薄毛に悩む女性にラウレス硫酸ナトリウムは良くない?その特徴と誤解について

最終更新日: 2017年10月30日



ラウレス硫酸は危険?のイメージ画像

 

最近はドラッグストアなども増え、インターネットでも簡単に
買い物ができるためヘアケア商品の数もたくさん出回っています。

それに伴いシャンプーについての情報もたくさん溢れており、
もちろん正しいものばかりでなく間違った情報も流れています。

その中でもよく耳にするのが

「ラウレス硫酸ナトリウムが女性の薄毛の原因になる。」

というものです。

というわけで今回は

  • ラウレス硫酸ナトリウムは女性の薄毛の原因になるの?

というテーマでお話していこうと思います。

 

 

ラウレス硫酸ナトリウムって何?

まず初めに

ラウレス硫酸ナトリウムが何なのか良くわからない。」

という方のために簡単にラウレス硫酸ナトリウムについて
お話しておきますね。

ラウレス硫酸ナトリウムはシャンプーに使われている界面活性剤の一種です。

界面活性剤はシャンプーで言うところの洗浄成分として主に使われるもので

油と水を混ぜる性質をもつもの

と覚えてもらうと良いです。

またラウレス硫酸ナトリウムは高級アルコール系の界面活性剤に分類されます。

  • 発泡性が良い
  • 洗浄力が高い
  • コストも安い

という特徴を持っておりシャンプーに非常に使いやすい成分として
今も多くのシャンプーのベースの洗浄成分として使われています。

もし今あなたが使っているシャンプーがドラッグストアで購入したものであれば
もしかしたら裏側を見たら書いてあるかもしれません。

 

なぜラウレス硫酸ナトリウムが危険視されるようになったの?

というわけで本題に入っていきますね。

近年ではやたらラウレス硫酸ナトリウムが悪い意味で注目されるようになりました。

どこの誰から言いだしたのかはわかりませんが、

  • 石油からつくられていて発がん性がある
  • ラウレスは刺激が強く、頭皮環境を悪くする

ということがよく言われるようになりました。

また名前の似ているラウリル硫酸ナトリウムという成分とならべて
非常に悪い2大成分とされていて可愛そうな扱いを受けています。

 

実際のところラウレス硫酸ナトリウムは悪いの?

では実際のところこのラウレス硫酸ナトリウムは悪いのでしょうか?

 

現在は植物を原料に作られているものが主流になっている

最近では石油から作られているというものはほぼないといわれていて
植物から生成されているものがほとんどだと言われています。

また低コストで使いやすいというのはあると思いますが、
ある程度安全性が高いゆえに今のシャンプーの主流として
使われているのではないかと考えられます。

 

洗浄力は強いが悪いわけではない

また確かに泡立ちが良く洗浄力は強いという特徴がありますが、
だからと言って悪いわけではありません。

もちろんシャンプーのメインの洗浄成分として使われていれば
洗浄力が強すぎるかもしれませんが、
上手に使うことでその特徴が活かすこともできます。

これについては後ほど詳しくお話していきますね。

 

ラウレスと一口に言っても良い物から悪いものである

また生成するうえでの精度もあるので品質に良い、悪いが存在するようです。

ラウレス硫酸ナトリウムはあくまで代表名なのでその良し悪しまでは
ラベルを見ただけでは判断がつかないというのが現状ですね。

ただ大手メーカーのシャンプーに配合されているようなものであれば
ある程度問題ないと思います。

 

ラウリル硫酸ナトリウムには注意が必要

ただ似たような名前の

ラウリル硫酸ナトリウム

には注意が必要です。

ラウリル硫酸ナトリウムは工業用の洗剤としても使われるほどなので
ラウレスより残留性が高く、洗浄力も非常に強いため
シャンプーに使われている分にはあまりお勧めできません。

 

以上のような理由がありますが、結果何が言いたいかというと

ラウレスが入っているから悪いということは無いです。

 

ラウレス硫酸ナトリウムも使い方次第

これまでのお話からラウレス自体は悪くないですが、
は洗浄力が高いため皮脂を取りすぎてしまうことも
あるかもしれないということもお分かりいただけたと思います。

ただそれはあくまでラウレス硫酸ナトリウムをシャンプーのメインの界面活性剤に
使用している場合です。

 

