育毛剤と養毛剤と発毛剤の違い-薄毛に悩む40,50代女性はどれが良いの?

最終更新日: 2017年5月18日



育毛剤の違いのイメージ画像

 

あなたが今使っている育毛剤はどの種類の育毛剤ですか?

といきなな質問をさせていただいたのですが、
実は育毛剤と呼ばれるものには大きく分けて3つ種類があります。

効果や効能、成分といった違いなどから区別されており、
今自分が求めるものに応じて使い分けが必要になってくるかと思います。

気になるその3種類ですが、

  • 養毛剤
  • 育毛剤
  • 発毛剤

この3つに分かれます。

しかしせっかく買ったのに自分に合わなかったらもったいないですし悲しいですよね?

というわけで今回は

  • 発毛剤、育毛剤、養毛剤のそれぞれの違い
  • 薄毛に悩む女性はどれを選べばいいの?

という2つをテーマにお話していこうと思います。

 

発毛剤、育毛剤、養毛剤のそれぞれの違いって何?

さて早速ですが、この3種類はどのような違いが
あるのかお話していきます。

 

1.養毛剤

育毛剤の中でも主に化粧品に分類されるものが多いタイプが
この養毛剤になります。

有効成分も1~2種類くらい配合されているものが多く
作用も医薬部外品の育毛剤よりも穏やかなで、
頭皮環境を健やかな状態に導いてくれるタイプのものです。

お値段もかなりお手頃なので大体
¥1000前後で購入できるものも多いです。

まだ薄毛は気にならないが将来のためのケア
頭皮を健康に保ちたいというスタンスの方にオススメです。

中にはまだ有効成分とは認可されていないがその効果が期待されている成分である

有用成分

などに力を入れているものありますが、そういったものの場合高価なものが多いです。

ただ使ってみる価値はあると思います。

 

2.育毛剤

養毛剤より、より効果の高いものになります。

認可されている有効成分が3~4種類配合されており、
脱毛を予防したり次に生えてくる毛をより太くできるといったような

  • 脱毛予防
  • 育毛促進
  • 発毛促進

などの効果効能があります。

当サイトでお話している育毛剤というのはだいたいここに当たります。

またこういったものは医薬部外品というカテゴリに該当します。

医薬部外品についてざっくり説明すると医薬品と化粧品の間に位置するもので
人体に対する作用は緩やかですが、特定の予防効果のあるものを指します。

お値段としては大体¥3000~5000前後で購入できるものが多いと思います。

中には医薬部外品でもそれ以上の価格のものもあるようですが、
それらは化粧品の時にお話したのと同様、

有用成分などにも力を入れている

ものが多いです。

ただ価格が高くなるのでそこは経済的なものとも相談していきたいところですね。

  • 薄毛に悩んでいる
  • 抜け毛や薄毛が少し気になり始めた

という女性はこの医薬部外品の育毛剤を使用したほうが良いと思います。

 

3.発毛剤

育毛剤よりもさらに発毛に重点を置いているものです。

発毛剤は医薬品に指定されているもので
医師の処方で手に入るものや、薬局で購入できる医薬品に分かれます。

一般で購入できる有名なものでしたら大正製薬さんのリアップジェンヌなどがそうですね。

http://www.taisho.co.jp/riup/regenne/
※上のリンクはリアップジェンヌの公式ホームページです。

お値段としては¥5000~10000前後くらいだと思います。

ちなみに

  • ミノキシジル
  • 塩化カルプロニウム

などの成分が配合されているものがこの医薬品の発毛剤に当たります。

医薬品に指定されているということは医学的に髪の毛が生えるという
物になりますので発毛効果があります。

なのでより確実に早くその効果を実感したいという方にはおすすめですが、
副作用の可能性もあるので
その辺は薬剤師さんやお医者さんに相談されたほうが良いでしょう。

ミノキシジルについては
女性の薄毛改善にミノキシジルは安全?効果と副作用について
にてお話しています。

塩化カルプロニウムについては
フロジン液と女性の薄毛-効果と費用と使い方について
にてお話していますのでそれぞれ参考にしてくださいね。

 

薄毛に悩む40,50代女性はどのタイプを選んだらいいの?

