更年期と女性ホルモン-自律神経と免疫力を鍛えて女性の薄毛を克服!

最終更新日: 2017年5月18日



更年期と自律神経のイメージ画像

 

さて薄毛に悩まれている女性の多くは
年齢的に30代後半の女性ホルモンがガクッと下がる時期の方や、
45歳~55歳の世間で言われるところの

更年期

に当たる部分の方がとても多いと思います。

そのくらいの年齢の時は体調や心の変化がとても
大きいです。

特に薄毛や抜け毛といった外面的に強い影響を及ぼすので、

  • 鏡をみて不安になる、
  • そしてそのストレスからさらに悪化してしまう

というような負の連鎖に陥っている方も少なくありません。

ですがその負の連鎖も何か変えなけえれば断ち切ることはできません。

女性の健康というのは

  • 自律神経
  • 女性ホルモン
  • 免疫力

この3つの柱で支えられています。

これらがきちんと働くことで更年期の女性の薄毛にも
負けない体づくりにつながります。

というわけで今回は

  • 更年期障害と女性ホルモンについて
  • 自律神経について
  • 免疫力について

というテーマでお話していきたいと思います。

 

更年期障害と女性ホルモンについて

ではまず更年期と女性ホルモンの関係について
お話していきますね。

そもそも更年期とは40代くらいから起き始める
急激な女性ホルモン量の低下によって引き起こされる
様々な体調や精神的な変化などを指します。

更年期によって起きる変化については
薄毛だけじゃない!更年期に起きる大きな心と体の変化とその対処法
で説明させていただいてます。

そして冒頭お話した45~55歳くらいの年齢が【更年期】と呼ばれる年代です。

また40代から減っていく女性ホルモンはやがてゼロに近くなると
閉経という形になります。

もちろんその辺については個人差がありますので、
必ずその年齢から始まるというものではありません。

 

更年期に起きる女性ホルモン減少のメカニズムについて

では更年期になると女性ホルモンの分泌が減ると説明しましたが、
どういったメカニズムになっているのでしょうか?

まず女性ホルモンを分泌するにあたって重要になってくるのが

  • 視床下部
  • 下垂体
  • 卵巣

この3つです。

 

女性ホルモンがきちんと分泌されている場合

先に画像で説明すると

女性ホルモンが分泌されるメカニズム出典元:ユニ・チャーム ソフィ公式HP

こんな感じです。
※タップ、クリックすると大きくなります。

文章で説明していきますと

 

脳にある視床下部

『女性ホルモンを出してくださいね~』

と指令を出します。

こんどは下垂体がそれを受け取り

『じゃあ女性ホルモン出しましょう。』

と卵胞刺激ホルモンというものを出します。

そして卵巣がその卵胞刺激ホルモンによって

『良し。女性ホルモンを分泌するわ!』

 

といった形をとっています。

そして卵巣に女性ホルモンが足りなくなると、
また視床下部が下垂体に指令を出す。

というメカニズムになっています。

 

更年期で女性ホルモンが上手く分泌されない場合

これが正常な働きなのですが、

 

更年期になると視床下部

『女性ホルモンが減ってきたからいっぱい出して!』

と指令を出します。

そうすると下垂体

『そうか足りないのね。いっぱい出します!』

と卵胞刺激ホルモンを出します。

そして卵巣では、卵巣の老化により

『無理です。うまく分泌できません…。』

となってしまっています。

 

これが更年期の女性ホルモンの分泌状態です。

こうなると視床下部、下垂体と卵巣との間でギャップが
出てしまうので体が混乱してしまいます。

これにより自律神経が乱れ女性の体調が崩れくなり

【更年期症状】

となって表れてしまいます。

 

更年期のキーワードは自律神経、免疫力、女性ホルモン

そして冒頭お話した

  • 自律神経
  • 免疫力
  • 女性ホルモン

この3つが女性の健康を支えているものという話につながってきます。

ですが更年期になると3本柱の1つである女性ホルモンが上手く機能していないため
残りの2つでしっかりサポートしていく必要があります。

 

自律神経の乱れと女性の体の変化について

自律神経は

 

交感神経

私達が活動するときに働く神経で、
心臓の亢進や気管支や血管の拡張などをコントロールしています。

 

副交感神経

私達が休息するときの神経で、
心臓の抑制、胃酸の分泌や腸の運動を促進などのコンロトールをしています。

 

この2つに分けられますが、
どちらも非常に大切な役割をもっています。

ですが更年期になるとこの2つのバランスが崩れやすく

  • 薄毛、抜け毛
  • むくみ
  • ホットフラッシュ
  • ほてり
  • イライラ
  • 不安感
  • 貧血

など様々な更年期症状につながります。

本来はバランスよく働いている自律神経が乱れるパターンとしては

  • 活動するための神経である交感神経が優位に働きすぎて副交感神経がうまく働いていていない
  • その逆で交感神経がうまく働かず、副交感神経が優位に働きすぎている

などがあり、これらが更年期症状の原因になっています。

 

自律神経を鍛えていきましょう!

