トップや分け目がペタンとする女性の為のドライ方法やブローのポイント

最終更新日: 2017年5月18日



トップのボリュームと分け目のイメージ画像

 

薄毛にお悩みの女性の皆さんの中にも

薄毛にお悩みの40,50代女性の皆さんの中にも

「毎日のヘアスタイルが決まらなくて困っている。」

という方は多いのではないかと思います。

特に

  • 最近トップのボリュームが気になる
  • ペタンとする
  • 分け目が薄い
  • てっぺんが透けている

などが気になる女性はとっても多いと思います。

というわけで今回は

  • トップのボリュームが気になる女性の為のドライ方法
  • トップにボリュームを出していくブローのポイント

というテーマでお話していきたいと思います。

 

なんでトップの髪の毛はボリュームが出ないの?

まずは薄毛に悩む女性の皆さんが悩まされている

トップのボリュームがでない、ペタンとする

症状がなぜ起きているのかという点についてお話していきたいと思います。
その答えの一つは皆さんも一度は美容師さんから聞いたことがあるかもしれませんが、

ずっと同じ分け目だと薄毛になる

というものです。

「そんなのがほんとにトップのボリュームが出ない原因なの?」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
実はこれホントに起きていることなんです。

では解説していきますね。

ヘアスタイルでトップに分け目がつくということは

  • ミディアム~ロング、
  • ショートでもトップに長さのあるボブスタイル

などのヘアスタイルだと思います。

分け目がつくということはトップの分け目部分の髪が長いので
当然その部分には髪の重さ分の負担がかかっていきます。

そしてそれが何年も当たり前のように続いていくと
毛穴はどんどん重さによって形を変えていきます。

つまり毛穴が引っ張られた方向に広がってしまい、
円形、つまり○だったものが楕円形のような歪んだ
形になってしまうのです。

そうするとトップの毛は立ちあがりにくくペタンとしやすくなり
結果的にトップのボリュームが出なくなってしまいます。

 

良く花瓶にたとえられて話がされていますね。

 


2つの花瓶があるとします。

1つは口の狭い花瓶。

2つ目は口の広い花瓶。

ここに一輪の花を挿すとしてどちらの花瓶が真っ直ぐ花がさせるでしょうか?

答えは…

口の狭い花瓶ですね!


 

つまり毛穴でも同じことが言えるので
毛穴に負担がかかり変形してしまうことで口の広い花瓶のように
なってしまうことが考えられます。

特にこの現象はロングやミディアムの長さの女性で
日頃から良く髪を結ぶ方に多い減少で

【牽引性脱毛症】(けんいんせいだつもうしょう)

と呼ばれるものです。

 

そしてもう一つ。

ずっと分け目の毛が髪の毛によって引っぱられることによって
毛根も所定の位置から皮膚表面側に引っ張られていきます。

毛根の周りには本来毛細血管が網かごのように張り巡らされているのですが、
毛根の位置が上に引っ張られることで毛根に栄養が届きにくくなります。

そうすることで髪の毛が細くなって柔らかくなり、ハリコシがなくなるため

トップがペタンとする、透けてしまう

といった女性のトップの薄毛につながってしまいます。

特に頭頂部は人間の体の中で一番高い位置にあるので
重力がかかり血行が悪くなりやすい部分でもありますので
こういった薄毛が起きやすい部分でもあります。

 

トップをふんわりさせるためのハンドドライテクニック

というわけでこのようなメカニズムでトップの薄毛やボリュームダウンが
起きてしまうわけですが、これらにはどのように対処していけばよいのでしょうか?

まずここで大切になってくるのは

ハンドドライ

ですね。

お風呂からあがって乾かす時に何も考えずにやるのと
きちんと乾かすのでは仕上がりに雲泥の差がつきます。

ではどのようにしてトップのボリュームを出していくのでしょうか?

 

①ドライヤーの角度

まず乾かす時にドライヤーは床と並行
の角度で乾かしていきます。

真横から当てる感じですね。

真上から当てるとペタンコになるので注意が必要です。

 

②分け目をまたぐようにジグザグに

そしてドライヤーを当てながらトップ周辺の部分を
手でジグザグに動かして乾かしていきます。

この時分け目をまたぐように大きく動かしていくのが
ポイントです。

 

③テンションをかけてハリを出す

そしてある程度乾いてきたら、
トップ部分を真上に引っ張りながら熱当ててハリを出すようにします。

引っぱりすぎると余計髪の毛に負担が
かかるので適度な力でテンションをかけてください。

 

以上です。

あとは全体を乾かしていきます。

もし前髪のうねりなどが気になる場合、

前髪→トップ→全体

のような順で乾かしていくとよいと思います。

ここまでうまくできたらトップの根元はふんわりします。

 

トップをふんわりさせるためのブローテクニック

  • ドライだけではまだトップのボリュームが出ない
  • もっと艶やハリを出したい

という方はブローブラシをやくるくるドライヤーを使って
ブロードライをしていきましょう。

ではどのようにしてやっていくのでしょうか?

