胎児に影響が出る可能性があるといわれています
ので絶対に触らないようにしましょう。

フィナステリドについては

女性には危険なプロペシア-特に妊娠中の女性は絶対に触ってはダメ!
にてお話していますのでこちらも参考にしてくださいね。

 

パントスチン

女性ホルモンの減少によって起きる薄毛であるFAGAに効果があると
されている外用薬です。

これはプロペシアなどと同じで薄毛の原因になる
強力な男性ホルモンの生成を抑える効果のある薬ですが、
作用が穏やかな為女性でも使用できる治療薬です。

ただ作用が穏やかといっても副作用の可能性は十分にありますし、
個人の判断でしようするとそのリスクも高くなりますので注意が必要です。

詳しくは
FAGA治療薬のパントスチン-使用方法や費用や副作用について
でお話しています。

 

パントガール

パントガールは内服薬で世界で初めて女性の薄毛に対して効果と安全性が
認められた薬です。

主成分として

  • アミノ酸
  • ビタミン類

といったものが医薬品濃度で配合されている薬になるので安全性が高く
副作用の報告はこれまで無いようです。

ですがサプリメントと同じで栄養素も摂りすぎてしまうと副作用が起きる可能性は
ゼロではありません。

パントガールについては
女性の薄毛治療におすすめなパントガール-その費用や使い方について
にてお話しています。

 

以上が薄毛治療薬を使うことで考えるリスクですが
どれも【薬】なので絶対にお医者さんに処方してもらってから使いましょう。

 

3.育毛剤促進器によるリスク

また促進器で育毛剤をより浸透させるための器械なども登場しています。

これは肌のバリア機能を弱めて無理やり育毛剤を浸透させるものなのです。

確かに育毛剤の有効成分が浸透することでより高い育毛効果が得られるかもしれませんが
結果的に肌自体に負担がかかるようでは長期的な目で見るとあまり良いとは言えませんし、
自己判断で使っていくのもおすすめできません。

使い方を誤ると逆に薄毛を進行させてしまうかもしれません。

もし使用する場合はきちんと医師の判断の下で使用しましょう。

詳しくは
育毛剤の促進器のメリットとデメリットや使用上の注意点
にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

クリニック選びもしっかり調べてから選びましょう

また怖いことにこの過激な薄毛治療はクリニックも例外ではない場合が
あるといわれています。

病気にしろ薄毛にしろ基本的には

症状が強ければ強いほど緩やかな薬の使用や長期間の治療

というのが良いといわれています。

しかしクリニックでも患者の体の負担を考えず高濃度な薬剤や
促進器の過度な使用などによって一時は高い効果を得られても、
のちに強い副作用に悩まされる患者さんもいらっしゃるようです。

これらのようなクリニックを選ばないためにはしっかりクリニックについて
調べることが大切です。

すぐに高額な治療を勧めてきたり、
生活習慣やシャンプー方法やマッサージ方法などといった点のアドバイスはなく
薬を処方するだけのクリニックはもしかしたらおすすめではないかもしれません。

 

当サイトでは女性の薄毛治療に力を入れている

【東京ビューティクリニック】

をおすすめしています。

 

女性の薄毛治療に特化しているクリニックで
女性の通いやすい環境も整っています。

またカウンセリングは無料なので薄毛に悩む女性は
一度カウンセリングを受けてみるとよいと思います。

また東京は

  • 銀座
  • 渋谷
  • 新宿

とあり、全国にも

  • 札幌
  • 大宮
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡

とあるのでアクセスも良いのでおすすめです。


先に東京ビューティクリニックの公式サイトを見てみる

東京ビューティクリニックのおすすめポイントを見てみる

 

まとめ

今回は過度な薄毛対策に関するお話をしていきましたが
まとめていきますと

  • 自己判断での薄毛治療薬の服用は危険
  • 育毛剤の促進器も肌のバリア機能を弱めてしまい薄毛を進行させて
    しまう場合もある
  • クリニックでも過激な治療をしているところがあるようなので
    クリニック選びはしっかり調べることが大切

以上です。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る