女性の薄毛の種類はたくさんある-6つのタイプの特徴と対処法について

最終更新日: 2017年5月18日



女性の薄毛の種類のイメージ画像

 

女性の5人に1人が薄毛に悩んでいる人がいるといわれていますが、
実は薄毛と1口に言っても女性の場合はいくつか種類があります。

男性の場合のほとんどが男性型脱毛症(AGA)による
頭頂部や前頭部がかなり進行性で抜けていくものがほとんどですが、
女性の場合は全体的に薄くなっていく

びまん性脱毛症

が多いといわれており、
特に分け目から薄くなっていく場合が多いです。

また他にも種類が多く今あなたが悩んでいる薄毛は
実は思っていたものではないかもしれません。

 

薄毛の種類は何種類あるの?

では女性の薄毛の種類についてまとめていきますね。

 

1.びまん性脱毛症

女性のもっとも多いタイプの脱毛症と言われています。

  • 加齢
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 間違ったヘアケア
  • ホルモンバランスの乱れ

など原因は様々で複雑です。

頭全体的に薄くなるのが特徴で、どこが脱毛部分の境界かはっきりせず
髪全体にボリュームがなくなりやすく髪の毛が細くなることで全体的にまとまりもなくなってきます。

また更年期や閉経によるホルモンの減少やホルモンバランスの乱れによって起きる薄毛を

FAGA(女性男性型脱毛症)

と呼びますが、
このFAGAもびまん性脱毛症の原因の1つになっています。

対処法としては全体的な育毛をしていくことが必要になってくるのですが、

  • シャンプー
  • 育毛剤
  • 食生活やサプリメント
  • 入浴
  • ストレッチや運動
  • 睡眠
  • 頭皮マッサージ

などいろいろな方向からアプローチしていくことが大切です。

ただFAGAの場合クリニックなどでホルモン補充療法(HRT)
パントスチンといった薄毛治療薬などを使用することもあります。

詳しくは病院やクリニックでの薄毛治療にてお話していますので
参考にしてください。

 

2.牽引性(けんいんせい)脱毛症

習慣的に髪を引っ張ることで起きる脱毛症です。

常に同じ場所を引っ張ることでどんどん負荷がかかるのでその部分から薄くなって行きます。

仕事や生活スタイルで髪の毛を習慣的に結ぶ方やまとめる方、
ロングヘアで髪の長さによって負担がかかる頭頂部から薄くなっている方が多いです。

対処法として髪をバッサリ切るというわけにはいかないと思いますが、
ギュッと引っぱって結ばずに結んだ後に少しトップを緩めたり
ロングの方はレイヤーを入れたり少し長さを短くしたりすることで
毛根への負担を減らすなどの方法があります。

薄毛に悩む女性はロングヘアにしてはダメ?キレイに伸ばす5つのポイント

 

3.分娩後(ぶんべんご)脱毛症

女性特有の脱毛症ですね。

妊娠中は特に女性ホルモンが多く分泌されており、
それにより成長期の髪の毛も多くなりますので抜け毛がいつもより
少なくなります。

ですが出産とともに女性ホルモンバランスが一気に崩れることで
これまで成長期だった髪の毛も一気に抜けてしまいます。

またホルモンバランスが乱れることで皮脂量が増えたりすることで
頭皮環境が崩れやすくもなっています。

出産後に気になる生え際の抜け毛!その原因と対策について

で詳しく説明していますが
特にこめかみなどに顕著に現れやすいのが特徴です。

抜け毛については出産から1年から1年半で抜け毛の量はもとに戻るといわれていますが、
ホルモンバランス自体はもう少し時間がかかるようです。

また1回目の出産より、2回目の出産のほうが加齢や体力面などの影響で元に戻るのに
時間がかかるといわれています。

対処としては産後

  • 抜け毛が始まる前から育毛剤を使う
  • 肌質に合わせてシャンプーを変える

といったことが必要になってくるかと思います。

 

4.ひこう性脱毛症

フケが毛穴をふさぐことで炎症が起き髪の成長を邪魔するために起きる脱毛症です。

原因としてはシャンプーのしすぎによる皮脂の取りすぎによる乾燥だといわれています。

フケが出ないまでも現代人女性にとって洗いすぎは非常に多いのが現状で
専門家の間でも警鐘が鳴らされており皆さんも一度見直してみてはいかがでしょうか?

