女性の薄毛改善にミノキシジルは安全?効果と副作用について

最終更新日: 2017年5月18日



ミノキシジルは安全?のイメージ画像

 

薄毛に悩んでいる女性の中にはスマホやパソコンで
薄毛の改善や対策について調べている方が多いと思います。

そういった情報を知らべている方は一度は

【ミノキシジル】

という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

というわけで今回は

  • ミノキシジルと女性の薄毛について

というテーマでお話していこう思います。

 

ミノキシジルって何?

ではまずミノキシジルって何?
というところからお話していきたいと思います。

ミノキシジルは医学的にも発毛効果があると認定されている成分の1つです。

実際に薄毛治療に使われるもので

  • ミノキシジルタブレット
  • ミノキシジル外用薬、育毛剤

といったものがあります。

育毛剤や外用薬に分類されるものであれば海外製品である
【ロゲイン】というのがそれに当たります。

日本の場合は大正製薬さんから発売されている
リアップシリーズがそれに当たります。

女性用の場合【リアップジェンヌ】が発売されています。

ミノキシジル配合のリアップジェンヌ引用元:大正製薬公式HP

ミノキシジルはもともと高血圧のための薬であり
血管を拡張させそれにより血流を良くすることで血圧を下げるものでした。

その副産物で発毛効果というメリットが見つかったので
育毛剤に使われるようになりました。

 

ミノキシジルの副作用について

「ミノキシジル使って薄毛が改善されるなら使おう!!」

と思う女性も多いと思いますが、
使う前に副作用についても知っておいていただきたくて
今回ミノキシジルについてお話させてもらっています。

さてその副作用としては

  • 頭皮のかゆみ
  • 多毛症
  • 低血圧
  • 肌荒れetc…

などが現れる可能性としてあるようです。

 

内服薬タイプは女性は飲まないほうが良いです!

ミノキシジルには外用薬と内服薬がありますが、
内服薬を女性が飲むのはおすすめできません。

女性の場合、特に低血圧のリスクが高くなるため
元々血圧の低い女性にとっては体にかなりの負担がかかりますので
医師の判断の下で使用しないと危険な状態に陥る場合もあります。

また【多毛症】の副作用のリスクが高くなるのは女性にとっては
おすすめできません。

これまで生えてこなかった部分からも毛が生えてきたり
今まで毛のあった部分も濃くなってくると
そのショックは相当なものだと思います。

女性の中には自分でミノキシジルタブレットをネット購入して服用してしまい、
副作用に苦しんでいる人も多いようです。

そして一番怖いのが使用をやめた後も後遺症として残ってしまう場合です。

こうしたこともあるのでミノキシジルだけでなく医薬品成分には
絶対に自己判断で手を出すのはやめましょう。

 

外用薬タイプのミノキシジルは濃度に注意!

というわけで女性の場合、内服薬ではなく外用薬が
薄毛治療に用いられることがあります。

ですがこれも医師に診察してもらい処方してもらわないといけません。

またミノキシジル外用薬で注意していただきたいのが

【ミノキシジル濃度】

です。

男性用の場合は5%が標準として薄毛治療に使われています。
(なかには10%なんて高濃度なものを見たこともありますが。)

ですが女性の場合は1%、または2%までと決まっているそうです。

これ以上の濃度では効果は変わらず副作用のリスクが高くなると
指摘されています。

中にはミノキシジル濃度と発毛効果は関係ないという意見もあるようですが、
実際高い効果を求め高濃度を使われている方のほうが
副作用のリスクは高いといわれています。

 

特に授乳中や妊婦、妊活中の女性はミノキシジル厳禁!

