閉経後に起きてくる症状-更年期症状が治っても体の変化に注意!

最終更新日: 2017年5月18日



更年期に起きる症状のイメージ画像

 

女性ホルモンが減少することで起きる

『更年期』

ですが、さらにそのあとのことについて
皆さんはご存知でしょうか?

更年期のあとは最終的に女性は誰しも

『閉経』

という状態を迎えます。
更年期は大体45歳~55歳の間に迎えるといわれていますが、

閉経は平均的に50,5歳と言われています。

というわけで今回は閉経とそれによって起きてくる変化に
ついてお話していこうと思います。

 

閉経について

閉経の定義についてお話すると、

生理不順が起き始め、最終的に1年以上月経が来ない状態

を指しています。
これは卵巣の機能が衰え、低下してしまうため女性ホルモンの分泌が
されなくなってしまいます。

されなくなるといっても全くのゼロというわけではなく、限りなく少なるなる
そうです。
また女性ホルモンは副腎皮質でも作られているそうです。

閉経の平均年齢としては50,5歳と先ほどもお話しましたが、
もちろん個人差はあり、

早い方で40代後半でなる方もいますし、
遅い方で50代後半でなる方もいらっしゃいます。

また更年期と呼ばれるのはこの閉経の状態を挟んで約10年くらい
期間のことを言われます。

 

閉経後に起きる症状について

更年期に入ると更年期症状や更年期障害と呼ばれる
症状が体だけでなく心にも出てきます。

中には日常生活に支障をきたすくらいひどい症状が
現れる方もいらっしゃいます。

詳しくは

薄毛だけじゃない!更年期に起きる大きな心と体の変化とその対処法

を参考にしてください。

この更年期症状が起きるのは、

脳が女性ホルモンの分泌を促すが、卵巣の衰えによって
分泌がうまくされないことで脳が混乱し、自律神経が乱れて起きる

と言われています。

ですが、人間の体には適応力がありそういった状態にも
だんだん慣れてくるようになります。

そうするとそれまで起きていた更年期の症状は治まり、
元気になってきます。

しかし、ここで気を付けてほしいのは

自律神経の乱れは戻っても、女性ホルモン量は不足している

ということです。
なのでこれまで感じなかったような症状がいろいろ起きてきます。

 

1.骨粗しょう症

女性ホルモンであるエストロゲンの減少によって起きます。
骨の代謝のバランスが崩れることで、骨の中がスカスカに
なってもろくなってしまう症状です。

思いもよらないことで折れたりするので注意が必要です。

食事や運動などで予防は出来ますが、一度診断されると
薬などが必要になるので、心配な方は一度検査を
されるとよいかと思います。

 

2.血圧の上昇

ホルモンバランスが崩れることで血圧も乱れてきます。
低血圧になる方もいるようですが、問題は高血圧です。

高血圧になるとめまい、動悸、頭痛などが現れ、
動脈硬化や心筋梗塞や狭心症といった疾患にも
注意が必要になります。

 

3.動脈硬化

高血圧から起きる症状です。閉経後には
血管の内膜に悪玉のコレステロールがたまりやすくなるため
血管が狭くなります。

そのため血流が悪くなるため、動悸、息切れ、胸の圧迫感
といった症状も感じられるようになります。
血圧とコレステロール値に注意が必要になりますね。

 

4.脂質異常症

これも悪玉コレステロールが関係してきますが、
悪玉コレステロールだけでなく中性脂肪も高くなり
脂質異常症が起きます。

閉経後の女性は肥満になりやすく、高脂血症といった
血がどろどろになってしまうといった症状も起きます。

そうすると心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化、狭心症
といった命に関わる病気につながる場合もありますので
普段の食生活などにも注意が必要です。

 

5.膣の乾燥

エストロゲンの減少によって膣分泌液の量が減少したり、
膣の粘膜が委縮しやすくなってしまいます。
これにより膣の乾燥やかゆみを感じることもあります。

また膣の乾燥により性交痛を伴うような場合もありますし、
乾燥により自浄作用が低下してしまうことで、抵抗力も
落ちるので、膣炎にかかりやすくなったりします。

 

6.認知症

認知症とエストロゲンには深い関係があることが
発見されています。

女性ホルモン補充療法なども最近ではあり、
期待されてい予防方法の1つでもあります。

ホルモン補充療法(HRT)と女性の薄毛-費用や副作用や注意点について

 

7.尿失禁

尿失禁と言っても
力を入れたときなど腹圧がかかった時に失禁
してしまう

『腹圧性尿失禁』

や尿意を感じてから間に合わない

『切迫性尿失禁』

というものに分けられます。

前者の腹圧性尿失禁は出産経験のある女性などに
多くみられ、対策としては骨盤底筋を鍛えるということが
有効とされています。

後者の切迫性尿失禁に関してはお薬があるようなので
一度お医者さんで受診されたほうが良いと思います。

 

まとめ

以上更年期症状が治まったあとの閉経後に
起きやすい症状についてお話したのですが、
いかがでしたでしょうか?

個人的にはここまで女性ホルモンが女性を守ってくれているとは
思っていなかったので少し驚きました。

またご覧いただいたとおり、閉経後はまた今までとは違う
体の変化を感じることが多くなるので戸惑う方も
多いのではないかと思います。

悩んでいる方も多いと思いますが、一人で悩まず
だれか理解してくれる方に相談されるといいかなと思います。

もちろんこういったサイトで情報を得るのも良いですし、
婦人科にてお医者さんに相談されるのも良いかと思います。

長くなりましたがありがとうございました。


当サイトでオススメの【エクオール+ラクトンビオン酸】です。
エクオールを直接摂れる更年期女性にとってもオススメなサプリメントです。


辛い更年期に悩む40,50代女性にオススメの【エクオール+ラクトンビオン酸】の詳細を見てみる

薄毛に悩む40,50代女性にオススメの育毛ケアサプリランキングTOP3も見てみる


サブコンテンツ

ページのトップに戻る