【徹底比較】ハイサラシアとギムネマ抑糖茶どっちが女性の抗糖化にオススメ?

最終更新日: 2017年9月8日



女性の皆さんの中には

「甘いもの好きだけど食べた後後悔する…。」
「運動はしたくないけど糖質をなんとかしたい!」

という女性の方も多いのではないでしょうか?

実はそんな糖質の摂りすぎも女性の薄毛の原因の一つなんです。
【重要】髪も糖化する?女性の薄毛や白髪の原因になるメカニズムとは

そしてそんな女性の抗糖化には手軽な【お茶】がとってもおすすめなんです。

しかしお茶といってもたくさんありますし、健康茶の中には飲みにくいものも多いので選ぶのが難しいという方も多いと思います。

そこで今回は育毛ムーンでもおすすめしている

【ハイサラシア】

ハイサラシア

【ギムネマ抑糖茶】

ギムネマ抑糖茶

 

の2つのどちらが女性の抗糖化サポートにオススメか比較してみることにしました。

 

【ギムネマ抑糖茶】と【ハイサラシア】の比較早見表

商品名 ギムネマ抑糖茶 ハイサラシア
価格 ¥3,200(税抜)+送料
※送料は地域によって異なります。
¥6,480(税込)+送料¥400
割引
  • 定期コースなら¥420お得な¥2,820(税抜)+送料
  • 2個定期コースなら¥920お得な¥5,600(税抜)+送料
  • 3個定期コースなら¥1,520お得な¥8,200(税抜)+送料無料
  • 定期コースだと10%offの¥5,832(税込)+送料無料
  • さらに定期コースだと初回限定25%offの¥4,860(税込)
内容量 20包(1日1包) 60本(1日2〜3本)
1日あたりのコスト 147.6円
※3袋定期コース価格で計算
194,4円
※定期コース価格で計算
特徴
  • 薬剤師が開発した抗糖化サポートに良いギムネマの健康茶
  • 焙煎後もギムネマ酸の含有量が減っていない
  • 製茶メーカーとの共同開発で飲みにくいギムネマの味を追求
  • 女性の健康や美容に嬉しい5種の原料もブレンド
  • 冷やして飲んでもOK
  • 抗糖化をサポートする【サラシア】をブレンド
  • 日本初サラシアの特許取得
    ※サラシアに含まれる有用成分の特許
  • インド産の完全無農薬のサラシアを使用
  • ほうじ茶をブレンドすることで飲みやすさを追求
  • ノンカフェイン
  • スティックタイプで水にも簡単に溶かせる
備考  

※定期コースに回数縛りはありません
※¥8,000以上なら送料無料
※送料は地域によって変わります

※定期コースは3回購入がお約束になります。

 

【ギムネマ抑糖茶】と【ハイサラシア】を特徴で比較してみると

 

①抗糖化サポートで比較

ではまず抗糖化サポートという点から比べてみましょう。

 

ギムネマ抑糖茶にはその名の通り【ギムネマ】をつかった健康茶になっています。

ギムネマには【ギムネマ酸】と呼ばれる抗糖化サポートに良い成分がたっぷり含まれています。

またギムネマ酸は熱に弱いので焙煎すると減ってしまうのですが、
ギムネマ抑糖茶は製茶メーカーと共同開発することでギムネマ酸を減らすことなく焙煎しているんです。

なのでこれまでギムネマ茶を飲んでもあまり実感できなかったという女性にもおすすめなんです。

しかも【免疫堂】というドラッグストアのオリジナル商品で薬剤師さんが開発したものなので信頼できますね。

 

ではハイサラシアはどうでしょうか?

ハイサラシアもその名の通りサラシアを使った健康茶です。

サラシアには【サラシノール】と呼ばれる成分が含まれていてこれが糖質の吸収を抑えてくれるんです。

しかも日本初で有用成分サラシノールとして特許を取得した高品質のサラシアを使用しているんです。

またサラシアには腸内環境を整える働きもあるので中々スッキリしないなどに悩んでいる女性にもとってもおすすめなんです。

 

というわけでその特徴から比較した結果どちらもおすすめなのですが

  • ギムネマ酸を減らすことなくたっぷり含んでいるものを選ぶならギムネマ抑糖茶
  • 特許を取得したサラシノール配合で毎日のスッキリをサポートしてくれるものを選ぶならハイサラシア

がそれぞれオススメかなと思います。

 

②飲みやすさで比較

では続いて飲みやすさで比較してみましょう。

 

実はギムネマはとっても苦く手香りもクセがあるためかなり飲みにくいんです。

しかしギムネマ抑糖茶はそれらに

●菊芋(イヌリン)
●桑の葉
●グァバ葉(グァバ葉ポリフェノール)
●バナバ葉(コロソリンサン)
●柿の葉(ビタミンC、食物繊維)

などをブレンドすることでより飲みやすさを追求しているんです。

さらに()内に書いてあるように女性の健康や美容に良いものもたくさんブレンドしてあるので
とってもおすすめですよ。

 

ではハイサラシアはどうでしょうか?

