薄毛に対して対症療法だけではなく根本療法という考えも取り入れる

最終更新日: 2017年5月7日



根本療法のイメージ画像

 

薄毛の治す過程でほとんどの方が必ずしてしまう
間違いがあります。

まず皆さんが薄毛が気になりまず始めることは何でしょうか?
女性の女性の薄毛対策を始める前に知っておいてほしいことで何度もお話していますが、

多くの方は

①シャンプーを変える

②育毛剤を始める

③サプリメントを始める

④薬を飲む

だと思います。

中でも①,②,③をまず初めてみて、それでうまくいかなかった場合に
④に進む方が多いと思います。

では冒頭に言った『間違い』とは何なのでしょうか?

今回はその辺についてお話していきたいと思います。

 

薄毛に対して対症療法だけでなく根本療法もしていきましょう

では早速お話していきますね。

①~④は男性女性問わず薄毛を治していくうえで欠かせないものなのですが、
その対応の仕方、考え方に問題があります。

なぜ①~④の行動をとったのか?
1番大きな理由としてはもちろん

抜け毛が減らしたい

からだと思います。
ここで問題になるのが現在出ている『症状』に対して対処していくという

『対症療法』が前提になっているということです。

  • 抜け毛を減らしたい
  • 頭皮の炎症を抑えたい
  • フケが出るのをなんとかしたい
  • 皮脂が出るのが気になる

など人によって理由は様々だと思います。

もちろんそれも大切なことなのですが、
もっと大切なのはそれが起きてしまった『原因』を知るということです。

これは特に女性の場合には大切になってきます。

男性の場合ももちろん生活習慣など改善すべき部分はありますが、
男性ホルモンの部分などが強く出るので原因がわかっても、
医学的に効果のある薬を使うなど対処が限定されやすい場合がほとんどです。

女性の場合はこの今起きている『結果』に対しての『原因』を
知って対処することで、かなり薄毛の改善に期待が持てます。

これを『根本療法』と言います。

やっとキーワードが出ました。前置きが長くなってしまってすいません。

 

根本療法って何をしたらいいの?

では根本療法をしていくとしてもどんなことをしていったらいいのでしょうか?

根本療法をしていくうえでまず必要になってくるのが、原因を突き止めることです。

薄毛になった原因と言うとかなりざっくりするのですが、

例えば

  1. 睡眠が悪い
  2. 食生活が悪い
  3. ダイエットをしている
  4. 喫煙をしている
  5. お酒をよく飲む
  6. 年齢によるもの
  7. ホルモンバランスが崩れている
  8. 遺伝の可能性
  9. 肩こりに悩まされている

など以上のような原因があります。他にも要因はいっぱいあります。

そしてこれらは見てお分かりのとおりそれぞれリンクしています。
ということは薄毛の原因も一つではなくかなり複雑に絡み合っている
ということが言えると思います。

わかりやすく説明すると、

なぜ睡眠不足で悩まされているの?

お酒をよく飲むから寝つきが悪い
年齢によって体力が落ちてきた
タバコを吸っている

など一つとってもいろいろ更なる原因があります。
原因がわかったらこれに対処していけば自然と薄毛の改善にも
つながります。

睡眠不足や、睡眠の質が落ちているのなら、
そのためにタバコを控える、お酒をやめるなど対処方法は様々ですね。

喫煙や飲酒については嗜好品なので本人が好きで
続けている場合がほとんどだと思いますので、
すべてやめたほうが良いかといわれると私からは

『全部ダメ!!』とは言いにくいのですが、

薄毛を治すということを最優先に置くのであれば
やめたほうが良いと思います。

お酒の場合は量を減らしたり、頻度を減らすなどでも
まだいいかもしれませんが、特に喫煙はやめたほうが良いと思います。

また最初のほうでお話したシャンプーに関しては
シャンプーが合わなくてという原因もあるのでこれは根本療法に当たる部分
もあると思いますが、
薄毛に良い成分が入っているからなどの理由のみで安易に選んでしまうと
シャンプー選びも失敗しやすいです。

 

まとめ

以上今回は薄毛の改善をしていくうえで根本療法の考えをお話させてもらいました。

特に女性の場合で育毛をしてうまくいかなかった方というのは多くの場合は
この考えを知らない方が多いと思います。

これを理解し、ひとつづつ根本的な原因を改善したうえで、
育毛剤やサプリメントといったものでさらに効果を高めたり、

サポートするという中と外からダブルで育毛を進めていくと
非常にうまくいきやすいのではないかと思います。

もちろん体質的に治りやすい方とそうでない方といらっしゃると思いますが、
ここまでやれば他に薄くなっていく原因も見当たらなくなってくると思います。

それでもだめなら何か原因に対する対処が間違っている可能性もありえますので、
そしたらまた違う対処法をとって模索するという形をとっていけばいいと思います。

なかなか自分にぴったりの改善法がすぐに見つからない場合もありますが、
ひとつづつ試していけばきっとぴったりのものが見つかって薄毛の改善に
つながっていくと思います。

長くなりましたがありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る