白髪染めで髪が緑色になっちゃった!その理由と対処法は?

最終更新日: 2017年5月18日



髪が緑色になってしまったときの対処法

今この記事を読んで頂いている方は

「白髪染め 緑色」
「カラー剤 緑色」

などで調べて見に来ていただいた方がほとんどだと思いますが、

実は最近

「家で自分で染めていたけどカラー剤を変えたら急に髪が緑色になってしまった!」
「自分で染めていてサロンで染めたら緑色になってしまった!」

こんなトラブルがたくさん起きているようなんです。

髪が緑色ってかなり困りますし、どうしていいか分からなくても困っているという方も
多いと思います。

またオリーブ系のカラーのようにきれいではないのであまり良い色とは言えません。

ではなんで急に髪の毛が緑色になってしまうのでしょうか?

というわけで今回は

  • カラー剤で髪の毛が緑色になってしまう原因について
  • 緑色になってしまった後の対処法について

の2つをテーマにしてお話していきたいと思います。

 

白髪染めをしたら髪の毛が緑色になってしまうのはなぜ?

では早速白髪染めで髪の毛が緑色になってしまうかについてお話していきますね。

それはズバリ!カラー剤に入っている【硝酸銀】によるものなんです。

この硝酸銀は

「光に当たると染まる!」

という謳い文句のカラー剤なのですが、これに含まれている硝酸銀が
カラー剤に使われている【アルカリ】に反応することで緑色になってしまうんです。

知らないうちに硝酸銀が配合されている市販カラー剤で染めていて、
そのあとにサロンカラーで染めると髪に残っている硝酸銀と反応してしまうようです。

またよくよく調べていくと

硝酸銀はアルカリと反応することで【雷銀】という物質に代わることで
爆発を起こしてしまうといわれています。

目に見えるような爆発ではないですが、髪の中でそうした反応が起こることで
髪が大ダメージ、ひどいときは断毛してしまうとも言われています。

 

じゃあどうしたらいいの?3つの対処法

 

1.イソジンを使う

イソジンうがい薬出典元:イソジン公式HP

まず驚きなのは皆さんもご存知の【イソジン】を使うこと。

このイソジンって独特な香りと色をしていますがこれはイソジンに含まれる【ヨウ素】
によるものなんです。

そしてそのヨウ素が硝酸銀によってできた緑色を除去してくれるんですね。

しかし髪にのこった硝酸銀を取り除くことはできません。

なのでまたアルカリを使用している薬剤(カラー、パーマ)を使うと
またアルカリと硝酸銀が反応してしまって緑色になってしまいます。

なのであくまで緑色になってしまったときの応急処置ということですね。

※またあくまでイソジンのちゃんとした使い方ではありません。
ご自分でされることで髪や地肌などどういったことが起きるか分かりません。
もし使われる場合はあくまで自己責任でお願いします。

 

2.髪の毛を切る

というわけで髪に残ってしまった硝酸銀を完全に取り除くことができないので
徐々に髪を切っていくことになります。

しかも根元から染めてしまっているためロングの女性の場合
数年単位で時間がかかってしまうかもしれません。

 

3.アルカリの入っていないカラー剤を使う

また先ほどもお話したように硝酸銀が髪に残っている以上、
サロンで染めるようなアルカリ系のカラー剤は使えません。

なのでそうなってしまった場合は

  • マニキュア
  • カラートリートメント

といったアルカリを使っていないカラーをしていくのが最善だと思います。

この2つのうちヘアマニキュアのほうが色持ちがいいのですが、
は地肌に付くと色が取れなくなったりするので自分で染めるには少し難しい部分があります。

なので

「お家で手軽に染めたい。」
「白髪がすぐに出るからこまめに染めたい。」

という方はカラートリートメントのほうがオススメですよ。

薄毛に悩む女性の白髪染めにはカラートリートメントがオススメ!上手に染める4つのポイント

 

まとめ

というわけで今回の話をまとめると

  • 市販のカラー剤に入っている【硝酸銀】が原因で髪が緑色になってしまう
  • イソジンで応急処置はできるけどあくまで応急処置で硝酸銀を除去することはできない
    ※自己責任でお願いします
  • アルカリ系のカラー剤は使えないのでカラートリートメントがオススメ

以上です。

もし髪が緑色になってしまってお困りの方は参考にしてくださいね。

ありがとうございました。


サブコンテンツ

ページのトップに戻る