女性の育毛クリニックでのカウンセリングや薬の処方までの一連の流れ

最終更新日: 2018年1月29日



育毛クリニックでの一連の流れ

 

薄毛にお悩みの女性の方でクリニックに行こうかどうか
迷っている方って非常に多いと思います。

ただ

「どんな風に治療を受けるの?」

とか

「どのくらい費用が掛かるんだろう?」

などいろいろな疑問や不安があって踏み出せない方も
多いのではないでしょうか。

というわけで今回はあくまで一例ですが、

  • 育毛クリニックでのカウンセリング〜実際の治療まではどのように進んでいくの?

というテーマでお話していこうと思いますので参考にしてください。

 

育毛クリニックの一連の流れ

では早速クリニックの流れについてお話していきましょう。

まずほとんどの方が電話やメールなどで予約されると
思いますのでそこは割愛させていただきます。

まずクリニックに行ってから、

 

1.カウンセリング

患者さんにカウンセリングを行っていきます。

  • 現在治療中の病気があるのか?
  • 服用している薬があるのか?
  • 日頃どんな食事をしているのか?
  • 飲酒や喫煙の習慣があるのか?
  • 運動などはしているかどうか?
  • いまどのような症状が気になるのか?

一番基本的な部分ではありますが、

今の不安な状況を聞いてもらったりするだけでも安心できますし、
改めて自分の生活習慣などを見直すきっかけにもなるのでとても大切なんです。

 

2.写真撮影

カウンセリングの後治療をするかどうかを決め、治療する場合は
写真撮影をします。

全体的な写真や頭頂部や生え際部分など気になる部分の写真の
撮影もしていきます。

 

3.診察

写真撮影後に診察に入ります。

  • いつから気になり始めたのか?
  • どこが気になるのか?
  • どういったきっかけで気になり始めたのか?

などの問診や

  • 頭皮の状態
  • 髪質の状態

なども触診してみていきます。

これらの診察の後治療法をどうしていくか提案されます。

この時不安なことや疑問に思うことは聞いてみましょう。

不安なまま薄毛治療をしていくのは精神的にも良くないですし、
もしかしたら治療結果にも悪影響が出るかもしれません。

 

4.検査

血圧や血液検査を行います。

これらの検査で治療を開始できるかどうかをチェックしていくそうです。

 

5.治療の開始

患者さんの症状や薄毛の状態によって治療を開始していきます。

例でいうと塗り薬や飲み薬が処方されたりします。

あとは日常でのケアのアドバイスなどもされあとは月一くらいで
定期検診を受けながら経過観察を受けていきます。

 

以上が女性の育毛クリニックでの一連の流れになります。

 

実際にどのような治療をしていくの?

では実際にはどのような治療をしていくのでしょうか?

ここもクリニックや病院の方針などによって変わってきますが一例を紹介します。

 

1.飲み薬

医薬品として発毛効果が認められているミノキシジルタブレット
最近ではパントガールなどが使われているようです。

ミノキシジルタブレットは発毛効果がある分、
多毛症や低血圧などの副作用が起きる場合があるのでその辺については
医師としっかり相談して使うのが良いと思います。

特に女性の場合は高濃度のものを使うとよくないので
覚えておいてください。育毛剤でも大体2%までだといわれています。

女性の薄毛改善にミノキシジルは安全?効果と副作用について

パントガールは副作用がなく効果も認められており
非常に注目されている女性用の薄毛治療薬です。

従来の薬のように副作用がないのは女性にとってはとても嬉しいことですね。

副作用が心配な方はクリニックを探す時点で
パントガールを扱っているかを目安の1つにしてもいいかもしれません。

パントガールについては
女性の薄毛治療におすすめなパントガール-その費用や使い方について
でもお話していますので参考にしてください。

 

2.サプリメント

マルチビタミンや鉄、亜鉛といったミネラル分を補うための
サプリメントを処方される場合もあります。

薬のように効果があるわけではないですが、
体の中から育毛サポートをしていく目的で処方されます。

ビタミンやミネラルは私たちが生きていく上で必ず必要なものなので
サプリメントでそれらを補うのは大切なことなんです。

薄毛に悩む40,50代女性が抑えるべきサプリって何?その答えは…

 

3.塗り薬

ミノキシジル外用薬パントスチンなどの塗り薬です。

ここでもミノキシジルは使われますが、やはり濃度は非常に大切になってきます。

パントスチンはアラファトジオールという有効成分を配合した外用薬タイプの薄毛治療薬です。

アラファトジオールには毛根を弱く、抜けやすくしてしまうDHT(ジヒドロテストステロン)
を抑制する効果があるので男性ホルモン型脱毛症(FAGA)に非常に効果的な塗り薬です。

FAGA治療薬のパントスチンとは?使用方法や費用や副作用について

 

4.ホルモン補充療法(HRT)

女性は40.50代くらいになる女性ホルモン量の分泌量が低下する更年期にさしかかります。

更年期になると体や心に様々な変化が現れます。

薄毛もそのひとつです。

そのような方にホルモン補充療法(HRT)がおこなわれる場合が
あります。

簡単にいうと外から女性ホルモンを補充していくのですが、

  • 貼るタイプ
  • 飲むタイプ
  • 塗るタイプ

などがあります。

女性ホルモン量もピルなどに比べて少ないので体への負担も少ないのが特徴です。

ホルモン補充療法(HRT)と女性の薄毛-費用や副作用や注意点について

 

5.点滴

サプリメント同様、アミノ酸やミネラル、ビタミンなどを
摂取していきます。

サプリメントに比べて吸収率が高く、即効性があるのが特徴です。

ただクリニックで行われる施術なので、
他の治療薬のように家ではできないのがデメリットの1つです。

 

まとめ

というわけで今回は女性の育毛クリニックでの治療についてお話していきました。

あくまで一例でしたがなんとなく育毛クリニックについてお分かりいただけたらと思います。

クリニックに限らずですが初めていくところって緊張しますし、
何をされるか分からないと不安になりますよね?

もちろん多くのクリニックがありますし、
いろんな方針があるので自分に合いそうなクリニックを探していくことが大切です。

ただ

「育毛クリニックってどうやって探したらいいの?」

と思う女性がほとんどだと思います。

そんな方は一緒に

【重要】女性の育毛クリニックを探す上で抑えておきたい3つの事とは?

も見ていただけたらと思います。

ありがとうございました。

 



スポンサーリンク



サブコンテンツ

ページのトップに戻る