薄毛を気にしすぎるのも良くない-不安や絶望感との向き合い方

最終更新日: 2017年5月18日



薄毛の気にしすぎも良くない

 

先日このような記事を発見しました。

気にしすぎて悪化するケースが多発!

というわけで今回はタイトルのように

薄毛の気にしすぎは良くない!

というお話をさせてもらおうと思います。

先ほど紹介した記事は男性の薄毛に関する情報ですが、
男性だけでなく女性の薄毛に悩む方が増えている現代ではこのような
お話は男性だけでなく女性も関係してきます。

 

気にしすぎで薄毛になる?

「最近髪が細くなって老けて見える。」

「トップや前髪がペタンとする。」

これらは女性にとってとても気になるし、毎日のストレスになってきます。

行き過ぎたストレスや考えすぎ、
感情の行き過ぎというのは女性の薄毛にも大きく関係してきます。

一度気になり始めると

  • 自分より背の高い人に上から見られたくない
  • あまり人に会いたくない
  • 人前に出るのが億劫

という方は多いのではないかと思います。

ですが薄毛をを改善していこうポジティブに捉えられたらいいのですが、
このまま薄くなったらどうしようと気にするだけというのは良くないです。

ただ気にするだけ、不安な気持ちを持ち続けるだけでは
薄毛はどんどん進行してしまいやすくなります。

 

薄毛を気にしすぎる女性のための3つのプロセス

ではどうしたらよいのでしょうか?

 

1.まずは現実を受け止める

まず最初に言えるのは現実を受け止めるということです。

  • 今あなたの頭皮の状態や薄毛の状態がどんなものなのか?
  • どれくらい進行しているのか?

というのをしっかり受け止める必要があります。

ここで自分で勝手に正当化しても周りはそうは見ないので
それでは何の解決にはなりません。

 

2.悲観的に考えない

私は薄毛だけでなくすべてにおいてそうしているのですが、

悲観的に考えない

というのを意識しています。

生きているといろいろ良いこともあれば悪いこともあると思います。

例えばあなたが薄毛を他人に指摘されたとして悲観的にとらえて

『もうだめだ…。』

と嘆いてもいい方向には向かいません。

良い方向にとらえるとすると、

『その時その人が薄毛を指摘してくれなかったら
もっと進行してもしかしたら改善できないくらいになっていたかもしれない。』

『今わかったからこれくらいで済んだ。』

と逆にラッキーだったくらいにとらえていただきたいと思います。

 

3.実際に手当をしていく

きちんとあなたの現状を受け止め、ポジティブにとらえることで
あなたの育毛への心構えは出来上がります。

こうなれば後はきちんとあなたに合った育毛の手当をしていくだけです。

あなたの肌質に合ったシャンプーや育毛剤などを使用したり、
職業にあった手当や食生活や睡眠や生活習慣の見直しなどを
して行きます。

もし当サイトに初めてきた方や他の記事をまだ見ていないという方は
まずは

【女性の薄毛対策を始める前に知っておいてほしいこと】

から読んで頂き、それからシャンプーや育毛剤といったものも一緒に

読んで頂くと

  • これからどうしていくか?
  • 何から始めていいか?

という部分が見えてくると思います。

 

まとめ

今回は気にしすぎは良くないということでお話をさせていただきました。

気にしない

というのは無理なので、

気になるならどうしたらいいか?

というのが考えられたら良いですね。

なかなか現実と向き合うのは難しいですが、一度本気で向き合うと

「なんだ、こんな風にしていけばいいんだ。」

と案外気楽に思えると思います。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る