【重要】薄毛に悩む40,50代女性のシャンプー選びと4つのポイント

最終更新日: 2017年5月18日



シャンプーの選び方のイメージ画像

 

 

「最近朝スタイリングが難しい。」
「てっぺんがペタンとする。」
「髪が細くなってパサつくようになった。」
「前髪が張り付く、透ける。」

40,50代になるとこのような髪や薄毛の悩みを
お持ちの女性が増えてきます。

そして40代、50代女性の薄毛対策の基本となるのが

シャンプー

なのですが、
今現在世の中にあふれかえっているシャンプーの中から
選ぶというのはとても大変な作業です。

というわけで今回はシャンプージプシーの女性も多いので

  •  薄毛に悩む40、50代女性のシャンプー選び方とポイントについて

というテーマでお話をしていきたいと思います。

 

シャンプーを選ぶうえで一番大切なことって何?

まず初めに薄毛に悩む女性に限らずシャンプーの選び方の本質を言ってしまうと

あなたの肌質、体質に合ったものを選ぶ!

ということが一番大切になってきます。

これは言葉にするととっても簡単ですが、それを実践できている人は
実際にかなり少ないと思います。
多くの方は

『○○の成分が入っているから』

『薄毛に良い成分が配合されているから』

などの理由で安易に選んでいる方が多いと思います。

ですがその成分が入っているのは良いのですが、
洗浄力など肌質に本当に合っているのかは別問題です。

というわけで本当に肌質、体質に合うものとは何でしょうか?

  • 頭皮の炎症が治まる
  • アレルギー反応がおきない
  • 頭皮にかゆみが出ない
  • フケが出ない
  • 炎症が起きない
  • できものができない
  • べたつきがでない
  • 乾燥しない

大体この辺が挙げられると思います。

もちろんすべての症状は自分の体質に合ったシャンプーを使っていても
他の生活習慣の影響で出ることはありますが、
シャンプーを使いだしてすぐ異変を感じる場合は合っていない可能性があります。

 

シャンプーを探していくうえでの4つのポイント!

ではどうやったら自分に合ったシャンプーを探せるのでしょうか?

大きく分けて

  • 自分の肌質や体質を知っていこう
  • シャンプーの種類について知っていこう
  • シャンプーの洗浄成分の組み合わせを知っていこう
  • 価格から選んでみよう

といった4つポイントがあるので少し長くなると思いますが
参考にしてください!!

というわけでひとつずつ説明していきます。

 

1.自分の肌質や体質を知っていこう

 

自分の肌質を知ろう

まずはじめに自分の肌質や体質を知ることです。

例えば

  • 乾燥肌なのか?
  • 脂性肌なのか?
  • 敏感肌なのか?
  • どんなアレルギーを持っているのか?

などですね。

これを知らずに自分に合うシャンプーのは無理ですよね。

なんとなく感覚ではわかっているのですが、
自分で調べてまではないという女性が多いと思います。

 

肌質をチェックしてみよう

ですがどうやって自分の肌質を知ればいいか分からないという
方も多いと思いますので、1つ簡単にあなたが

  • 乾燥肌なのか?
  • 普通肌なのか?
  • 脂性肌なのか?

というのをチェックできる方法をお伝えして言いますね。

方法はとっても簡単。

シャンプーしてドライ後に10分、20分、30分と
三回に分け頭皮を指の腹で触っていきます。

これだけです。

この時指に皮脂がつくのが

  • 10分であれば脂性肌
  • 20分であれば普通肌
  • 30分であれば乾燥肌

と言われています。
またお大きな目安で見るのであれば、顔と頭皮は同じ一枚の皮膚なので
お顔が脂性肌なら頭皮も脂性肌である場合が多いです。

ただお肌同様、最近では混合肌と呼ばれるタイプの肌が多いです。

というのも乾燥はしているが、それを補うために皮脂を過剰に分泌している
場合があるので先ほどのチェック方法をまずは試したほうが良いと思います。

また薄毛に悩む40,50代の女性の多くは女性ホルモンの減少や加齢によって
乾燥しやすい状態になっています。

もし皮脂量が多いようであれば先ほどお話したようなインナードライと言われる
混合肌の可能性があります。

 

アレルギーのあるかどうかを調べよう

続いてアレルギーの有無に関してですが、
これに関しては自分で気づいていない方もとっても多いようです。

ただ日本人には花粉症のように植物に対して非常に弱い方も多くいらっしゃいます。

花粉によっては春先、もしくは秋口、中には年中気づかないうちにアレルギー症状が
出ているという方もいらっしゃるようです。

アレルギーと聞くと目のかゆみや鼻水、くしゃみなどといった症状を思い浮かべるかも
知れませんが、頭皮や肌というのもアレルギー症状が起きる場合があります。

直接シャンプー選びとは関係ないですが、
もしかしたら慢性的な頭皮の炎症はこうしたアレルギー症状から来ている可能性もあります。

もし怪しいなと思ったらまずは皮膚科などの専門機関で調べてもらうことをおすすめします。

 

2.シャンプーの種類について知っていこう

 

シャンプーの種類について知っていこう

続いて第2のポイントです。

次に必要なのはシャンプーにはどんな種類があってどんな特徴があるのか?

