【重要】FAGA(女性男性型脱毛症)とAGA(男性型脱毛症)の違いについて

最終更新日: 2017年5月18日



男女の薄毛の違いのイメージ画像

今や女性の5人に1人は薄毛に悩んでいるといわれていて
男性の場合は3人に1人が薄毛に悩んでいるといわれています。

それだけ女性にとっても薄毛は身近なものになってきているんですね。

そして男性の薄毛のほとんどは男性ホルモンによって起きる物なのですが、
実は女性も男性ホルモンによって薄毛になってしまうんです。

これをそれぞれ

  • AGA(男性型脱毛症)
  • FAGA(女性男性型脱毛症)

というのですが、

実はこの2つ名前は似ていてもその特徴や対策は変わってくるんです。

ですがそこを間違えてしまい女性には合わない薄毛対策をとってしまうことで
余計に抜け毛や薄毛を悪化させてしまうことも少なくありません。

ということで今回は男女における薄毛の違いについてお話していこうと思います。

 

AGAとFAGAのメカニズムや特徴の違いについて

まず知っておいていただきたいのは先ほどもお話したように

AGAとFAGAでは薄毛のメカニズムや特徴が違う

ということです。

では男女の薄毛にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

AGAの場合

まずはAGAの場合について説明していきますね。

AGAの場合、男性ホルモンのテストステロンというものが5αリダクターゼという酵素と反応することで

ジヒドロテストステロン

という強力な悪玉男性ホルモンに変わります。

このホルモンが髪の毛の成長期を短くし寿命を縮めてしまうために
男性の薄毛は進行します。

そしてAGAは

  • 頭頂部から薄くなるO型
  • 前頭部から薄くなるU型、M型
  • 頭頂部、前頭部両方から薄くなる併発型

といったように局部的に進行していくという特徴があります。

これは先ほど触れたような酵素の受容体が頭頂部や前頭部に
たくさんあるからだといわれていますがここまでお話した内容はややこしいので覚える必要はありません。

ふ~ん。そうなんだ。

程度に聞いておいてもらえたらと思います。

 

FAGAの薄毛の場合

FAGAの場合も年齢とともに女性ホルモンの量が減少することで
男性ホルモン(DHT)の影響を受けやすくなることで薄毛になってしまいます。

ここで違うのは

男性ホルモンが多いから起きるのではなく、女性ホルモンの分泌が減ることで起きる

という点です。

また女性の場合【びまん性脱毛症】といって

どこから薄毛の始まりなのかという境界線がはっきりしていない

というタイプの薄毛が主に多いといわれています。

なので全体的に髪の毛が細く薄くなってきたと感じる方が多いと思います。

男性の場合は上記でお話している通りおでこの生え際から、
てっぺんから、もしくは両方からというように薄毛の境界線がはっきりしています。

波平さんを思い浮かべてもらうと分かりやすいかもしれませんが、
側頭部、後頭部以外はつるっと薄くなっています。

症状としては

  • 髪の毛がペタンする
  • 細くなってハリ、コシがない
  • クセがでるようになった

などがあります。

ただその中でも特に血行が悪くなっている部分から薄くなったり、
ホルモンなどの影響が原因になっていると

  • トップのボリュームがでない
  • 前髪が割れるようになった

など部分的に症状が強くなることも多いです。

また少しややこしいのですがびまん性脱毛症といっても今回お話したFAGAだけでなく

  • ストレスによるもの
  • 血行不良によるもの
  • 生活習慣によるもの

などいくつも原因があります。

なのでFAGAはホルモンが原因のびまん性脱毛症と言えるんですね。

女性の薄毛の種類はたくさんある-6つのタイプの特徴と対処法

またどれか1つだけが原因になっていることは少なくいくつも原因が重なっていることも多いです。

 

FAGAとAGAのアプローチ方法の違い

というわけでFAGAとAGAについての違いにはこれらのようなことがあるのですが、ここで注意してほしいのが

AGAという言葉から男性と同じような薄くなり方や、薄毛の原因だと勘違いしている方も多く、
その先入観から間違ったケアをしている方が増えていて、
余計に女性の薄毛を進行させてしまっているというのも問題視されています。

例えば

  • ミノキシジルなどの発毛力の高い医薬品を使えば生える
  • 男性ホルモンが原因でFAGAになっているから男性ホルモンを抑える薬を使えば薄毛が治る
  • 男性ホルモンが原因で皮脂が出るからしっかりシャンプーしないといけない

といったようなことが挙げられます。

確かにミノキシジルのような薬を使えば髪は生えてくると思いますが、
男性と同じような濃度のものを使うと副作用が出やすくなります。

また男性ホルモンに作用する薬は女性には使えないものも多く
重篤な副作用を引き起こしてしまうものあります。

なので男性と同じように薄毛治療はできない場合も多いんです。

しかし最近ではクリニックでも女性の薄毛治療は進化しており

副作用の少ない【パントスチン】といった男性ホルモンを抑える外用薬もありますし、
最近では【パントガール)という副作用のない女性専用の内服薬も登場しています。

また閉経後や更年期であれば【HRT(ホルモン補充療法)】といった治療法もあります。

これらについては病院やクリニックでの薄毛治療にてそれぞれお話していますので参考にしてくださいね。

 

また男性ホルモンが原因でFAGAが起きているので

男性ホルモン=皮脂がたくさん分泌=しっかり皮脂を落とさなきゃ!

と考えられている方もいらっしゃるようですが、これは大きな間違いです!

女性の場合は年齢とともに皮脂量も減ってくるので逆に乾燥しやすくなるので
シャンプーのし過ぎは余計に毛根や地肌を弱らせてしまいます。

なので自分の肌質に合ったシャンプーを使っていくことが大切になってきます。

皮脂の詰まりが女性の薄毛の原因になる?気を付けたいのは洗いすぎ!

 

まとめ

今回は女性と男性の薄毛の違いについてお話していきました。

今回の話をまとめると

  • 男性と女性の薄毛は進行の仕方やメカニズムが違う
  • 女性の薄毛にはそれに合った対策を取っていくことが大切

以上です。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る