女性は皮脂量が男性に比べて少ないにもかかわらず洗浄力の強いシャンプーで
洗うことで乾燥した頭皮になっている方がとても多いです。

特に薄毛に悩む女性が増えてくる40、50代女性の女性は皮脂量も
20,30代の時に比べて少なくなっているので洗いすぎは厳禁です!

症状としては

  • 細かいフケ
  • かゆみ
  • 頭皮の赤み

などが出ますが、これらの症状がでると洗えてないんじゃないかな?
と思ってさらにしっかりシャンプーをしてしまう方も多いです。

まず一番の対処としては肌質に合ったシャンプーに変えるということ
がおすすめです。

当サイトではアミノ酸系ベースの洗う力のやさしい

【マイナチュレシャンプー】

をオススメしています。

薄毛に悩む40,50代女性のおすすめのマイナチュレシャンプー

薄毛に悩む女性の為のシャンプーで皮脂量の少なく乾燥しやすい40,50代女性にも
オススメです。


先にマイナチュレシャンプーの公式サイトをチェックしてみる

マイナチュレシャンプーのおすすめポイントを見てみる

 

 

5.脂漏性(しろうせい)脱毛症

ひこう性脱毛症とは反対と言える脱毛症です。

皮脂の過剰分泌によって起きる頭皮の炎症によって
髪の毛の成長が阻害され薄毛につながっていきます。

どちらかというと皮脂量の多い男性に多いのですが
もともとの体質や、油の多い食生活などが原因でなる場合もあるので、
肌質に合ったシャンプーや食生活の改善などが重要になってくると思います。

またお肌と一緒で洗いすぎによる乾燥が原因で逆に皮脂が過剰に分泌される場合が
あります。

女性の場合はこちらのほうが原因になっているかもしれません。

また皮脂量が多すぎると皮脂をエサとしている常在菌が繁殖して

脂漏性皮膚炎

という皮膚疾患になる恐れもあります。

この脂漏性皮膚炎になると肌のターンオーバーが極端に速くなるという特徴があるので

  • 大きなかたまりのようなフケ
  • 乾燥
  • 強い痒み

などの症状が起きます。

そして頭皮を掻いたりターンオーバーが乱れることでだんだんの髪の毛が
細く弱くなっていきます。

詳しくは

もしかしてそのかゆみやフケは脂漏性皮膚炎?その原因と対策について

にてお話していますので心当たりのある方は参考にしてください。

 

6.円形脱毛症

男性女性問わず悩んでいる方が多い脱毛症です。

現れる部位や大きさは人それぞれで、
自分の毛根を外的と判断しリンパ球が攻撃することで起きる

自己免疫疾患の一種

と言われています。

ストレスなどが原因などとしてあげられていますが、
はっきりとした科学的根拠はないらしく完治が難しい場合もあります。

治りにくい場合は1度病院での診察を受けたほうが良いと思います。
円形脱毛症でお悩みの方へ-円形脱毛症の種類と対応について

 

まとめ

以上6種類を上げさせてもらったのですが、産後の薄毛などは仕方ないとして

  • びまん性脱毛症
  • 牽引性脱毛症
  • ひこう性脱毛症
  • 脂漏性脱毛症

この辺は非常に日々の生活が原因になっていることが多く
逆にいうと

日々の生活を見直すことが大切

ということが言えます。

また自分がどのパターンなのか、それともいくつかのパターンが
組み合わさっているのかなどを知ることで
対処の仕方も変わってくると思いますので是非参考にしてください。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る