その自律神経の乱れを整えるために

まずは自律神経を鍛える

という部分から始めてみましょう。

「えっ?どうやって鍛えるの?」

と思われる方も多いと思いますのでご説明してきます。

と言ってもやることは規則正しい生活をすることです。

 

1.朝早く起きて日光を浴びる

「早起きは3文の得」

と昔からいわれるように早起きはとってもいいものです。

日光を浴びることでセロトニンというホルモンが分泌され心の安定を促してくれます。

また1日のリズムができるので自律神経が乱れにくくなります。

 

2.夜早く寝る

また朝早くねるだけでなく夜早く寝ることで、
しっかり疲労を取り、次の日も早く起きることができます。

これもリズムですね。

また寝ている間に【成長ホルモン】が分泌されます。

この成長ホルモンが体の細胞を修復していきます。

毛根にある毛母細胞も例外でなくしっかり修復されることで
髪の毛がきちんと作られます。

ちなみに皆さんの中にも聞いたことがあるかも知れませんが、

  • 夜10時~2時くらい

までは【お肌のゴールデンタイム】と呼ばれている時間で、
この時間帯が一番多く成長ホルモンが分泌されます。

ただ夜10時に寝るというのは難しい女性も多いと思いますので
日付が変わるくらいには寝るようにできたらいいと思います。

睡眠については
睡眠不足と女性の薄毛の関係-睡眠の質をアップさせるための8つのこと
にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

3.適度な運動をする

適度な運動は交感神経を刺激してアドレナリンなどを分泌させます。

これにより運動能力が高くなったり、
脳の活性化につながるので更年期症状にも良いといわれています。

また薄毛に悩んでいる方だと

  • 血流量の増加
  • 血液の質の改善
  • 毛細血管の増加

などにもつながるのでとってもおすすめです。

特に有酸素運動がおすすめですので軽いウォーキングやジョギングなどから
始めてみてはいかがでしょうか?

 

4.お風呂に使ってリラックスする

湯船に入ってリラックスすることで副交感神経が優位になり
体が休息モードに入ります。

ちなみに副交感神経が優位になるとアセチルコリンという
ホルモンが分泌されるのですが、
これにより疲れがしっかり取れやすくなります。

ただ熱いお湯だと交感神経が優位になり、
覚醒してしまうので、寝る前などは気を付けましょう。

中には熱いお湯に入って冷水をかけるという方法も耳にしますが、
心臓の弱い方などは注意が必要ですね。

また個人的にはお風呂はリラックスタイムであってほしいので
熱いお湯に入るのはあまりオススメはしてません。

入浴に関しては
入浴は女性の薄毛対策にオススメ!血行促進のための3つのポイントとは?
にてお話していますのでこちらも参考にしてください。

 

5.ストレス発散方法を見つける

ストレスの解消も自律神経を整えるのにおすすめです。

といわれても

「自分でもどうやったらストレス解消になるのか分からない。」

という女性も多いと思います。

  • 体を動かすのが好きな方が運動もおすすめですし
  • 何か好きなことに没頭してみたり
  • 思いっきり泣けるような映画を見てみたり
  • カラオケで思いっきり叫んでみたり

するなど試してみてはいかがかなと思います。

普段出せない思いっきり感情を出していきましょう!

 

6.ちゃんと食事をとる

また偏った食生活は自律神経の乱れにつながりますので
バランスの良い食事はとっても大切です。

あとは食べすぎに注意です。

食べ過ぎることで副交感神経が働きすぎて
体がお休みモードになりやすくなるそうです。

副交感神経が優位になりすぎると、
免疫のリンパ球という成分が増えすぎてアレルギーになりやすく
なるとも言われています。

 

以上が自律神経を鍛えるための方法です。

なかなか全部一気に始めるのは難しいでしょうが、
少しづつ取り入れてみましょう。

 

免疫力の低下と女性の体の変化について

では今度は

  • 女性ホルモン
  • 自律神経
  • 免疫力

の内の免疫力についてお話していきます。

女性の健康は上から

 

