薄毛に悩む女性の白髪染めにはカラートリートメントがオススメ!上手に染める4つのポイント

最終更新日: 2017年5月18日



カラートリートメントで上手に染める4つのポイント

薄毛に悩む40,50代女性の皆さんの中には

「白髪が気になるけど頻繁に染めると抜け毛や頭皮ダメージの原因になるからいやだな…。」
「でも白髪は一か月もせずに伸びてくるから何とかしたいな…。」

とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

確かにカラーなどは頻繁にすると地肌のダメージや頭皮トラブルや抜け毛の原因になってしまいます。
カラーによる頭皮の負担や女性の薄毛のリスクを減らすための6つのポイントとは?

そんな声も多かったのか最近では【白髪染めカラートリートメント】というものが登場しています。

ではこの白髪染めトリートメントはどのようなもので頭皮へのダメージはないのでしょうか?

というわけで今回は

  • 白髪染めカラートリートメントって何?
  • 頭皮についても大丈夫なの?
  • 白髪染めカラートリートメントのメリット、デメリットについて
  • 白髪染めカラートリートメントで染めるときの4つのコツ

というテーマでお話していきたいと思います。

 

この記事の目次

白髪染めのカラートリートメントは地肌についても大丈夫!

まず一番気になる頭皮へのダメージについてですが

白髪染めカラートリートメントは頭皮についても大丈夫です。

ほぼダメージなしといってもいいと思います。

なので薄毛や抜け毛にお悩みの女性にとってもおすすめなんです!

 

ヘアカラーやマニキュアとはどう違うの?

ではカラートリートメントはヘアカラーやマニキュアとはどう違うのでしょうか?

それぞれのカラー剤は

  • ヘアカラーは【アルカリ性】
  • ヘアマニキュアは【酸性】
  • 白髪染めカラートリートメントは【中性】

という特徴があります。

 

カラー剤

カラー剤は髪の毛のキューティクルを開いて染料を中に入れていくことで髪の毛を染めていくのですが、
キューティクルを開くためのアルカリと染料を酸化させる過酸化水素を使うので髪や頭皮への負担が大きいんです。

 

へマニキュア

逆にヘアマニキュアは強めの酸性です。

髪の毛や地肌は弱酸性ですが、それより強い酸性だと負担になってしまいます。

髪の毛で言うと【収斂(しゅうれん)】といってきゅっと引き締まった感じになるので
ヘアマニキュアの後がごわつきがキシつきを感じやすいんです。

 

白髪染めカラートリートメント

そして白髪染めカラートリートメントは中性のものが多く地肌や髪への負担が少ないんです。

なので頻繁に染める方や薄毛が気になる方にとってもおすすめなんですね。

 

というわけで白髪染めカラートリートメントは地肌についても大丈夫なんです。

 

ただし染める力はカラー剤よりは劣ってしまう

しかしその分ヘアカラーに比べては染める力は劣ってしまいます。

なので試したことがある女性の中には

「あんまりうまく染まらなかった。」
「根元だけできらついていやだ。」

などの苦い経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

白髪染めカラートリートメントのメリットについて

というわけで白髪染めカラートリートメントには良いところ悪いところがそれぞれあるようなので
白髪染めカラートリートメントのメリットについてまとめてみました。

 

1.お家でできて手軽で簡単

まず第一のメリットはこれだと思います。

忙しい女性や中々美容院に行けない方、家でも白髪をカバーしたい方にとって
これはとっても大きなメリットだと思います。

 

2.頻繁に美容院に行かなくていいので経済的

また美容院に行くよりコストがかからないので経済的なのもメリットですね。

 

3.ヘアカラーやマニキュアより頭皮や髪への負担が少ない

先ほどお話したように白髪染めカラートリートメントは中性なので
ヘアカラーやヘアマニキュアに比べて髪や地肌への負担が一番少ないです。

 

4.ヘアマニキュアと違って根元から染められる

またヘアマニキュアだと地肌につくと取れないので地肌をよけて塗るのは難しいですが、
白髪染めカラートリートメントだと地肌が染まりにくいので根元から染めやすいです。

 

5.髪がコーティングされるのでトリートメント効果もあり

また白髪染めカラートリートメントはトリートメント成分と同じで
髪をコーティングしてくれるのでトリートメント効果もあります。

 

白髪染めカラートリートメントのデメリット

ではつづいて白髪染めカラートリートメントのデメリットについてまとめてみました。

 

1.ヘアカラーのように明るくはできない

白髪染めカラートリートメントは髪を明るくすることができません。

例えば全部真っ白に白髪が生えるという方は明るくなりますが、
あまり白髪がないという方は明るくすることはできません。

なのであくまで白髪をコーティングして全体的になじませるという感覚ですね。

 

2.肌や爪につくと取れにくいものもある

また白髪染めカラートリートメントはヘアマニキュアのようにとれないことは
ないですが、時間がたつと肌や爪も染まってしまいます。

また服についても同様です。

塗るときはきちんと手袋をして肌や服についたらすぐに洗い流すことが大切です。

 

3.地肌が染まることもある

また髪や爪、肌が染まるのですから地肌も多少は染まります。

特にブラック系だと色が濃いので地肌が染まっているのが分かりやすいと思います。

 

