発毛率の高い薄毛治療のHARG(ハーグ)療法とはどんな治療法?

最終更新日: 2017年5月7日



ハーグ療法ってどんな薄毛治療?

育毛クリニックでの女性の薄毛治療も最近は多様化していて、
いろいろな治療法がでてきました。

そんな中、女性の薄毛治療で近年良く耳にするのが

ハーグ(HERG)療法

という治療法です。

今回がこのハーグ療法についてのお話をしていこうと思いますので
気になっていた方や、初めて聞いたという方は参考にしていただければと思います。

 

ハーグ療法ってどんな薄毛治療なの?

ハーグ療法とは

Hair Re-generative theraphy(毛髪再生治療)

の頭文字をとったもので文字通り毛髪再生の画期的な治療法として
いま注目を集めています。

このハーグ両方の具体的な内容としては

成長因子と呼ばれるものやビタミン、アミノ酸などをミックスした

ハーグカクテル

というものを頭皮に注入することで発毛と育毛を同時に行うことができるものです。

 

ハーグカクテルの注入方法

ハーグカクテルの注入方法には以下の4つがあります。

 

パピュール法

注射によってハーグカクテルを注入する方法です。
ハーグ療法においてはもっともポピュラーな治療法と言われています。

注射なので多少の痛みは感じるようですが、
一番効果的な方法だと言われています。

 

フラクショナルレーザー法

フラクショナルレーザーというレーザーで皮膚に非常に小さい穴をあけそこから
ハーグカクテルを浸透させるという方法です。

パピュール法に比べて効果的に浸透させることができますが、
効果が低く時間がかかる場合もあります。

 

ナパージュ法

注射針で皮膚のもっとも表面の表皮にハーグカクテルを注入する方法です。

パピュール法より浅い部分に注射するので痛みが少ないというメリットがあります。

またパピュール法に比べて時間がかかりますが、
効果や持続性が高いといわれています。

 

ダーマローラー法

ダーマローラーという極小の針がついたものを使いハーグカクテルを浸透させる方法です。

ローラーの性質上、広範囲に使えるということと血流促進の相乗効果もあるといわれています。
以上のようなやり方でハーグ療法は進められます。

 

ハーグ療法のメリットって何?

ではハーグ療法のメリットとはどんなものがあるのでしょうか?

 

発毛率が高い

薄毛の原因に問わず発毛率が高いですので今まで
色々な治療で効果を実感できなかった方も実感しやすいといわれています?

 

発毛と育毛の両立

育毛剤の場合、予防目的や発毛目的など
目的別に何種類かに分かれていますが、
ハーグ療法の場合育毛と発毛を両立することができます。

 

アレルギーの心配がない

ハーグカクテルにはアレルギー物質が含まれていないので
アレルギー症状が起きる心配がないといわれています。

 

男性、女性問わず使用できる

ミノキシジルやプロペシアのように男性や女性での規制がなく性別問わず使えます。

 

以上がメリットです。

 

ハーグ療法のデメリットって何?

では今度は反対にハーグ療法のデメリットとは何でしょうか?

 

費用がかかる

ハーグ療法はカクテルの注入を何度か行うようになります。

回数は人によって異なりますが、
一回の治療に薬10万円ほどかかると言われていますので、

合計で50万円から100万円くらいかかる

と思ったほうが良いかもしれません。

 

以上がハーグ療法のデメリットです。

 

まとめ

今回はハーグ療法についてのお話をさせてもらいました。

実際かなり画期的な治療法だとは思いますが、

かなり高額なこと

これが一番のネックになるのかなと思います。

女性の場合で金銭的に余裕のある方で、
即効性を求めるのであれば試されてもいいと思いますが、
個人的には別の治療法の方が現実的だと思います。

特に育毛クリニックでの薄毛治療であれば

【パントガール】

がオススメです。

世界で初めて薄毛への効果と安全性が認められた薄毛治療薬です。

これまで副作用が怖くて薄毛治療薬に抵抗があった方にもオススメですね。

詳しくは
女性の薄毛治療におすすめなパントガール-その費用や使い方について
にてお話していますので参考にしてくださいね。

今回は以上です。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る