女性ホルモンの減少

自律神経の乱れ

免疫力の低下

 

という順で崩れていくといわれています。

ただ自律神経を鍛えておけばOKというものではなく
同時に免疫力も鍛えていくことで女性の更年期や薄毛に対抗できる体作りにつながります。

 

免疫力低下のメカニズムについて

免疫細胞は非常にややこしいのですべてを理解しなくても大丈夫なのですが
免疫力低下のメカニズムについて簡単にお話していきますね。

免疫細胞である白血球には

  • 顆粒球
  • リンパ球

という2つの種類があります。

交感神経が優位な状態、
つまり体が緊張している、活動モードが過度に続いている場合、

顆粒球が増加します。

逆に副交感神経が優位な状態、
体がリラックスしているモードが過度に続いている場合、

リンパ球が増加します。

 

顆粒球が増えすぎた場合

顆粒球は体内に侵入した細菌をやっつけるという働きがあります。

しかし顆粒球は死ぬとき活性酸素を発生するという特徴があり、
過度に顆粒球が増えるとその活性酸素のせいで周辺の組織を攻撃してしまう
ということが起きます。

そうすると

  • 化膿性の炎症
  • 胃潰瘍
  • 潰瘍性大腸炎
  • リウマチ
  • 関節炎

などが起きやすくなるといわれています。

 

リンパ球が増えすぎた場合

リラックスモードが続きリンパ球が増えすぎるとリンパ球は過剰反応しはじめ

  • アレルギー
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支ぜんそく
  • 花粉症

といった症状を引き起こします。

特に冷暖房などが完備してある環境に長くいる女性は
体温調節機能などがうまく機能しなかったり
運動量の低下などが目立っていいて、
副交感神経が優位な状態になりやすいといわれています。

 

免疫力をアップしていきましょう!

では実際免疫力をアップさせるためにはどうしたらよいのでしょうか?

自律神経を鍛えるという部分でお話した部分と似てきますが
生活習慣の見直しが一番です。

 

1.きちんと睡眠をとる

睡眠不足は自律神経の乱れだけでなく
免疫力の低下にもつながります。

睡眠時間は人それぞれぴったりの時間がありますが、
なるべくまとまった時間を摂るようにしましょう。

また睡眠の質もとっても大切で寝る前に
スマホを触ったりパソコンやテレビなどの強い光を浴びないように
したほうが良いです。

睡眠については先ほども参照した
睡眠不足と女性の薄毛の関係-睡眠の質をアップさせるための8つのこと
にてお話しています。

 

2.体を温めて、冷やさないようにする

また体温が一度下がると免疫力は30%下がるといわれています。

先ほどお話したようにお湯の温度は熱すぎると交感神経が優位になり、
覚醒してしまうので、寝る前などは気を付けましょう。

なのでやはりぬるめのお湯がおすすめです。

ただ体を冷やさないようにお風呂上りは髪をすぐに乾かすようにしましょう。

塗れたままにしておくと体を冷やすだけでなく雑菌が繁殖しやすくなるので
頭皮トラブルや抜け毛や薄毛の原因になるので注意が必要です。

ただ女性は乾かすのが面倒という方も多いと思います。

そんな方は
髪の自然乾燥は女性の薄毛の原因!時短ドライのための3つのポイント
を参考にしてくださいね。

 

3.適度な運動

自律神経どうよう適度な運動は免疫力アップにもつながります。

無理のない範囲で取り入れてみましょう。

 

4.ビタミンCを取り入れて免疫力アップ

またビタミンCは免疫力のアップに良いです。

ですがビタミンCはたくさん摂っても体の外に出て行ってしまうので
こまめに摂取していくのがおすすめです。

また毎日柑橘類などのフルーツを食べるのも難しいと思うので
ビタミンCのサプリを取り入れるのもおすすめです。

ビタミンCについては
コラーゲンサプリは効果なし?女性の薄毛や美肌にはビタミンCがオススメ
にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

以上が免疫力をアップさせるため取り入れて欲しいことです。

先ほどもお話したように免疫力だけを上げるというより、
自律神経の乱れも一緒に整えていく
というスタンスで始めていけばいいのではないかと思います。

 

女性ホルモンの減少にも対抗していきましょう!

というわけで

  • 自律神経
  • 免疫力

についてお話していきましたが、

女性ホルモンの減少にも対抗していきましょう!