良く市販されている市販シャンプーの場合

良く市販されているシャンプーの場合

ラウレス硫酸ナトリウム(メイン) + 補助的な界面活性剤

というパターンで作られているものが多いです。

この場合泡立ちはよく洗浄力も高いのですが、その分肌質によっては
皮脂を落としすぎて頭皮を弱らせてしまう可能性があります。

 

ラウレスを補助的に配合している場合

あくまで例ですが

メインの界面活性剤 + ラウレス硫酸ナトリウム

この場合は、メインの界面活性剤だけでは補いきれない部分を
補うという目的で使用されています。

例えばメインの界面活性剤だけでは泡立ちが悪い、洗浄力が足りない
という場合があります。

なので

ラウレスが入っている=悪いシャンプーではない

ということを覚えておいてくださいね。

 

他にも洗浄力が強い界面活性剤もある

また最近ではラウレス硫酸ナトリウムのイメージが悪すぎるために似たような特徴をもった

オレフィンスルホン酸

が使われているシャンプーが増えてきたように感じます。

ノンシリコンシャンプーなどでよく見かけますね。

このオレフィンスルホン酸もラウレス硫酸ナトリウムと同等くらいの洗浄力、発泡性をもつのですが、
イメージがクリーンであるため使われるようになったようです。

ですがこれがメインの界面活性剤で使われている場合やはり洗浄力が強めに
なってしまうので洗いすぎにつながる場合が多いです。

特にノンシリコンシャンプーの場合コーティング成分が入っていないので

  • ギシギシする
  • キシつく
  • パサつく

といった経験がある女性も多いかもしれませんが、これはノンシリコンだからというより
洗浄力が強すぎるために起きていると考えられますね。

 

薄毛に悩む女性にオススメのシャンプーは?

そして薄毛に悩んでいる女性の場合は

  • 洗いすぎによる皮脂の取りすぎ
  • 乾燥による頭皮環境の悪化

といったことが起きていることが多く、これまでのお話でできたような脱脂力の比較的強い

  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • オレフィンスルホン酸ナトリウム

といったものが主体のシャンプーはこれまでお話した通り、
少し負担になりやすい傾向にあります。

なので私としては

アミノ酸ベースのシャンプーがおすすめです。

アミノ酸をベースにしてあり補助としてラウレスを使ってあるものであれば
洗浄力も比較的穏やかで泡立ちも良いシャンプーになっているものもあります。

当サイトではアミノ酸ベースの

【マイナチュレシャンプー】

をおすすしています。

マイナチュレスカルプシャンプー

洗う力がマイルドで薄毛や抜け毛、頭皮トラブルにお悩みの女性に
オススメのシャンプーです。


先にマイナチュレシャンプーの公式サイトをチェックしてみる

マイナチュレシャンプーのおすすめポイントを見てみる

 

 

まとめ

今回の話をまとめてみると

  • ラウレス硫酸ナトリウムは界面活性剤の一種で泡立ちが良く洗浄力が高い
  • ただ残留性は低く安全性は高い成分である
  • シャンプーのメインで使用されている場合は皮脂を取りすぎてしまう場合がある
  • 使い方によってその特徴をうまく活かすことができるので配合されているから
    悪いとは限らない

以上です。

現在も良く使われているラウレス硫酸ナトリウムですが、これだけ多く使用されていて
あまり大きな問題も出ていないのはそれなりに安全性の高い成分だからだと思います。

ただスッキリ感がなかったり、きちんと洗えないシャンプーのほうがクレームにつながりやすいので
ラウレス硫酸ナトリウムをメインにしたようなしっかり洗えるタイプのシャンプーが登場したという
背景もあると思います。

ですが今回お話したように

ラウレス=悪い

ではないのでそこだけは覚えておいてくださいね。

またラウレス硫酸ナトリウム以外にも界面活性剤はたくさんあって

「薄毛に悩む女性にはこれがオススメ」

というものもあります。

それについては

シャンプーの界面活性剤は大きく3種類-薄毛に悩む40,50代女性はどれが良い?

にてお話していますので参考にしてくださいね。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る