円形脱毛症でお悩みの方へ-円形脱毛症の種類と対応について

最終更新日: 2018年1月29日



円形脱毛症のイメージ画像
女性の薄毛と一言で言ってもいろいろ種類があります。

その中でも今回は【円形脱毛症】についてのお話をしていこうと思います。

円形脱毛症というと昔からある症状で多くの方が悩まれています。

この場合は女性だけでなく、男性にも多く特に髪の短い男性だと
くっきり円形部分がみえてしまいさらに落ち込んでしまったりということ
も多いのではないでしょうか?

また女性でもできる部位によっては隠すのが難しく
人前に出るのがいやになったりということもあると思います。

また円形脱毛症でも

  • 尋常性円形脱毛症
  • 難治性円形脱毛症

の大きく2つに分けることができるのですが、
自分がどちらなのかを知ることで
どういった手当や対処をしていくのかが変わってくるので
是非参考にしていただければと思います。

というわけで今回は

  • 円形脱毛症の種類について
  • 円形脱毛症への対処について

というテーマでお話をしていきたいと思います。

 

円形脱毛症と種類について

円形脱毛症が起きる発生していく過程などはかなり複雑なようなので
説明は省かせていただきますが、

  • ストレス
  • 自己免疫疾患

が原因と言われています。

そして意外と気づいていない方も多く
知らないうちにでき、勝手に治っている場合が多いと言われています。

ですがそれなら悩んでいる方は少ないはずですね。

なぜなら悩んでいる方の多くが

  • 大きさが大きい
  • 数が多い
  • 繰り返しおきてしまう

などの現象が起きているからです。

また円形脱毛症には大きく2種類あります。

 

尋常性円形脱毛症

例えば何らかの原因で血管が閉塞状態になってしまうと
当然栄養が運ばれなくなるのでそこは脱毛してしまいます。

そこが末端の血管なのか、それとも太い血管なのかで
脱毛部分の大きさも変わってきます。

このパターンが尋常性円形脱毛症と言われます。

 

難治性円形脱毛症

そしてもう一つが難治性円形脱毛症。

難治性円形脱毛症は全体の約2割ほどだといわれており、
これは自己免疫不全によるものが原因とされ、
頭部だけでなく、眉毛や体毛といった体全体に症状が現れる場合があります。

 

円形脱毛症にはどう対処法すればよいのか?

上で説明した2つの円形脱毛症ですが、

病院やクリニックでの治療には

フロジン液

という外用薬が使われることが多いようです。

フロジン液は血行を促進するための薬で
閉塞状態になってしまった部分の血行を促進することで
発毛を促進するためのお薬です。

フロジン液については
フロジン液と女性の薄毛-効果と費用と使い方について
にてお話していますので参考にしてくださいね。

ただ円形脱毛症は

「フロジン液などの医薬品の発毛剤を使ったから良くなった。」

なんて単純なものではないのがお分かりいただけると思います。

円形脱毛症を治していくためには、

  • 治療はどうするのか?
  • どのように生活をしていくのか?
  • 自分の体質はどうなのか?

などを考えて総合的な手当が必要になってきます。

またストレスが原因と言われているように
『心』が弱っているとそれも治りにくい原因に
なってしまいます。

気持ちの持ち方によって免疫力もアップすることは証明されている
ので心の在り方は非常に大切になってきます。

  • まずは心の持ち方
  • そして心と体が元気であること
  • 最後の後押しに薬を用いる

というスタンスが非常に大切だそうです。

ですがとても複雑なことなので個人での解決はなかなか難しいと思います。

なのでやはり病院やクリニックなどに行ってみられるのが1番かと思います。

ただ、どのクリニックや病院を選んでいいか分からないという女性も多いかと思います。

当サイトでオススメしているのは

【東京ビューティクリニック】

です。

 

女性の薄毛治療に力を入れているクリニックなので一度カウンセリングを
受けてみてもいいかもしれません。

東京だけでなく

  • 札幌
  • 大宮
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡

とあるのでアクセスも良いのでおすすめです。


先に東京ビューティクリニックの公式サイトを見てみる

東京ビューティクリニックのおすすめポイントを見てみる

 

まとめ

今回は女性の円形脱毛症についてお話していきましたが、
まとめていきますと

  • 円形脱毛症には尋常性と難治性の2種類がある
  • 円形脱毛症の原因は完全にわかっておらずストレスや自己免疫疾患が原因
    と言われている
  • ただ個人での解決は難しいのでクリニックや病院で診てもらいながらの治療が必要

以上です。

あまり力になるアドバイスができていないのですが
少しでも参考になればと思います。

ありがとうございました。



スポンサーリンク



サブコンテンツ

ページのトップに戻る