遺伝で禿げるのは絶対ではない!女性の薄毛とホルモンや骨格の遺伝

最終更新日: 2017年5月5日



遺伝のイメージ画像
薄毛に関して

『遺伝だから薄毛は仕方ない』

っていうのをよく聞きますね。

薄くなってきた女性の中にはもう遺伝だからいいやってあきらめる方が
多いのですがこれは非常にもったいないと思います。

実際に家系的に薄毛でも本人のちゃんとしたケアによって
40,50代になっても髪の量もフサフサでという方もたくさんいらっしゃるそうです。

なので遺伝だから薄毛や抜け毛は仕方ないとあきらめてほしくないですね。

というわけで今回は

  • 遺伝と女性の薄毛の関係について

というテーマでお話をしていきたいと思います。

 

何が遺伝して女性の薄毛の原因になるの?3つのポイント

では遺伝が女性の薄毛につながってしまうのはなぜでしょうか?

ポイントは大きく3つで

  • 1.骨格の遺伝
  • 2.体質、肌質の遺伝
  • 3.ホルモンなどの遺伝

などが挙げられます。

 

1.骨格の遺伝の場合

骨格も遺伝するので
頭蓋骨の形が似ることも多いです。

頭頂部や前頭部の骨の形によっては血流が悪くなったりしやすい場合があります。

ちょっと自分の頭を触ってみてください。

てっぺんやM字と呼ばれる生え際あたりの骨が
出っ張っていませんか?

もし一部だけ出っ張っているようでしたら
そこの頭皮は突っ張るので血行が悪くなりやすいです。

それによって生え際から細くなりやすかったり、
頭頂部の分け目から薄くなったりしやすくなります。

女性の場合はびまん性脱毛と呼ばれる
全体的に境界のわかりにくい薄くなり方をしますが、
中には生え際、分け目からと局部的になる方もいらっしゃるので
頭の形というのも薄毛に大きく関係してきます。

 

2.体質、肌質の場合

東洋医学などで言われているのは

髪をつかさどるのは腎臓だ

といわれています。

また髪だけでなく精力もつかさどるといわれており、
精力が強すぎても弱すぎても薄毛につながりやすいとも言われています。

これも体質的な部分がありますので家族からの遺伝も十分に考えられます。

また肌質も大きく関係してきます。

もともとの肌の強さも遺伝が影響してくるので
バリアがもともと弱い方が合わないシャンプーを使い続けることで
どんどん頭皮はダメージしていき薄毛につながります。

最近のシャンプーは刺激性の高いものもまだまだ多いですし、
洗いすぎなども原因になっているといわれています。

 

3.ホルモンの遺伝

これも体質的なものに含まれるのかもしれませんが、
ホルモンの影響というのは体にかなり大きな影響を及ぼします。

女性の場合女性ホルモンの減少が薄毛の大きな原因になっています。

女性ホルモン量も生まれ持ったものがあるので
元々あまり多くない方ですと早い内から薄毛が気になるかもしれません。

また母親の更年期がひどいといった症状も遺伝する可能性もあります。

 

遺伝による薄毛は100%起きるわけではありません!

以上が遺伝によって起きうる薄毛の原因なのですが、
もう一つ覚えてお位欲しいのが

  • 遺伝だから100%薄くなるというわけではないということ
  • 女性の薄毛は様々な要因が複雑に絡み合って起きており、
    遺伝もその一つであるということ

この2つです。

 

遺伝だから100%薄くなるというわけではないということ

遺伝には発現率というのも存在し、100%発現するとは限りません。

だいたい65%前後と言われているそうですが、
生活環境が悪くなったときに現れると言われています。

 

女性の薄毛は様々な要因が複雑に絡み合って起きており、
遺伝もその一つであるということ

もう1つ、

遺伝は薄毛の原因の一つでしかありません。

なので遺伝で薄毛になるというより、
遺伝で進行するといったイメージのほうが良いかもしれません。

そうならないためにも普段から頭皮環境だけでなく、
体の健康を考え良い環境を作っておけば
遺伝が発現しない可能性も十分あり得るわけです。

逆の考えで言うといくら家系的に薄毛がいなくても環境が悪くなってしまえば
だれでも薄くなるということも言えます。

なので日々のケアというものが非常に大事になってくるわけですね。

 

遺伝による薄毛に対してできる日々のケアって何?

