イソフラボンサプリは女性の薄毛に良い?その選び方や注意点とは?

最終更新日: 2017年5月18日



イソフラボンサプリのイメージ画像

 

女性の薄毛の改善にも良いといわれているのが
大豆や大豆製品である豆腐や納豆に含まれている

【イソフラボン】

です。

よく皆さんも耳にすることがあると思います。

イソフラボンは女性ホルモン様作用と言って女性ホルモンに
似た働きをする成分として

女性の健康や美容のために良い

されています。

また最近ではドラッグストアやネットでもイソフラボンサプリは販売されており
手軽に摂れるようになりました。

ですがイソフラボンにも注意点がいくつかあるので今回は

  • イソフラボンのサプリメントの注意点
  • イソフラボンサプリの選び方

をテーマにしてお話をしていきたいと思います。

 

イソフラボンの3つのメリット

ではまずイソフラボンが女性の薄毛や美容、健康に
どのように良いのかという点についてお話していこうと思います。

 

①女性の薄毛に良い

まず一つ目が

女性の薄毛対策になる

ということですね。

年齢による女性ホルモンの減少や
ストレスなどの女性ホルモンバランスの乱れが
女性の薄毛につながることがあるのですが、

女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするイソフラボンを摂取することで
薄毛対策に良いとされています。

特に40,50代の女性の場合、ちょうど女性ホルモン量がガクッと減ってくる
節目の年代ですので外からイソフラボンを補うのは大切です。

 

②女性特有の疾患のリスクを下げる

またイソフラボンは

  • 子宮がん
  • 子宮頸がん
  • 乳がん

といった女性特有の疾患のリスクを下げる働きがある
とも言われています。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは
乳房や子宮の組織の細胞分裂を促進する働きがあるホルモンなのですが、
細胞分裂が活発だとその分がんになるリスクが高くなるといわれています。

ここで女性ホルモン様作用を持っているイソフラボンを摂取することで
エストロゲンより先に乳房や子宮にある受容体と呼ばれる
女性ホルモンの受け皿に先にたどり着きます。

そうすることでエストロゲンの作用を抑え乳がんや子宮がんなどのリスクを下げる
ことにつながります。

 

③更年期症状の対策にもなる

また先ほども触れたように40,50代女性の中には

  • 骨粗しょう症
  • 動脈硬化
  • 脂質異常症
  • 尿失禁

などといった様々な更年期症状に悩まされてるという方も少なくありません。

ここに女性ホルモン様作用のあるイソフラボンを外から補うことで
更年期症状のサポートになるといわれています。

 

イソフラボンサプリの3つの注意点

というわけでイソフラボンには上記のようなメリットがあるのですが、
イソフラボンサプリを取り入れていくうえで注意点が大きく3つあります。

ではそれぞれ説明していきましょう。

 

①イソフラボンにも大きく2種類ある

イソフラボンには大きく分けて2種類あり

  • ゲニステイン
  • ダイゼイン

があります。

イソフラボンのゲニステインとダイゼイン引用元URL:http://www.kagayaki-project.jp/ingredients/isoflavone.html

 

この2つの大きな違いは作用の強さです。

ゲニステインはエストロゲンに化学構造が似ているため
女性ホルモン様作用が強いです。

それに比べダイゼインのほうが女性ホルモン様作用が
マイルドです。

ではどちらが良いのでしょうか?

結論から言うとダイゼインのほうがおすすめです。

なぜならせっかくエストロゲンの作用を抑えようとしているのに
そこに作用の強いゲニステインイソフラボンが来ると意味がなくなってしまうからです。

なので作用のマイルドなダイゼインのほうが良いといわれています。

また更年期の場合もマイルドなほうが体への負担が少ないので
オススメですよ。

 

②乳がんや子宮がん家系の方は注意が必要です

2つ目の注意点ですが、これはとっても大切です。

ご自身に婦人科系の疾患がある方や乳がんや子宮がんの家系にある場合は
イソフラボンサプリを飲む際は注意が必要です。

先ほど乳がん、子宮がんのリスクを抑えるという話をしたのに
全く逆のことなのでややこしくなってしまうのですが、

乳がん家系の方などは受容体が敏感な為
少量のイソフラボンであっても細胞増殖による乳がんなどのリスクが
高くなる可能性があるといわれています。

特にゲニステインのような女性ホルモン様作用の強い
ものは特に注意が必要です。

なのでご自身が婦人科系の疾患を持っている、
乳がんや子宮がんなどの方が近親者にいるなどの場合は
お医者さんや薬剤師さんに相談されてみるといいと思います。

 

③過剰摂取をしないように注意すること

最後の注意点は

イソフラボンサプリを過剰摂取しないこと

です。

過剰摂取することでも乳がんなどのリスクも高まる可能性があるので
絶対に摂取量は守ってください。

イソフラボンの摂取の上限値は1日に75mg
そのうちサプリメント等の健康食品からの上限値は30mgに設定されています。
※アグリコン型としての値です。

 

