女性の育毛剤の成分表示を見るときの注意点-成分の表示義務について

最終更新日: 2017年5月4日



育毛剤の成分表示を見るときの注意点

 

女性の育毛にかなり重要な役割を持っている育毛剤ですが、
皆さんは今現在何かしら育毛剤を使っていますか?

育毛剤と呼ばれるものにはいろいろと有効成分やその他の成分が入っており
裏側や箱に成分表示なるものが書いてあるのを見たことがあると思います。

ですが

「何の成分がどう入っているのかなんて分からない!」

という方がほとんどだと思います。

というわけで今回は

  • 育毛剤の成分表示を見るうえでの気を付けたいこと

というテーマでお話していこうと思います。

 

育毛剤成分の表示義務について

ではまず育毛剤の成分表示の表示義務がについてお話していきますね。

育毛剤は大きくは

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

の三つに良く分けられていますがそれぞれ表示義務に違いがあります。

 

医薬品の場合

医薬品の場合は成分の配合量のパーセント
まで表示が義務付けられています。

また全成分表示も義務付けられています。

 

医薬部外品の場合

医薬部外品の場合は全成分表示の義務はなく
指定成分(人によってはアレルギーなどの可能性がある成分)
のみ表示義務があります。

また成分表示においては有効成分とその他の成分で
わけて表示してありますが、成分は順不同で記載されています。

 

化粧品の場合

化粧品の場合は成分表示は義務付けられていますが、
配合量までは表示義務はないそうです。

また配合量順に多い順から少ない順に記載されています。

 

成分表示を見ただけではわからない!

とまあ少しややこしい話になるのですが、
何が言いたいのかというと、医薬部外品や化粧品でいうと

成分表示を見ただけではどの成分がどのくらい入っているのかわかりませんよ!!

ということが言えます。

例えば0.1%でも入っているのであれば配合していると宣伝できます。

有効成分などはちゃんと配合されていると思いますが
その他の成分がほとんど入っていないと場合もあります。

特に

『新成分の○○が入っています!!』

『薄毛に良い○○を配合!!』

なんて言葉だけに踊らされると、
今までのものと余り変わらない成分の育毛剤を
高い値段で買ってしまうということもありえますので気を付けなければいけませんね。
※もちろんきちんと配合されているものもあります。

 

じゃあ育毛剤は信用できないの?自分に必要なものを選びましょう!

それでは育毛剤は信用できないのか?

というとそんなことはありません。

もちろんちゃんとした有効成分などが配合されていますので、
頭皮環境を整え脱毛予防や育毛のための成分は入っています。

なので

今の自分の目的に合わせて育毛剤を選んでいく

ということが大切になってきます。

育毛剤には途中お話したように

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

の3つに分けることができますが、それぞれ目的や特徴があるので
今のあなたの状態によって選んでいくことが必要です。

詳しくは
育毛剤と養毛剤と発毛剤の違い-薄毛に悩む40,50代女性はどれが良いの?
にてお話しているので参考にしてくださいね。

 

育毛剤の成分ばかりに目を向けないようにする

またどんな成分がどんな働きをしているかは知ることは重要ですが、
一番気を付けなければいけないのは先ほども言ったような

「○○が入っているから絶対に効く!」

なんて謳い文句には惑わされないことです。

特に医薬品に分類される育毛剤のみ

髪が生える

という表現が可能で、医薬部外品や化粧品の場合そうした表現は
薬事法に引っかかってしまいます。

なのでも医薬品でもないのに髪が生えるなどの表現があった場合は
注意が必要です。

そしてそういった育毛剤の成分ばかりに気を取られずに

もっといろんな方向から女性の薄毛対策をしていく

ということが一番大切になってくるかと思います。

例えば

  • シャンプー剤の見直し
  • シャンプー方法の見直し
  • 頭皮マッサージを取り入れる
  • 湯船につかる
  • 睡眠の質をアップ
  • 食生活の改善

など女性の薄毛対策をしようと思えばたくさんありますので
育毛剤だけに頼らない育毛をめざしましょう。

もちろん育毛剤も大切ですが、

あくまで薄毛対策の1つの要素

というスタンスで取り入れていただくといいと思います。

 

まとめ

いろいろとお話しましたがまとめていきますと

  • 育毛剤の成分表示には表示義務があり、医薬品、医薬部外品、化粧品
    とそれぞれ表示義務が違う
  • 医薬部外品と化粧品の場合、配合量などの表示義務もないので
    どの成分がどれくらい入っているのかは分からない
  • なので注目の新成分といったものばかりに気を取られずに
    今の自分に合った育毛剤を選ぶことが大切
  • また育毛剤だけでなくいろいろな方向から薄毛対策を行っていくことも大切

以上です。

シャンプーなどにしても育毛剤にしても化粧品などにしても
成分表示ばかりにこだわりすぎるとどうしても偏った見方しかできなくなる気がします。

なので今回話したような成分ばかり気にしないといった広い視野も大切だなと思います。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る