女性には危険なプロペシア-特に妊娠中の女性は絶対に触ってはダメ!

最終更新日: 2017年5月18日



女性には危険なプロペシアのイメージ画像

 

女性の薄毛治療薬にはいくつかありますが
今回お話しようと思うのは

【プロペシア】

というお薬についてお話していこうと思います。

プロペシアは男性用の薄毛治療薬なのですが
女性が取り扱うのには注意点があるので今回お話しようと思いました。

自分が使わなくても家族の方、特に旦那さんがプロペシアを飲んでいる
という場合もあるので、

  • 今現在旦那さんが薄毛治療をしている
  • これから旦那さんが薄毛治療をしようと考えている

という方は参考にしてくださいね。

 

 

プロペシアって何?

プロペシアはもともと男性の前立腺肥大のための薬でした。

プロペシアは女性が使ってはダメ!出典元:http://www.datsumo-makeruna.com/propecia.html

しかしそれだけでなく、プロペシアの主成分である【フィナステリド】という成分が
男性の薄毛であるAGAに有効だということで男性の薄毛治療にも
使用されるようになりました。

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンのテストステロンと
5αリダクターゼという酵素が結びつくことによりより強い男性ホルモンである

ジヒドロテストステロン(DHT)

になることで起きるとされています。

そしてプロペシアはそのDHTになる原因である5αリダクターゼを
抑制する効果があるためAGA治療に使用されています。

最近ではジェネリック医薬品などもあるので

  • ファイザー
  • サワイ
  • クラシエ
  • フィンペシア

などがあります。

 

プロペシア(フィナステリド)の副作用について

ただフィナステリドを主成分として薄毛治療薬も【薬】なので
副作用の可能性もあります。

症状としては

  • 性欲減退
  • 精子の減少
  • 射精障害
  • 肝機能障害
  • 抑うつ症状

などがあるとされています。

またやめた後も副作用があるとされていて

PFS(ポストフィナステリドシンドローム)、フィナステリド症候群

などと呼ばれています。

日本ではあまり認知されていないようですが
海外ではPFSに悩まされている方も多いようです。

もちろん飲んだら高確率で副作用が出るというものではなく
認可されている薬なのでかなり低い確率だと思いますが、
旦那さんがプロペシアを検討されている場合はそういった面も
知ったうえで使用されたほうが良いと思います。

 

女性はプロぺシアやフィナステリド系の薬を絶対に使ってはダメ!

というわけでプロペシアをはじめとしたフィナステリド系のお薬について
お話していきましたが、
女性が取り扱うのにはいくつか注意点があります。

まずプロペシアは

 

女性はNGです!!絶対に使ってはいけません!!

女性はNGです!!絶対に使ってはいけません!!

 

大切なことなので2回言いました。

先ほどもお話したようにフィナステリドはかホルモンに対して作用する薬で
男性にのみ使用が許可されている薬です。

女性が飲んだ場合の症例は私にもわかりませんが、
重篤な副作用を引き起こす可能性があるので絶対に
飲まないようにしましょう。

 

特に妊婦は絶対にNG!!

またもう一つの注意点として

プロペシアをはじめとしたフィナステリド系の薬には

 

妊娠中の女性は服用だけでなく触るのもダメです!!

妊娠中の女性は服用だけでなく触るのもダメです!!

 

これも大事なので2回言います。
それは

お腹の赤ちゃんに異常が出る場合がある

とされているからです。

プロペシアなどは錠剤で作られているのですが、
経口摂取した場合だけでなく
割れた錠剤にさわることでの皮膚吸収の可能性もあるとされていますので
とにかく触らないようにしましょう。

また旦那さんや家族の方がプロペシアを使用している場合は
きちんと保管するように注意してくださいね。

一応錠剤自体はコーティングされているようですが、

 

妊娠中の女性は絶対に触らない!!

 

というスタンスでいたほうが賢明かと思います。

また旦那さんがプロペシアを服用中に奥様が妊娠する場合などは
問題がないようですが、
心配な方は一度お医者さんに相談したほうが良いと思います。

 

女性におすすめな薄毛治療薬は何?

というわけでプロペシアやフィナステリド系の薄毛治療薬が
女性の薄毛治療に使ってはいけなことがわかっていただけたかと思います。

ですが最近では女性にオススメな薄毛治療薬もいくつか登場しています。

 

パントスチン

女性の薄毛の原因にはいろいろありますが、
その一つに

女性ホルモンの減少

というのがあります。

そうすると男性ホルモンとのバランスが崩れてしまい
AGAと同じようなメカニズムで薄毛になってしまう場合もあります。

それに対抗するためにはプロペシアのようにDHTの原因になる
5αリダクターゼを抑える薬が必要になってきますが女性にはNGです。

そこで女性にも使える薄毛治療薬が

【パントスチン】

です。

【アルファトラジオール】

フィナステリドよりも作用が穏やかな為、女性でも使用できますが

  • 18歳未満
  • 妊娠中
  • 授乳中

の女性は使用できません。

また軽度のAGAにも効果があるといわれていますので
薄毛に悩んでいるけど副作用は怖いという旦那さんには
プロペシアなどよりオススメかと思います。

詳しくは
FAGA治療薬のパントスチンとは?使用方法や費用や副作用について
にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

パントガール

また薄毛に悩む女性にオススメな薄毛治療薬というのが

【パントガール】

です。

世界で初めて女性の薄毛に対して効果と安全性があると認められた薄毛治療薬です。

そして副作用の報告は今のところなく安全性の高い薄毛治療薬です。

主に

  • パントテン酸カルシウム
  • シスチン
  • ビタミンB群
  • ケラチン

といった成分を配合しています。

薄毛治療薬として使われるので高濃度で配合されているのかと思います。

また副作用の報告はないですが

  • 妊娠中
  • 授乳中

の方は控えたほうが良いとされています。

詳しくは
女性の薄毛治療におすすめなパントガール-その費用や使い方について
にてお話していますので参考にして下さいね。

以上が薄毛に悩む女性にオススメの薄毛治療薬です。

ただどちらも【医薬品】ですので医師の処方のもとで使用してください。

個人で輸入されたりネット購入されて使用している方も多いようですが
思わぬ薬害や副作用を引き起こす可能性があるので絶対にやめましょう!

 

まとめ

今回はプロペシアやフィナステリド系の薄毛治療薬について
お話していきましたが、まとめていきますと

  • プロペシアはフィナステリドを主成分とした薄毛治療薬
  • ただ男性用の薄毛治療薬で女性の服用は禁止されている
  • また特に妊娠中の女性は割れたり、砕いてある錠剤に触ると
    胎児に影響が出るとされているので注意が必要

以上です。

他にも女性の薄毛治療については
女性の育毛クリニックと薄毛治療薬
というカテゴリでお話していますので参考にしてくださいね。

ありがとうございました!



サブコンテンツ

ページのトップに戻る