ではどのようなケアを日々行っていけばよいのでしょうか?

 

1.骨格の遺伝に対しての日々のケア

骨格が遺伝すると先ほどお話したように

骨が出っ張っていることで血行が悪くなる

というのが薄毛の原因になってしまうわけです。

ということは血行が悪くならないように対処していけばよいので
一番おすすめなのが

頭皮マッサージ

ですね。

特に女性の薄毛の場合全体的に薄くなっていく傾向にありますが、
頭頂部が気になるという方は多いようです。

頭頂部は体の中でも一番血流が届きにくい場所なので
頭皮マッサージを習慣にしていきましょう。

詳しくは
薄毛に悩む女性は必見!頭皮マッサージで血行促進+リフトアップ!
にてお話していますので参考にしてください。

 

2.体質、肌質の遺伝に対しての日々のケア

体質や肌質の遺伝に対しては、

自分がどんな体質、肌質なのかをしっかり理解する

というのが一番大切です。

それをきちんと知ったうえで

  • どのような生活習慣を送るのか?
  • どんなヘアケア、スカルプケアをしていくのか?

というのを組み立てていけばよいと思います。

例えば今回お話した内容ですと

  • 腎臓に負担のかからない食生活にする
  • 肌が弱い方はそれに合ったシャンプーに変える

などが挙げられますね。

それぞれ
【重要】腎臓と女性の薄毛の関係-腎が弱ると薄毛になるって本当!?
【重要】薄毛に悩む40、50代女性のシャンプー選びと4つのポイント
にてお話していますので参考にしてください。

 

3.ホルモンなどの遺伝に対しての日々のケア

最後にホルモンに関してですが、
これも

  • 食生活
  • 睡眠
  • 運動

といった生活習慣がとても大切になってきます。

 

食生活

食べ物で言いますとバランスの取れた食事はもちろんですが、
女性ホルモンに似た働きをする大豆などはおすすめです。

あまり毎日摂れないという方はサプリメントなどを取り入れてもいいと思います。

詳しくは
イソフラボンサプリは女性の薄毛に良い?その選び方や注意点とは?
にてお話しています。

 

睡眠

睡眠不足や昼夜が逆転した生活はすぐにホルモンバランスの乱れにつながります。

  • 人それぞれに合った睡眠時間もあるので自分にぴったりの睡眠時間を見つけること
  • そしてぐっすり眠れるように睡眠の質を上げること

この2つが大切になってきます。

詳しくは
睡眠不足と女性の薄毛の関係-睡眠の質をアップさせるための8つのこと
にてお話しています。

 

運動

適度な運動もホルモンバランスを整えるのに良いです。

特に

  • ウォーキング
  • ジョギング

といった有酸素運動は全身の血流量を増やすので
血行促進といった面でも女性の薄毛対策にもつながります。

 

以上が遺伝に対してできる日々のケアです。

といっても当サイトでもたくさんお話している

  • 食生活の見直し
  • 睡眠の見直し
  • 適度な運動
  • 肌にあったヘアケア、スカルプケア
  • 頭皮マッサージ

といった基本的なものが大切だということですね。

 

まとめ

今回は遺伝と女性の薄毛についてお話していきましたが
まとめていくと

  • 骨格の遺伝、体質や肌質の遺伝、ホルモンの遺伝などが女性の薄毛と関係してくる
  • ただ遺伝は100%起きるものではなく、生活習慣の乱れなどによって起きる
  • 遺伝を発現させないために生活習慣の改善をすることが大切
  • また遺伝に対してもそれぞれ日々のケアをしていくことで女性の薄毛対策になる

以上です。

もし遺伝だから薄毛は仕方ないとあきらめていた方も
今回の話を参考にしてあきらめずに薄毛対策に取り組んでほしいと思います。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る