サラシアにも多少の癖はあるのでそのままだと苦手という方もいらっしゃいます。

しかしハイサラシアにはほうじ茶をブレンドすることで香ばしくとても飲みやすくなっています。

またノンカフェインなので妊婦さんやお子さんも安心ですし、
夜眠れなくなったらどうしようとお悩みの女性にもとってもおすすめなんです。

 

というわけで飲みやすさで比較した結果

  • どちらも飲みやすさを追求している
  • ノンカフェインタイプをお探しならハイサラシアがオススメ

といえますね。

 

③手軽さで比較

では手軽さで比較してみましょう。

 

ギムネマ抑糖茶の場合はティーバッグタイプになるので作り置きができるので

一度にたくさん作れるというメリットがあります。

ただ女性の皆さんの中にはお茶を煮出すのがめんどくさいという方もいらっしゃるかもしれませんね。

また水出しではダメなので冷たいのを飲む時は一度冷やさないといけないという手間もかかります。

 

ではハイサラシアはどうでしょうか?

ハイサラシアはスティックタイプになります。

なのでわざわざ煮出す必要がないですし、冷たいのを飲みたいときはそのまま溶かしてしまえばいいので
とにかく楽ちんでお手軽なんです。

なのでとても続けやすいと思います。

 

 

というわけで手軽さで比較した結果

  • 手軽で楽なものを選ぶならハイサラシアがオススメ

といえますね。

 

【ギムネマ抑糖茶】と【ハイサラシア】を価格で比較してみると

では今度は皆さんが気になる【価格】から比較してみましょう。

 

ギムネマ抑糖茶は通常価格¥3,200(税抜)+送料なのですが

定期コースなら¥420お得な¥2,800(税抜)+送料で購入できるんです。

しかも

  • 2個定期コースなら¥920お得な¥5,600(税抜)+送料
  • 3個定期コースなら¥1,520お得な¥8,200(税抜)+送料無料

と個数が増えることでどんどんお得に購入できるんです。
※送料は地域によって変わります

ちなみに1日分のコストは147.6円です。
※3袋定期コース価格で計算

さらに¥8,000以上なら送料無料なのでとってもお得ですよ!

なので一番お得に購入するなら3袋定期コースがオススメです。

また1袋で20包なのでしあわせ減糖茶のように2袋定期コースがバランスが良いかもしれませんね。

またギムネマ抑糖茶も定期コースに回数縛りはありませんのでお試ししやすくなっています。

 

ではハイサラシアはどうでしょうか?

ハイサラシアは通常価格¥6,480(税込)+送料¥400なのですが、

定期コースなら10%OFFの¥5,832(税込)+送料無料で購入できるんです!

さらに初回限定で25%OFF の¥4,860(税込)+送料無料なのでとってもお得に購入できます。

ちなみに1日分のコストは194,4円なのでギムネマ抑糖茶よりは少し高くなります。
※定期コース価格で計算
※1日2本で計算

 

またハイサラシアの定期コースは3回購入がお約束になります。

ただ通常購入だと送料がかかりますし、一番割高になるのでお得に済ませたいという方は定期コースのほうがオススメですね。

またどの健康茶も一か月続けたからといってすぐに結果が出るわけではないので
まずは3か月続けてみるのをおすすめします。

 

というわけで価格から比較した結果

  • コスパが安いものを選ぶなら【ギムネマ抑糖茶】がオススメ

と言えると思います。

 

【ギムネマ抑糖茶】と【ハイサラシア】を総合的に比較した結果

というわけで総合的に2つの健康茶を比較した結果

  • 今注目のギムネマをたっぷり含んでいるものが良い
  • ギムネマ茶でも飲みやすいものが良い
  • コスパが安いものが良い

という方は【ギムネマ抑糖茶】がオススメです。

また

  • 特許を取得した高品質のサラシア茶が良い
  • とにかく手間がかからず楽なものが良い

という方は【ハイサラシア】がオススメです。

 

どちらもおすすめの健康茶なので自分に合いそうなものをチェックしてみてくださいね。

ただ当サイトの糖質が気になる40,50代女性にオススメの抗糖化お茶ランキングではハイサラシアを1位にしています。

というのもギムネマ抑糖茶もおすすめなのですが、やはりギムネマは少しクセが強いことや
ハイサラシアが特許を取得している健康茶という面でハイサラシアをおすすめしています。

ただどちらもとってもおすすめな健康茶なので自分に合いそうなものをチェックしてみてくださいね。

 

ハイサラシアの公式サイトを見てみる

ギムネマ抑糖茶の公式サイトを見てみる

 



サブコンテンツ

ページのトップに戻る