では薄毛に悩む女性はどのタイプの育毛剤を選んだらいいのでしょうか?

40代、50代になると

  • 髪が細くなってきた
  • 髪がうねる、パサつく、艶がない
  • トップのボリュームが出ない
  • 前髪が透ける、うねる、張り付く

といったようにある程度
髪質の変化や薄毛の症状が出始めている方が増えてきます。

なので効果が認められている

  • 医薬部外品の育毛剤
  • 医薬品の発毛剤

もしくは

  • 化粧品の中でも有用成分に力を入れているもの

のどれかから選ぶと良いです。

ただ化粧品の中でも有用成分に力を入れたものの場合

価格が医薬品や医薬部外品と変わらないかそれ以上のものが多いため、
それなら一定の効果が認められている医薬品や医薬部外品のほうが確実性がある

と個人的には考えていますので

使ってみる価値はあるが、女性の薄毛の場合

  • 医薬部外品の育毛剤
  • 医薬品の発毛剤

のどちらかから選ぶといいかなと思います。

 

重度のFAGAなどの場合は発毛剤がオススメ

薄毛に悩む40,50代女性の中には女性ホルモンが減少で起きる
FAGA(女性男性型脱毛症)に悩まされている方もいらっしゃいます。

かなり重度の方の場合、男性の薄毛のように局部的に薄くなっている場合もあり、
そうした場合強い発毛力が求められます。

なので重度のFAGAの女性の場合、発毛剤がオススメな場合もあります。

ドラッグストアに普通に売ってあるものもありますが、
重度なFAGAの場合はクリニックでしっかりとした薄毛治療を受けたほうが良いと思います。

 

長く使い続けていくのなら育毛剤がオススメ

また医薬品の発毛剤の場合、
その効果が高い分、体への作用も養毛剤や育毛剤に比べて大きいです。

早く効果を実感するのであればきちんとした医師の指導のもと使っていただくと
良いと思いますが、長い間使うのはどうなのかな?という疑問もあります。

というのも医薬品ということはいわゆる【薬】なので長期的な使用は副作用や体への負担が
心配だからです。

なので私としては長く使えてきちんと脱毛予防や育毛促進のできる医薬部外品の
育毛剤がオススメかと思います。

医薬部外品なので途中お話したように体への作用も緩やかなので
長期的な使用への不安や副作用の心配も少ないです。

ちなみに当サイトでは女性の為に作られた医薬部外品の育毛剤である

【マイナチュレ育毛剤】

をおすすめしています。

薄毛に悩む40,50代女性にオススメのマイナチュレ育毛剤


先にマイナチュレ育毛剤を公式サイトでチェックしてみる

マイナチュレ育毛剤のおすすめポイントを見てみる

 

 

医薬部部外品の育毛剤の中でも価格も高すぎず、
女性のことを考えたデザインや仕様になっているのでおすすめです。

 

まとめ

以上がですがいかがでしたでしょうか?

今回の話をまとめていきますと

  • 育毛剤にも養毛剤、育毛剤、発毛剤の3種類がある
  • それぞれ化粧品、医薬部外品、医薬品に分類されるもので
    その特徴も変わってくる
  • 薄毛や抜け毛に悩む女性の場合、育毛剤か発毛剤がオススメ
  • ただ副作用や体への負担も考えて長く使い続けられる育毛剤がオススメ

以上です。

育毛剤選びで悩んでいる女性は

【重要】薄毛に悩む40,50代女性が育毛剤を選ぶ時の3つのポイントとは?

でも詳しくお話をしているので一緒に参考にしてくださいね。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る