そして特に気を付けてほしいのは

  • これから妊活しようと考えている方
  • 妊婦の方
  • 授乳中の方

です。

 

これから妊活しようと考えている方

これから妊活しようとしている方はミノキシジルの使用に注意が必要です。

またそれは女性本人だけでなく旦那さんがミノキシジルを使用している場合も
注意が必要です。

女性の場合はミノキシジルによる体への負担が不妊につながる可能性もありますが、
旦那さんがミノキシジルを使用している場合

  • 性欲減退
  • 精子の数の減少

などが起きるため不妊につながりやすくなります。

 

妊婦の方

ミノキシジルが胎児に直接影響が出るという報告は無いようですが、
医薬品成分であるため100%安全かといわれると分からない部分が多いので
妊婦の方は使用しないほうが良いでしょう。

 

授乳中の方

また女性の場合は授乳期にミノキシジルを使用するのは厳禁とされています。

というのも母乳中にミノキシジルの成分が混じってしまうからです。

出産してからはしばらく髪の毛が抜けやすい時期が続きます。

出産後は女性ホルモンのバランスがガクッと崩れるために
抜け毛が増えるので焦ってしまいますが
きちんとしたケアとある程度の期間が経つことで
だんだんと元に戻っていくことがほとんどだといわれています。

なので出産後に一気に抜けてしまったからと言って焦らずケアをしていきましょう。

詳しい産後の抜け毛ケアについては
出産後に気になる生え際の抜け毛!その原因と対策について
にて説明していますので参考にしてくださいね。

 

じゃあ女性はミノキシジルは使わないほうが良いの?

色々とネガティブな面ばかりお話してしまいましたが、

「じゃあミノキシジルは使わないほうが良いの?」

と思う女性も多いと思います。

もしミノキシジルを使うのであれば

きちんと用法、用量を守って医師の診断の元使えば
副作用のリスクは軽減されると思いますので
不安な方は医師や薬剤師さんなど専門の方に
しっかりお話をしてからが良いと思います。

ただ個人的には
薄毛改善を実感しやすいものなのでついつい手をだしてしまいやすいかもしれませんが、
女性の薄毛改善のために安易に手を出すのはおすすめではないと思っています。

なぜなら女性の場合、きちんとしたケアをしていくことで
育毛が上手くいく場合が多いからです。

なのでなるべくなら副作用のリスクのない育毛剤を使っていただきたいですし、
焦らず長い目で育毛を行っていただきたいと思います。

ちなみに当サイトでおすすめしている

【マイナチュレ育毛剤】

はミノキシジルは配合されていませんので、
そうした副作用の心配はないのでおすすめです。

薄毛に悩む40,50代女性にオススメのマイナチュレ育毛剤


先にマイナチュレ育毛剤を公式サイトでチェックしてみる

マイナチュレ育毛剤のおすすめポイントを見てみる

 

また途中お話したように使ってもいいのは外用薬で
ミノキシジルタブレットなどの内服薬の使用はオススメしません。

 

まとめ

今回の話をまとめていきますと

  • ミノキシジルは医薬品成分で医学的に髪の毛が生えると認められている成分
  • 元々は血圧を下げる薬だったが、副産物として発毛効果があったため育毛に使われるようになった
  • ただ薬なので副作用のリスクもあり、女性の場合内服薬はおすすめできない
  • また外用薬タイプも濃度に気を付けて使用しないといけない
  • 妊活中、妊娠中、授乳中の女性はミノキシジルの使用は控えたほうが良い
  • ミノキシジルは発毛効果はあるが女性の育毛にはなるべく副作用のリスクのない育毛剤がオススメ

以上です。

今回ミノキシジルについていろいろお話しましたが、

決してミノキシジルが悪いと批判しているわけではありません。

今まで何をしても効果がなかった方からすると
救世主なほどのものかもしれません。

ただ医薬品になるので作用、副作用が混在しますので
高い効果にはリスクがつく場合がありますよということは
覚えておいてください。

またあなたの体を守ってあげるのはあなた自身なので
よく考えてからお使いいただければと思います。

私としては安全な育毛を長く続けられるということをオススメしているスタンスなので
良ければ心の隅にでも留めておいていただけるといいかなと思います。

ただ育毛を進めていくうえでどんな育毛剤を選んでいいかわからなという女性は

【重要】薄毛に悩む40,50代女性が育毛剤を選ぶ時の3つのポイントとは?

を参考にしていただければと思います。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る