髪が細い人は薄毛になりやすいはウソ?きちんとしたケアで薄毛を予防しましょう

最終更新日: 2017年5月6日



髪が元々細いと薄毛になりやすい?

 

薄毛に悩む女性が多い中色々な心配や不安を変えていらっしゃる
方も多いと思います。

そういった疑問や不安の中でも今回は

  • 髪がもともと細いと薄毛になりやすいの?

という結構皆さんが思っていることについての
おはなしをしていこうと思います。

 

髪質が細いと薄毛になりやすいはウソ?

結論から言うと

もともと髪質が細い、柔らかいからといって
将来的に薄毛になるとは限りません。

ですが、髪質が細い方の場合は髪質が太い方に
比べるとハリコシがなくなった感じがわかりやすいと
いう傾向があります。

なので

髪が細いから薄毛になりやすいのではなく表面的にそう感じやすい

ということが言えます。

 

髪質が細い女性はどんなところに気をつけたら良いの?2つのポイント

では元々髪が細い女性はどんなところに気をつけていけば良いのでしょうか?

 

1.スタイリングを工夫しよう

髪質が細い人が気になるのはトップのボリューム
だと思います。

細い髪質だともともとハリコシが少し弱いので
髪の毛の立ち上がりが悪く根元からペタンとしやすいです。

なのでスタイリングに一工夫必要になります。

トップのスタイリング方法に関しては
トップのボリュームと分け目の薄毛-たまに分け目を変えたほうが良い
にてお話をしていますので参考にしてください。

 

2.髪をきつく結びすぎないようにする

またもう一つ注意が必要なのが

髪をきつく結ぶこと

です。

髪を強く、長時間結ぶことで牽引性の脱毛症に
なるということが言われています。
女性の薄毛の種類はたくさんある-6つのタイプの特徴と対処法

なぜ薄毛になるのかというとキツく結ぶことで

毛穴が広がる

ということが起きます。

後ろに向かって強く引っぱることで特にトップには一番
力が加わります。

そうすると丸い形の毛穴が後ろに引っ張られることで
楕円形になります。

すると髪はペタンとしやすくなりますし、抜けやすくなってしまいます。

なのできちんと結ばないといけない仕事の場合を除いては
なるべく緩めに結ぶようにしましょう。

 

まとめ

今回はもともと細い髪質の方は薄毛になりやすいのか?
という点についてお話をしていきました。

最後にお話していた牽引性の脱毛についてももちろん細い方
だけではなく女性皆さんに気を付けてほしいことなのですが、
元々細い方はさらに注意が必要だということが言えます。

髪質が細いからと言って必要以上に不安がることはないので
きちんと自分に合った育毛の手当をしてあげることが大切になってくると思います。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る