4.お風呂が汚れることがある

また気づかない間にカラートリートメントが飛び散ってしまっていて
そのまま放置しておくと取れにくくなってしまいます。

染めた後はお風呂も一緒にかるく掃除したほうがよさそうですね。

 

5.白髪の量や髪質によっては一度では染まらないことも多い

また白髪のパーセンテージや髪質によっては一度で染まりにくいこともあります。

なので使い始めてしばらくは毎日使ったり、こまめに使っていくこと必要もあるようですね。

 

6.褪色が早い

またヘアマニキュア同様色落ちが早いというのもデメリットに一つです。

大体1週間~2週間くらいで落ちてしまうと思います。

 

7.次のヘアカラーの時の邪魔をすることもある

また次に美容院でヘアカラーをしてもらうときにキレイに染まらないことがあります。

これは表面にカラートリートメントがコーティングされてしまっていることで
カラー剤の染まりを邪魔してしまうんです。

なので美容院に行く2週間前からはカラートリートメントで染めるのを
一旦ストップしたほうがよさそうです。

もしカラートリートメントが残っている状態で染めるなら暗い色しかきれいに染まらないですね。

カラートリートメントが残っているところだけ染まらず暗くムラになってしまいます。

なのでカラートリートメントを使っているというのを担当の美容師さんにお伝えしたほうが良いですね。

 

今回の結論

というわけでいろいろとお話していきましたが、今回の結論をまとめると

  • 白髪染めカラートリートメントは一番地肌に優しいので薄毛に悩む女性にもオススメ
  • ただしきれいに染まらなかったり、こまめに染めないといけない
  • 美容院で染めたい方はそれまでのつなぎに使うのがオススメ

ということですね。

なので上手に取り入れて地肌や髪のダメージを防いでいくといいと思います。

 

カラートリートメントで白髪を染めるときの4つのポイント

では上手にカラートリートメントで白髪を染めたいという方のために
4つほどポイントをお伝えしたいと思います。

 

1.しっかり染めたい時は乾いた状態で塗っていく

白髪染めトリートメントはシャンプー後の髪が濡れている状態
(タオルドライである程度水分はとった状態)で染めてもOKなんですが

白髪染めトリートメントの染料は【プラス】の電気を持っていて、髪は濡れると【マイナス】の電気を
もつのでお互いに引き合って染まっていくのですが、
水分が多いと染料が薄まってしまってうまく染まらないこともあるようです。

なのでしっかり染めたい時は乾いた状態で塗ると良いようです。

その代わり乾いている時のほうがトリートメントの使用量が多くなるので
初めの一回は乾いた状態で、しっかり染まっているようなら次からは濡れている時に使うのが
良いかもしれませんね。

 

2.暗めの色を選ぶと白髪をカバーしやすい

また途中お話したようにカラートリートメントでは髪を明るくすることができないので
暗めの色のほうが馴染みやすく白髪をカバーしやすいです。

そのかわりブラック系など極端に暗い色だと地肌が染まっているのが分かりやすくなるので
ダークブラウンあたりがオススメかなと思います。
※染める前の髪の明るさにもよります。

 

3.しっかり量を塗ることも大切

またあまりにケチってしまうときれいに染まらずムラになってしまいやすいです。

特に乾いている時は塗れているときに比べてツキや伸びが悪いので
しっかり付けるようにしましょう。

 

4.生え際には保護クリームを塗りましょう

また白髪が特に気になるのは生え際。

しっかり染めたいけど地肌が染まるのもいやですよね?

そういうときは生え際や耳周り、首周りなどカラートリートメントがついても染まらないように
保護クリームを塗っておくと良いです。

ワセリンなどでもいいですが、カラー専用のプロテクトクリームというのもあるので
そういったものでもいいと思います。

また一緒にイヤーキャップで耳を保護しておくのもオススメですよ。

 

以上4つがカラートリートメントで白髪を染めていくときのポイントです。

 

どんなカラートリートメントがオススメなの?

というわけでカラートリートメントについていろいろお話していきましたが、
育毛ムーンでおすすめなのは【髪萌カラートリートメント】です。

髪萌カラーアップ&カラートリートメント

髪萌カラートリートメントは

  • カラーアップ
  • カラートリートメント

のWカラートリートメントで5分で簡単に染まるカラートリートメントなんです。

カラートリートメント特有のごわつきやパサつきもなく地肌や髪への刺激も少ないので
薄毛にお悩みの女性にもとってもおすすめなんです。

カラートリートメントだけもあるので

  • しっかり染めたい方はカラーアップ+カラートリートメント
  • ナチュラルな染まりをお求めの方はカラートリートメントのみ

を選んでいただくといいと思います。

先に髪萌カラートリートメントの公式サイトを見てみる

髪萌カラートリートメントのおすすめポイントを見てみる

 

まとめ

というわけで以上が白髪染めカラートリートメントについてでした。

薄毛や頭皮への負担が気になるけどカラーもしたいという女性はぜひ参考にしてくださいね。

ありがとうございました。


サブコンテンツ

ページのトップに戻る