女性ホルモンを外から補う方法としては

  • ピル
  • HRT(ホルモン補充療法)
  • 食事
  • サプリメント

などが挙げられます。

 

ピル

ピルは女性ホルモンである

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

を配合した経口避妊薬です。

最近では低用量ピルなどの女性ホルモン量が少ないものも
登場していますが、
更年期のように女性ホルモンの分泌量が急激に少なくなっているときに
飲むと

  • 乳がん
  • 血栓症

などのリスクが高くなってしまうといわれています。

決まった年齢はないのですが、このころになるとこの後お話する
HRT(ホルモン補充療法)に切り替えたほうが良いといわれています。

ピルについては
ピルと女性ホルモンと薄毛-副作用で薄毛になるのは本当?
にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

HRT(ホルモン補充療法)

HRTはピルと同じく女性ホルモンを補う治療法です。

  • 貼るタイプ
  • 飲むタイプ
  • 塗るタイプ

などいろいろあるようです。

ピルに比べて女性ホルモン量が少ないので
更年期症状でお悩みの女性におすすめです。

ただ薄毛治療になると保険が適用されないことや
専門のクリニックが少ないというデメリットもあります。

なのでまずは食事やサプリメントなどから始めてみるといいと思います。

HRTについては
ホルモン補充療法(HRT)と女性の薄毛-費用や副作用や注意点について
にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

食事

食事から女性ホルモンを補うのに最適なのが

大豆製品

ですね。

大豆製品には女性ホルモンと似た働きをする
【イソフラボン】
を豊富に配合しています。

  • 豆腐
  • 納豆
  • 豆乳

などを毎日の食事に取り入れるとよいと思います。

 

サプリメント

また毎日の食事から取り入れるのは難しいという方は
サプリメントで取り入れるのもおすすめです。

ただイソフラボンサプリなら何でもいいというわけではありません。

イソフラボンは更年期対策だけでなく

  • 子宮がん
  • 子宮頸がん
  • 乳がん

などのリスクを下げる働きがあるといわれています。

ですがイソフラボンにも種類があって

  • ダイゼイン
  • ゲニステイン

があります。

このうちゲニステインは女性ホルモン様作用が強いため
逆に乳がんなどのリスクが高くなる可能性があるといわれています。

ただダイゼインは取れる量が少ないため
これらが豊富に配合されているサプリは少ないです。

またご自身に婦人科疾患・乳腺疾患乳の方や
家系にそのような方がいる場合は注意が必要なので
一度お医者さんに相談したほうが良いでしょう。

イソフラボンサプリについては
イソフラボンサプリは女性の薄毛に良い?その選び方や注意点とは?
にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

また育毛ムーンでは薄毛やそのほかの更年期症状にオススメな

【エクオール+ラクトビオン酸サプリメント】

をおすすめしています。

更年期症状や更年期からくる薄毛に悩む女性にオススメのエクオール+ラクトビオン酸エクオールはスーパーイソフラボンと呼ばれているもので、
大豆イソフラボンを代謝するときにできるものです。

これが女性ホルモンと似た働きをするのですが、
女性の2人に1人は大豆イソフラボンを摂ってもエクオールを
作れない体質だといわれています。

そこで直接エクオールを摂取できるサプリが登場したわけですね。

原料にも非常にこだわってダイゼインを多く含む
大豆胚芽抽出発酵物が使用されているのでおすすめです。

先にエクオール+ラクトビオン酸の公式サイトを見てみる

エクオール+ラクトビオン酸のおすすめポイントを見てみる

 

 

まとめ

以上更年期と自律神経、免疫力についてについてのお話だったのですが
まとめていきますと

  • 更年期になると女性ホルモン量がガクッと少なくなる
  • それにより自律神経が乱れ免疫力も低下していく
  • 自律神経を鍛えながら免疫力もアップさせることが
    健康な女性の体作りにつながる
  • また毎日の食事やサプリメントから女性ホルモンを
    補うのもオススメ

以上です。

長くなってしまったので読みづらい部分もあったかと思いますが、
更年期症状やそれに伴う薄毛にお悩みの女性は
参考にしていただければと思います。

ありがとうございました。


当サイトでオススメの【エクオール+ラクトンビオン酸】です。
エクオールを直接摂れる更年期女性にとってもオススメなサプリメントです。


辛い更年期に悩む40,50代女性にオススメの【エクオール+ラクトンビオン酸】の詳細を見てみる

薄毛に悩む40,50代女性にオススメの育毛ケアサプリランキングTOP3も見てみる


サブコンテンツ

ページのトップに戻る