女性の植毛のリスクを知る-植毛の種類やデメリットについて

最終更新日: 2017年5月18日



植毛のリスクについて

 

女性の方で薄毛に悩む方が年々多くなっています。

そのためネットや通販、ドラッグストアなどでも
様々な育毛商品が登場し販売されています。

他には女性の薄毛専門の外来も登場し、
それだけ女性の薄毛というものは身近なものになってきました。

今までいろいろな育毛剤などを試してきたが

「全然効果が出ない…」

などでお悩みの女性も多いと思います。

そんな焦りや不安から

植毛

を考えている方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

植毛と聞くと男性がするイメージが強いかもしれませんが、
実は女性の植毛というのも結構行われています。

今回は

  • 女性の植毛についてとそのリスクについて

というテーマでお話をさせていただこうと思います。

決して植毛自体を否定しているわけではないので
それを前提でお話を聞いてもらえたらと思います。

 

植毛ってどんなことをするの?

植毛もだんだん進化しているのですがもっともポピュラーなものでいうと

【単一生殖植毛】

と呼ばれるものが主流です。

これは後頭部の皮膚を毛根ごと採取して株分けして
薄毛が気になる部分に一株ずつ移植していくという方法です。

医者の手によって一株ずつ行われていくので、
広範囲にわたる施術が難しいという欠点があるといわれていますが、
最近では株分けと並行して行うクリニックもあるので2~3時間くらい
終わるところもあるようです。

また最近ではロボットによる切らない植毛というのも増えてきています。
従来の治療法と比べると切開をしないため、

  • 傷口の治りが早い
  • ロボットなので精密でスピーディな作業

が可能になっているようです。

 

植毛にはどんなリスクがあるの?

ではこの植毛にはどのようなリスクがあるのでしょうか?

 

範囲に限界がある

基本的には目立たないところの部分から持ってきて移植するので
移植できる範囲に限界があります。

 

傷跡が残ることもある

皮膚の移植をするのに切開する場合は傷跡が残る場合があります。

少ないカ所であればそこまで気になりませんが、回数を重ねるにつれて
段々目立ってくるようになります。

頭なので見えにくいと思いますが、
あんまり傷跡ってのこってほしくないですよね。

 

腫れや神経麻痺がでることもある

移植する際に移植部分に小さな穴をあけるのですが、
その際に神経が切断されると一時的に知覚麻痺えお起こす場合が
あります。

これは1週間~1か月、2か月で回復してくるといわれています。

また移植後は1日2日ほど腫れが出る場合あります。

この症状はちょっと不安に感じますね。

 

定着しない場合がある

植毛には定着率というものがあり、
植えたすべての毛が定着するわけではありません。

また植毛した毛が一度すべて抜け落ちてから生えそろうまでには
3か月から半年ほどかかるといわれています。

 

費用が高い

植毛はかなり費用が高額になります。

だいたい

50万円~200万円

くらいまでで最低限の価格もかなり高い設定がされています。

この値段設定は飢える本数や範囲によって変わりますが、
本数が増えれば増えるほど高くなります。

 

まとめ

以上今回は植毛のリスクについてお話をしていきました。

今回のお話でお分かりいただけたように植毛はいわば

最終手段

です。

かなり金額もかかりますし、体への負担もあります。

最近のクリニックでの薄毛治療には女性用の薄毛治療薬で副作用のない、
または少ない

  • パントガール
  • パントスチン

といったものもありますのでそういったものも調べてみてくださいね。

というわけで安易に植毛という選択肢を選ばずに体に負担のかからない方法で
育毛すすめてめていっていただきたいと思います。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る