薄毛に悩む女性にカラーパーマ後のシャンプーで気を付けてほしい3つのポイントについて

最終更新日: 2017年5月18日



カラー、パーマ後のシャンプーの3つのポイント

 

40代、50代女性の多くの方が年齢を問わず
カラーやパーマをされていると思います。

ただ中には

「薄毛が気になるけどカラーリングをしたい。」
「トップにボリュームがほしいからどうしてもパーマをしてしまう。」

という悩みながらカラー、パーマをされている方も少なくないと思います。

しかし私としてはカラーやパーマを全くしないというよりはカラーやパーマの
やり方や頻度などに気を付けることで最小限のダメージでオシャレを
楽しんでいくのが良いのかなと思います。

それだけ女性にとっておしゃれをするということは大切なことですし、
女性らしさを忘れないことは女性の育毛にもつながっていくと考えられています。
【重要】女性でも男性ホルモンが増える?女性らしさを忘れない大切さ

というわけで今回お話したいのは先ほど触れたような頻度や方法だけでなく
もっと私達にもできるシャンプーについて触れていこうと思います。

つまりカラーやパーマ後のシャンプーに気を付けてほしいことですね。

 

パーマやカラーをした後の頭皮ってどうなってるの?

パーマ液やカラー剤には

  • アルカリ
  • 界面活性剤
  • 還元剤
  • 酸化剤
  • 乳化剤
  • 染料

など様々な化学薬品が含まれています。

それらによって髪の毛にパーマをかけたり染めたりするわけですから
当然髪の毛や地肌には負担がかかります。

実際どんな状態になるかというと

  • アルカリや界面活性剤などの影響で皮脂が取られたり頭皮がダメージしてしまう
  • 染料が地肌にも浸透して染色してしまう
  • 髪だけでなく地肌も還元と酸化という反応でダメージしてしまう

などが起きてしまうので

頭皮のバリア機能が低下しているため炎症が起きやすい状態に
なっています。

頭皮が敏感な方の中にはカラーやパーマ後すぐに

  • 頭皮が赤くなる
  • 頭皮がかゆい
  • つっぱった感じがする
  • ヒリヒリする
  • 熱をもっている感じがする

など炎症が起きている方も多いです。

特にカラー剤の場合

【ジアミン】

という物質がどうしても入っているのですが、
これがアレルギー反応を起こしてしまうため
それによってカラーの放置時間中にヒリヒリする、沁みるということも多いようです。

 

カラーやパーマ後のシャンプーをするうえで気を付けてほしい3つのポイントについて

ではそのようなカラーやパーマ後の炎症が起きやすい、
または起きしまった場合のシャンプーはどうしていったらよいのでしょうか?

ポイントは3つです。

 

1.施術後の一週間は優しめのシャンプーに変えるてみる

カラーやパーマの薬剤を使用した後の髪と頭皮は特にデリケートです。

特に施術後の一週間~二週間は髪の毛もアルカリ性に傾いており
傷みやすい状態にあります。

そのため特にその期間、最低でも一週間はいつも使っているものより
洗浄力のやさしめのシャンプーに切り替えてほしいです。

というのも先ほどお話したような皮脂がごっそり取られていて、
つっぱったり、熱を感じるような状態にさらに皮脂を取ってしまうように
なってしまうからです。

ここでいつも通り洗ってしまうとより炎症が起きやすくなってしまったり、
または慢性化してしまうので気を付けましょう。

ちなみにカラー後専用、パーマ後専用のシャンプーなどはありますが、
それらは

  • カラーやパーマの持ちが良くなるために補修成分が入っている
  • 残留している薬剤の成分を除去する成分が入っている

などのものが多いです。

それはとてもいいことなのですが、
基本となるのはやはり洗浄成分ですので
洗う力が強いといくら補修成分が入っていても良いとは言えません。

また2週間もすればアルカリ性から徐々に元の髪の毛の弱酸性へと
戻っていくようにできていますのでその間をやさしく扱うことを意識してくださいね。

 

2.ゴシゴシ洗わない

これは先ほどに続き頭皮や髪がデリケートなので
やさしく洗いましょうということですね。

ゴシゴシ洗うことで髪の毛だけでなく地肌にも負担がかかってしまいます。

また私としては普段から力をいれて洗うことはおすすめしていません。

しっかり泡立てさえできていれば汚れは十分に落ちますのでやさしく洗うことを
心がけてください。

 

3.長い時間泡のまま放置しない

以前

【重要】薄毛に悩む40,50代女性のシャンプーのやり方と6つのポイント

という記事で泡をたてている状態でマッサージシャンプーをしてくださいと
お話しているのですが、

カラーやパーマ後の場合、普段通り2、3分程度泡のままマッサージしていくだけでも
洗いすぎになってしまう可能性があります。

本当はマッサージをして血行促進はしたいところなのですが、
こういった状態の場合は我慢してやさしくさっと洗うようにしてください。

具体的にというとその人の状態に合わせてもらう必要があるので難しいですが、
つっぱり感やヒリヒリ感、熱を感じる方の場合は

  • しっかりすすぐ
  • シャンプーで泡立てる
  • 30秒くらいマッサージする
  • しっかり流す

これくらいでも十分だと思います。

もしかしたらお湯シャンプーだけでも十分なのかもしれませんが、
スタイリング剤などを使用される方もいると思いますので
そこはそれぞれの状況にあわせて試してみてください。

ただ気を付けてほしいのは洗いすぎ、皮脂の取りすぎですのでそこさえ
抑えれば問題ないと思います。

またシャンプー中に頭皮マッサージはしっかりできないですが、
育毛剤を付けた後はいつも通りマッサージしても問題ないと思います。

 

以上がシャンプーをする時に気を付けてほしいポイントです。

 

まとめ

今回はカラーパーマ後のシャンプーの方法についてのお話をしていきました。

まとめると

  • 施術後の一週間は優しめのシャンプーに変えるてみる
  • ゴシゴシ洗わない
  • 長い時間泡のまま放置しない

以上です。

女性とオシャレは切っても切れないものなので今の自分の状況や悩みという
現実的な部分とをすり合わせていく形で楽しんでほしいと思います。

髪は女性の命です。

しっかり守ってやさしく扱ってあげてほしいと思います。

また他にも

というお話もしていますので一緒に参考にしてみてくださいね。

ありがとうございました。


サブコンテンツ

ページのトップに戻る