サプリのビタミンと医薬品のビタミンはどっちが女性の薄毛に良いの?

最終更新日: 2017年5月18日



サプリメントと医薬品の比較のイメージ画像
女性の皆さんの中には

  • 美容目的
  • 健康維持

などを目的としてサプリメントを飲んでいるという方も多いと思います。

また最近では薄毛に悩む女性の為のサプリメントなども登場しており
薄毛対策としても飲まれるようになりました。

サプリメントは薬ではなく食品扱いになるのですが、
そんなサプリメントにも医薬品のものがあります。

少し語弊があるかもしれませんが、
医薬品登録のビタミン剤などを指します。

こういったものは【第○類医薬品】に分類されるもので
薬剤師さんや登録販売者のいるお店で購入ができる医薬品たちになります。

皆さんの身近なものであれば

エーザイさんの『チョコラBB』や、
タケダの『ハイシー』などがありますが、

これらの食品と医薬品の違いは何なのでしょうか?

というわけで今回は

  • サプリメントのビタミンと医薬品のビタミンの違いって何?
  • 女性の薄毛にはどちらがオススメなの?

というテーマでお話をしていきたいと思います。

 

医薬品のビタミンのメリット、デメリット

ではまず医薬品についてお話していこうと思います。

医薬品の長所を並べていくとこれらがあります。

 

医薬品のメリット

 

1.原料に安全なものが使われている

医薬品の場合、決まった素材から栄養を摂っています。

サプリメントにあるようなあれこれいろんな素材を使用していないので
安全性が高いです。

 

2.効果が出るような処方になっている

医薬品なのでちゃんと効果が出るような処方になっています。

なので特定の症状に対して合った医薬品のビタミンなどを服用することで
きちんと効果を得ることができます。

女性の薄毛治療の医薬品であれば、
パントガールパントスチンがそれに当たります。

女性の薄毛治療におすすめなパントガール-その費用や使い方について
FAGA治療薬のパントスチンとは?使用方法や費用や副作用について

 

3.栄養素の量が基準値配合されている

一般に売られているようなサプリメントの中には
記載されているものより栄養素の量が少ない商品がいくらかあるようですが、
医薬品の場合きちんと栄養素の量が配合されています。

 

4.ドラッグストアでも購入できる

冒頭お話したような『チョコラBB』、『ハイシー』といったものは
ドラッグストアでも簡単に購入できるのもメリットの一つです。

 

 

医薬品のデメリット

ではデメリットはどうなのでしょうか?

 

1.素材は信頼できるが、基本は合成原料である

先ほどメリットで素材が安心だと書きましたが、
基本的に合成原料であることが逆にデメリットになる場合もあります。
サプリの天然原料と合成原料-女性の育毛の為のサプリはどっちが良い?

 

2.意外と添加物が含まれている

サプリメントを作るうえでどうしても欠かせない添加物ですが、
医薬品の場合意外とその添加物が多いようです。

添加物自体を悪いものだとは思いませんし、
もちろん医薬品なのできちんと胃で溶けて吸収されるようにできていますが、
できることなら少ないほうが良いのかもしれません。

 

3.一つの栄養素ずつしか摂れないものが多い

医薬品場合、サプリメントのようなマルチビタミン&ミネラル
のようなものはなく多くの場合は一つの成分のものが多く、
多い場合でも数種類までのものしかないです。

なので複数服用したい場合、何種類も買わないと
いけないのと、服用する薬の量が増えてしまい大変です。

 

サプリメントのメリット、デメリット

では今度はサプリメントについてお話していきましょう。

ではまずは長所について。

 

サプリメントのメリット

 

1.天然原料由来の成分がある

医薬品の場合基本合成原料だとお話しましたが、
サプリの場合食品扱いなので、他の原料を使ってもOKです。

なので天然由来の原料を使っているものだと安心ですし吸収率も高いです。

例えば女性には欠かせない鉄分ですが、
胃に負担のかからない『ヘム鉄』のようなものは医薬品にはありません。
鉄分不足は貧血や女性の薄毛の原因!鉄分サプリ選びの3つのポイント

