育毛剤の適量ってどれくらい?使う量より使う回数のほうが大切!

最終更新日: 2017年5月18日



育毛剤の適量はどれくらい?

 

育毛に取り組んでいる多くの女性が育毛剤を使っている
と思うのですが、良く説明書の書かれている

頭皮に適量を塗布してマッサージしてください。

という説明書きなのですが、育毛剤に限らず
化粧品などでもよく見かけます。

というのも育毛剤の多くは医薬部外品であるものが多いのですが、
医薬部外品の場合、医薬品と違い使用方法や使用量に関して
の記載ができないので【適量】と記載されています。

では育毛剤を使っていくのにおいてどのくらいが適量と呼べるのでしょうか?

というわけで今回は

  • 育毛剤の適量はどのくらいなの?

というのをテーマにお話していきたいと思います。

 

どれくらい頭皮に塗布すればいいの?

では早速本題に入っていきましょう。

以前
育毛剤の効果を引き出す使い方とは?注意したい6つのポイント
という記事にて少し触れていたのですが、

育毛剤の使う量が足りないと効果がきちんと得られない場合があります。

ではどのくらいが使えば良いのでしょうか?

 

私が実際に育毛剤を使うときに意識していること

適量というと頭の大きさにもよりますし、個人の感覚もあるので正確に○○ml使っている
などは把握していませんが、私の場合

  1. 頭皮に満遍なく行き渡る程度に付けていく
  2. 付けすぎて髪の毛から垂れないくらいのちょうど行き渡るくらいの量を意識している
  3. おでこの生え際、前頭部、頭頂部、頭頂部の少し後ろ、側頭部と塗布していくが、
    女性の場合は頭頂部から満遍なく薄くなるケースが多いのでそのあたりを中心に塗布している。
    ※目安でいうと帽状腱膜周辺

 

育毛剤を塗布する部分のイメージ画像

のようなことを意識して使っています。

 

補足①

また育毛剤には大きく

  • スプレータイプ
  • ノズルタイプ

2種類がほとんどだと思いますがどちらにしても上記のような使い方をしています。

 

補足②

また頭皮に塗布するタイミングも

  • タオルドライの後の少しウェットな状態
  • ドライヤー後の乾いた状態

の2通りあると思いますが、どちらにしても上記のようなことに気を付けて使っています。

育毛剤を使うタイミングは濡れてる時?乾いている時?どっち?

 

補足③

また一度にたくさん使っているとすぐになくなってしまうのでもったいないですよね?

後頭部や襟足など頭全体に付けてもいいのでしょうが、
それだとかなりの量を使ってしまうので私の場合はその部分には育毛剤は塗布しません。

 


以上が私が育毛剤を使っているときに意識していることですが

育毛を始めたばかりだったり、効果を早く実感したくて焦っている人は
一度にたくさん使ってしまう傾向にあります。

実際に私も初めはしていましたし、なんとなく気分的に安心するというか
相当焦っていたのだと思います。

ですがそんなことをしているとやはりすぐなくなってしまい、一本が
2週間でなくなることもあり経済的にかなり圧迫されてしまったこともありました。

なので

少なすぎず多すぎずのコツをいかにつかむかというのが大切です。

 

育毛剤をたくさんつけることでのデメリット

育毛剤をたくさんつけることで経済的に負担になるというのもそうなのですが、
もう一つ言いたいのは

1度にたくさんつけることで効果が出るわけではありません。

一度に大量につけてもある程度肌に吸収される量は決まっているといわれていますが、
逆に大量に付けることで異物が入ってきたと勘違いして体のバリア機能が反応してしまう
こともあり、アレルギー反応が起きる可能性も考えられるといわれています。

いくら体に良い物でも食べ過ぎたら良くないのと同じようなものですね。

 

育毛剤を使っていくうえで大切なのは使う量より回数

というわけで適量についてお話していきましたが、ここでもう一つとっても大切なのは

育毛剤を使っていくうえで大切なのは使う量ではなく回数である

ということです。

というのも育毛剤を塗布してからその血行促進などの効果がみられる時間は

1日3時間程度

と言われています。
※一日2回使用時の場合

ということは適量を細かい回数使うことで1度に大量に使うのと同じ消費量でも
血行促進効果を長時間維持できることになります。

なので育毛剤の説明書にもあるように

朝と夜の2回塗布してください。

という回数を習慣づけるように気を付けてくださいね。

 

育毛剤だけでなく頭皮マッサージも一緒にしましょう

あともう一つ絶対に忘れてはいけないのは

育毛剤と頭皮マッサージはセットでしていくことが大切です。

育毛剤の目的は

  • 頭皮環境を整える
  • 炎症を抑える
  • 毛根に栄養を与える

といったものが大きな目的ですが

頭皮マッサージを行うことで血行促進につながりより育毛効果がアップします。

血行促進は女性の育毛をしていくうえで絶対に欠かせないことです。

医薬品成分である

  • ノキシジル
  • 塩化カルプロニウム

といったものは血行を促進する成分で医薬品指定の育毛剤にも
配合されているほどです。

ただ成分だけに頼らず頭皮マッサージなどで血行を促すということも
とっても大切なので頭皮マッサージは必ず一緒に行ってくださいね。

当サイトおすすめの頭皮マッサージの方法については
薄毛に悩む女性は必見!頭皮マッサージで血行促進+リフトアップ!
にて詳しくお話していますので参考にしてくださいね。

 

まとめ

今回は育毛剤の適量はどれくらいかということでお話をさせていただきましたが
まとめていきますと

  • 医薬部外品や化粧品の育毛剤には用法、用量を医薬品のように表示できないの
    【適量】と表示してある
  • 一度にたくさんつければ良いというものではなく、多すぎず少なすぎずというコツをつかむことが
    大切
  • また一度にたくさんつけるよりきちんと一日2回、朝と夜付けるほうが良い
  • 育毛剤を使うだけでなく頭皮マッサージを一緒に行うのもとっても大切

以上です。

自分の中での適量が決まれば育毛剤を一本使い切るのに何日かかるかというのも
分かってきますし、使い過ぎを防ぐことができるので是非参考にしてくださいね。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る