イソフラボン量の表示も2種類ある

またイソフラボン量の表し方も2種類あり

  • グルコシド型
  • アグリコン型

の2つがあります。

アグリコン型とグルコシド型引用元URL:http://www.kagayaki-project.jp/ingredients/isoflavone.html

多くの大豆食品は

【イソフラボン+糖】

の形でできておりこれをグルコシド型と言います。

腸内で切り離されることでアグリコン型になり
吸収されやすい状態になります。

サプリメントの場合はもうすでにイソフラボンと糖が切り離されており
アグリコン型として配合されている場合が多いです。

なのでサプリメントで注意してみておくべきなのが

グルコシド型とアグリコン型を同じ量摂取しても
イソフラボンとしての摂取量は変わってくる

ということですね。

サプリメントの場合、
イソフラボンをアグリコン換算した数値で表示してあるので
それが30mgを超えないように摂取しましょう。

ちなみにグリコシド型をアグリコン型に換算する場合

1mg=0.625mg

になります。

なのでグリコシド型を40mg摂取したとしても

40×0.625=25mg

25mgのアグリコン型の摂取になるので過剰摂取にはなりません。

 

過剰摂取することで甲状腺機能の低下につながる恐れもある

植物には反栄養素とよばれる外敵から守るための生物毒なるものが
含まれています。

その中の一つにイソフラボンも含まれるのですが、
このイソフラボンが甲状腺機能を低下させてしまう恐れもあります。

甲状腺機能が低下すると

  • 太りやすくなる
  • 抑うつ症状
  • 慢性的な疲労感
  • むくみ
  • だるさ
  • 便秘
    etc…

といった様々な症状が出てしまいます。

もちろん通常の摂取量でそのような心配はありませんが、
サプリメントなどで過剰に摂取することでこのような症状が
起きる可能性はありますので絶対に過剰摂取をしないようにしましょう。

 

薄毛に悩む40,50代女性のためのイソフラボンサプリ選びの2つのポイント

さてイソフラボンのメリットや注意点についてわかったところで
次はイソフラボンサプリの選び方です。

 

①ダイゼインタイプのイソフラボンサプリがオススメ

イソフラボンサプリメントを選ぶ場合

ダイゼインタイプのイソフラボンが良いと思います。

ただここで難しいのがどれがダイゼインタイプかということです。

大体のサプリでは何も書いていないのでその場合はほとんど
ゲニステインタイプと思ったほうが良いでしょう。

ただダイゼインというのは大豆の胚芽周辺の部分からしか取れないので
量も少ないので価格が高くなってしまうということが考えらます。

少し高価な¥3,000~4,000くらいのものであればダイゼインタイプ
のものもあると思います。

中には大豆胚芽のみから抽出と表記されているものもあり、
そういったものだとダイゼインタイプだと考えられます。

 

②1日数粒にわけて摂取するものがオススメ

また1日1粒で済むものよりも1日3~4粒のように
こまめに摂取するタイプのほうがおすすめです。

というのも食品から栄養を摂る場合でも一度に吸収できる量は
決まっているので何度かに分けて摂取したほうが吸収が良いのですが
サプリメントでも同じことが言えるからです。

なので選ぶ際は1日の目安量が1粒ではないものを選ぶといいと思います。

 

以上2つを目安に探していただくといいと思います。

 

また最近ではイソフラボンより良いスーパーイソフラボンと呼ばれる【エクオール】
と呼ばれるものがありそのサプリメントが注目されています。

その中でも当サイトではエクオール研究の専門ドクターと共同開発された

【エクオール+ラクトンビオン酸】

をおすすめしています。

更年期症状や更年期からくる薄毛に悩む女性にオススメのエクオール+ラクトビオン酸エクオールは大豆イソフラボンを代謝するときにできるもので
これが女性ホルモンと似た働きをするのですが、
女性の2人に1人は大豆イソフラボンを摂ってもエクオールを
作れない体質だといわれています。

そこで直接エクオールを摂取できるサプリが登場したというわけです。

エクオール+ラクトンビオン酸サプリは原料にも非常にこだわっており
ダイゼインを多く含む大豆胚芽抽出発酵物が使用されているのでおすすめです。

また薄毛に悩む女性だけでなく更年期症状でお悩みの方にも
オススメなので是非チェックしてみてください。

先にエクオール+ラクトビオン酸の公式サイトを見てみる

エクオール+ラクトビオン酸のおすすめポイントを見てみる

 

 

まとめ

さて今回はイソフラボンサプリメントについてお話しましたが、
いろいろ参考になりましたでしょうか?

今回の話をまとめると

  • 飲むなら作用のマイルドなダイゼインタイプのものを選ぶ
  • 乳がん家系の方は飲まないほうが良い場合もある
  • 過剰摂取は必ずまもること

以上です。

リスクや注意点についてもお話しましたが、
お家に乳がん家系の方以外であればそんなに気にせず
サプリを服用していっても良いと思います。

ただ何回も言いますが摂取量はちゃんと守りましょうね。

もし家系にそういった方がいる場合はお医者さんに相談してみましょう。

ぜひ参考にしてくださいね。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る