 

2.多数の栄養素を組み合わせた物がある

医薬品ではないマルチビタミン&ミネラルのような
多種類の栄養素をまんべんなく摂取することができます。

 

3.長期にわたって使用できる

医薬品のように薬ではなく食品なので病気だから使うのではなく、
体調がすぐれないなどのサポートに長期にわたり使うことができます。

 

4.病院に行かなくてもよい

市販で売っている医薬品ビタミンもありますが
中には病院に行かなくては処方してもらえないものもあります。

  • 病院にいくことに抵抗がある
  • 誰にも知られたくない
  • 恥ずかしい

という気持ちをお持ちの女性も多くいらっしゃると思いますので
そういった方もサプリメントならハードルが低く、
ドラッグストアやネットなどでも購入が可能なのではじめやすいです。

 

サプリメントのデメリット

では続いてデメリットについてお話します。

 

1.商品数が多く低品質のものもある

ドラッグストア、ネット、テレビ通販など様々なところから購入でき
種類も尋常じゃなく多いので中には低品質のものもあり
選ぶのが難しいという部分が大きいです。
薄毛に悩む40,50代女性がサプリを選ぶ、購入する際の注意点を徹底調査!

 

2.薬事法(薬機法)の規制がある

あくまで食品なので効果や効能などに関する
表示が規制されているので、その点について分かりにくい部分が多いです。

 

 

結局女性の薄毛には医薬品とサプリはどっちが良いの?

というわけで医薬品のビタミンとサプリメントのビタミンの
メリット、デメリットについてお話していきましたが、

「結局どちらが女性の薄毛対策にはおすすめなの?」

と思う方も多いでしょう。

個人的にオススメなのはサプリメントのビタミンですね。

その理由は上記でもお話しているように

  • 天然原料のものがある
  • 長期的な服用も安心
  • マルチビタミンなどの複合タイプがあるのでお手軽

などの理由があるからです。

 

そして当サイトでおすすめしているのが

【マイナチュレサプリメント】

です。

薄毛に悩む40,50代女性にオススメなマイナチュレサプリ

薄毛に悩む女性のことを考えてつくられているだけでなく
女性に美容や健康も考えられています。

また口に入るものなので安全性にもこだわった無添加処方になっているので
とってもおすすめです。

先にマイナチュレサプリを公式サイトでチェックしてみる

マイナチュレサプリのおすすめポイントを見てみる

 

また女性の薄毛対策として医薬品を飲むのであれば
途中も少し触れたような

  • パントガール
  • パントスチン

などがあります。

ただしどちらが必要なのかはお医者さんの判断になりますので
育毛クリニックなどで相談されるといいと思います。

 

当サイトでは女性の為の育毛クリニックに【東京ビューティクリニック】
をおすすめしています。

育毛でクリニックに行くのが恥ずかしい女性も多いかと思いますが、
女性専用クリニックなのでそんな女性も行きやすい環境になっています。

またカウンセリングは無料なので薄毛に悩んでいる女性は
一度相談されてみてもいいと思います。

また場所も東京だけでなく

  • 札幌
  • 大宮
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡

とあるのでアクセスも良いのでおすすめです。


先に東京ビューティクリニックの公式サイトを見てみる

東京ビューティクリニックのおすすめポイントを見てみる

 

まとめ

以上医薬品とサプリメントのそれぞれを比較していきましたが
いかがでしたでしょうか?

それぞれ一長一短あると思いますし、
どっちが良い悪いはそれぞれの状態やライフスタイルにかかわってくると思います。

女性の育毛に関しても医薬品であれば効果はかなり期待できるでしょうが、
価格が高めなので一生続けていくと言うのは少し難しい部分もあるかもしれません。

ただ早く効果を実感したいという方は医薬品などのほうが合っているかもしれませんね。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る