女性器疾患や薬の副作用が女性の抜け毛、薄毛の原因に!対処法は?

最終更新日: 2017年5月18日



疾患や病気からくる薄毛
女性の抜け毛や薄毛と一口に言っても様々な原因が
あります。

その中には女性の場合は特に女性特有の疾患や病気などからくる
抜け毛や薄毛というものがあります。

これから詳しくお話しますが、

  • 婦人科系の疾患
  • 薬による副作用による脱毛

といったものが大きく挙げられます。

いくら病気や薬の副作用といえど髪が抜ける、薄くなるというのは
女性にとっては耐えがたいことです。

 

どんな病気が薄毛の原因になるの?

では実際に病気と女性の薄毛にはどのような関係が
あるのでしょうか?

 

婦人科系の疾患

女性特有の子宮や卵巣などの疾患も抜け毛につながります。
生理周期の乱れなどにもつながりホルモンバランスの乱れにも
つながるので結果的に抜け毛や薄毛につながります。

 

対処法

対処法といってもこれは病院での治療をしていくしかありません。

特に最近は20代、30代の若い女性でも女性器系の疾患は
増えているといわれています。

ですが実際のところ家事や育児、仕事に追われ検診を受けられている女性
というのは少ないのが現状だといわれています。

女性器系の疾患の場合

  • 下腹部の違和感、痛み
  • 不正出血
  • 生理周期の乱れ

などが挙げられますが、軽い症状だと

「気のせいかな…」

と見過ごしてしまうことがほとんどだと思います。

また女性でもそうした婦人科に行くのに抵抗があるという方も
いらっしゃると思います。

そうした方はネットなどで信頼できそうだったり、女性外来、クリニックなどを
調べてみるのもいいと思います。

婦人科系の疾患に限らずですが、こういった病気に対処するには

すこしでも異変を感じたら早めに検査すること

これがとても大切です。

私の知人でも子宮筋腫が見つかりましたが早めだったので
大事には至らなかったです。

早めの検診と定期的な検診が一番の対処法ですね。

 

薬の副作用による薄毛にはどんなものがあるの?

薬を服用していることでの抜け毛も考えられます。

一番知られているものであれば抗がん剤がありますが、
向精神薬や痛風、脂質異常症で使われる薬にも
副作用で抜け毛が起きる場合があります。

 

抗がん剤治療の場合

抗がん剤ががん細胞だけでなく正常な細胞まで攻撃してしまうことで
抜け毛が起きてしまいます。

抗がん剤の服用をやめると抜け毛自体はおさまりますが、

どこまで元に戻るのか?

というのは年齢や体質によっても変わってくるというのが現状のようです。

ただ治療が最優先になるので仕方がないのですが、
治療が終わった後に薄毛治療やホームケアによる育毛を始めていくことが
必要になってくるかと思います。

特にかなり脱毛が進行してしまっている場合には育毛クリニックなどで診てもらったほうが
より早く改善が見込めるかもしれません。

ただ結果を焦って過剰な薄毛治療をしてしまうことで副作用の危険もありますし、
治療後の体調などもあるのでどこまでの治療をしてよいかは担当のお医者さんと
よく相談しながらしていく必要が出てくると思います。

 

向精神薬の場合

向精神薬といってもたくさんありますし、どの薬が抜け毛につながるのかといわれると
正直わかりませんでした。

何らかの成分がホルモンなどに影響を及ぼすことで抜け毛にもつながるのだと考えれらます。

ただこうした薬の場合すぱっとやめられるかと言われるとそんなに簡単なものではないと思います。

また抜け毛がさらに精神的に不安定になってしまう原因にもなり悪循環な気もします。

この辺に関してはおいそれとこうしたら良いなどとは私からは言えないのですが、
抜け毛の症状が心配だという旨をお医者さんに伝えることが必要になってくると思います。

 

ピルなどの女性ホルモン系の薬

女性の場合ピルなどを飲んでいたら薄毛になったという情報をネットでも見かけます。

これは

  1. ピルを飲むことで髪の成長期が伸びることで抜け毛が減る
  2. ピルをやめることで今まで抜けるべき立った毛が一気に抜けるので
    薄毛になったように感じる

というのが真相だと思います。

ピルと女性の薄毛については
ピルと女性ホルモンと薄毛-副作用で薄毛になるのは本当?
にてお話しています。

 

 

日頃から検診を受けるようにしましょう

以上が薬や病気による女性の薄毛なのですが、
鉄分はおいといてそれ以外は病院などの専門機関でないと
対処できないものばかりです。

大切なのは

  • 日頃から自分の体調を管理すること
  • 異変を感じたらお医者さんに相談すること

です。

参考になれば幸いです。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る