 

①ブローブラシをトップの根元部分に噛ませる

まずブローを行うのはハンドドライで8割型乾いてから始めていきます。

水分が多すぎるとブローしても乾かないので時間がかかりすぎますし、
髪の毛のダメージにもつながります。

そしてまずトップをある程度の束で取って
ブラシまたはくるくるドライヤーを噛ませていきます。

後ろに向かってブローをするので束の裏からブラシを噛ませて
行きます。

トップをボリュームアップさせるブロー引用元URL:https://allabout.co.jp/gm/gc/321603/

まさしくこんな感じです。

ここでポイントなのは

きちんとブラシを根元に引っ掛けることです。

ブラシがするする抜けてしまうようではテンション(引っぱる力)が
かからないのでブローしてもボリュームや艶が出ません。

痛いのは良くないですが、きちんと髪の毛に引っかかるように
ブラシを噛ませていきましょう。

 

②テンションをかけながらドライヤーを当てていく

テンションをかけながらドライヤーの熱を
当てていきます。

テンションをかけながらブロー引用元URL:https://4meee.com/articles/view/417537

画像のようにブラシとドライヤーで挟む感じですね。

ここでポイントなのはドライヤーの熱の当て方です。

あまりに髪とドライヤーを密着させると熱で髪が傷んでしまうので
少し距離をおいて熱を当てていきましょう。

 

③毛先までブラシを通していく

後は毛先までブラシを通していきます。

ここでポイントなのは毛先までドライヤーをちゃんと当てていくことです。

良くあるのが途中まではドライヤーの熱が当たっているけど
毛先にはきちんと当たってないので毛先がパサついたりまとまらなくなることです。

毛先は根元や中間に比べてダメージしているので熱の当てすぎは良くないですが
パサつかないように上手に熱を当てていきましょう。

そしてもう一つは

毛先まできちんとテンションをかけること

です。

テンションがかかっていないのに熱ばかり当てても乾かしすぎで
傷んでしまう、パサついてしまうだけですので、毛先までしっかりテンションを
かけていきましょう。

ただ毛先になると毛量が減るのでブラシがするする抜けやすくなってきます。

難しい場合は最後に毛先をまとめて中間~毛先をブローするとやりやすいと思います。

またくるくるドライヤーでやるときは熱が当たりやすいので乾かしすぎにならないように
注意が必要です。

 

ブローテクニックは以上です。

ちなみにブラシは画像で使っているような【ロールブラシ】がおすすめです。

個人的にオススメなのは【ホンゴ ロールブラシ】です。

スーパーロングであれば74mmの【B-708】

ホンゴブラシB708引用元:ホンゴ公式HP

がおすすめです。

楽天でホンゴロールブラシ【B-708】を見てみる

 

セミロング~ロングであれば60mmの【K-408】

ホンゴブラシK408引用元:ホンゴ公式HP

がおすすめです。

楽天でホンゴロールブラシ【K-408】を見てみる

 

ミディアム~ショートであれば45mmの【K-408S】

ホンゴブラシK408S引用元:ホンゴ公式HP

がおすすめです。

楽天でホンゴロールブラシ【K-408S】を見てみる

 

最初は難しいかもしれませんがこのドライやブローを覚えてもらうと
トップのボリュームを自在に操れるようになると思います。

ちなみに朝寝癖はつくと思いますが、夜お風呂からあがったら
やってみてください。

朝は寝癖がついていたら霧吹きなどで濡らしてから
またこのように乾かしてくださいね。

 

もっとふんわり感の欲しい場合はマジックカーラーもオススメ

またドライやブローよりもっと根元にふんわり感を持たせたい方は

マジックカーラー

を使うのもおすすめです。

使い方も簡単で時間をおいている間にメイクなどもできるので
時短もできる優れものです。

詳しくは

トップや前髪のボリュームが出ない薄毛女性の悩みはマジックカーラーで克服!

にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

分け目もたまには変えるようにしよう

またいつも同じ分け目だと途中お話したような

  • トップのボリュームが出ない
  • 髪が細くなる

といったことが起きるので

たまには分け目を変えるようにしましょう。

ドライやブローでトップにボリュームが出せるようになると
どこからでも分けることができるので分け目も変えやすくなるので
試してみてくださいね。

 

まとめ

以上今回はトップのボリュームがほしい女性の為の
ドライやブローについてのお話をしていきました。

まとめていきますと

  • トップの毛穴の形が変わることで髪の毛がペタンとしやすくなる
  • トップ部分は一番血行が悪くなりやすく髪が細くなりやすい
  • ハンドドライやブローをしていくことでトップにボリュームを出すことができる

以上です。

トップのボリュームで悩まれている女性の方は多くいらっしゃると思います。

トップのボリュームがなくなると寂しい印象を受けますし、
年齢もプラスして見られやすくなります。

なので今回お話したようなドライやブローを試してみてくださいね。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る