ということについて知る必要があります。

 

シャンプーは大きく分けて3種類ある

シャンプーには大きく3種類あり

  • 高級アルコール系
  • 石けん系
  • アミノ酸

に分かれます。もちろんそれぞれ特徴も違いますし、
適正な肌質も変わってきます。

 

①高級アルコール系

一般的に多く市販されているものには高級アルコール系の
シャンプーが多く泡立ちが良く洗浄力が高いのが特徴です。

代表的なものでいいますと

ラウレス硫酸ナトリウム

がメインの洗浄成分として使われています。

 

②石けん系

次に石けん系なのですが、石鹸なのでアルカリ性の特性を持ち
皮脂などはしっかり落とせるのですが、弱酸性のお肌には少し
刺激が強いです。

しかし中には弱酸性系の石けんシャンプーがあるのでその辺は
おすすめできるものもあります。

石けん系といわれるだけあって

  • 脂肪酸ナトリウム
  • 脂肪酸カリウム

といったものが使われています。

 

③アミノ酸系

最後は最近よく見かけるアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸は体を作っているたんぱく質をもっと細かくしたもので、
基本的には肌への刺激が少なくとても優しく洗えるのが特徴です。

代表的なもので言うと

  • ○○グルタミン酸
  • ○○アラニン

といった最後にアミノ酸の名前がつく成分がメインとして配合されています。
以上3つが大きく分けた3種類です。

この辺の話については
シャンプーの界面活性剤は大きく3種類-薄毛に悩む40,50代女性はどれが良い?
でも詳しくお話していますので良ければ読んでみてくださいね。

この3つの種類のそれぞれの特徴から選んでみてもいいと思います。

ただこれからお話しますが、
もう少し詳しく知るともっと自分に合ったシャンプー選びがしやすくなると思いますので
お付き合いください。

 

3.シャンプーの洗浄成分の組み合わせを知っていこう

 

マイナチュレシャンプーの成分表示

続いて第3のポイントです。

まずここで大事になるのが

シャンプーは界面活性剤を何種類かミックスして作られている

ということです。

お家にあるシャンプーを見てもらうと分かるのですが、
シャンプーの洗浄成分というのは何種類も組み合わせてあり、
そのメリットをさらに伸ばし、デメリットを補うというつくりをしています。

なのでこの組み合わせについて知るともっと自分の肌質に合うシャンプーを
選びやすくなると思います。

 

○○が入っているからダメとかはない

ここで勘違いしてほしくないのが

○○(界面活性剤の名称)が配合されているからダメ!
※中にはダメなのもあります。

なんていう偏見ですね。

よく言われているのは

ラウレス硫酸ナトリウム

があると思います。

石油系の洗浄成分だとかいわれて悪いイメージが強い成分ですが、
最近では石油から作られていませんし植物性のものが主流です。

詳しくは
薄毛に悩む女性にラウレス硫酸ナトリウムは良くない?その特徴と誤解について
でお話していますが、ラウレス硫酸ナトリウムといってもそのクオリティもピンからキリまでありますし、
洗浄力も同じくらい強い成分も他にもあります。

 

どうやって洗浄成分の組み合わせを見ればいいの?

では話を戻しますね。

先ほど話した界面活性剤のミックス、つまりは組み合わせが非常に
大切でここでシャンプーの特徴が決まります。

まず見ていただきたいのは水の次、つまりは洗浄成分として

水の次に来る成分

ここを注目してください!!

これが一番多く入っていてメインの洗浄成分なので、
ここでシャンプーの洗浄力やベースが決まってきます。

例を挙げると

 

一番最初がラウレス硫酸系などの高級アルコール系の成分の場合

良く高級アルコール系シャンプーと呼ばれるものですね。

泡立ちが良く脱脂力も強めのシャンプーになりやすいです。

 

一番最初がココイルグルタミン酸などアミノ酸系の場合

こちらはアミノ酸系シャンプーと呼ばれるものですね。

泡立ちはそこそこでやさしい洗浄力である場合が多いです。

その次、つまり3番目以降に来る成分たちが最初の成分のデメリットをサポートしたりしています。

例えばアミノ酸だけだと泡立ちが悪かったり、洗浄力が足りないので、
もう少し泡立ちが良くなる成分や洗浄力をプラスしてくれる高級アルコール系
や両性系の界面活性剤などを後から入れる場合も多いです。

すべてアミノ酸系だと少し泡立ちなどは足りない場合もありますが、
そこら辺他の成分にもよりますし、使ってみないと分からない部分もあります。

また最初が高級アルコール系の場合だと後から洗浄成分を緩和する
成分を足してもある程度の脱脂力は持っているので乾燥肌の方には
オススメではない場合が多いと思います。

 

4.価格から選んでみよう

 

価格からシャンプーを選んでみよう

さて最後のポイントです。

  • 肌質
  • シャンプーの種類
  • 洗浄成分の組み合わせ

などシャンプーについてのお話をしていきましたが、
やはり毎日使うものなので

価格

というのもシャンプー選びにはとっても重要な要素だと思います。

余りに高いと続けられないですし、
安すぎるとあまり良いシャンプーであるとは言えない場合も多いです。

やはり質の良いシャンプーを作るためにはコストもかかるため
値段も高くなる傾向にあるからですね。
シャンプーを選ぶ際の価格の目安としては

200mlサイズで¥1500~3000

位だと考えています。

価格の幅が広いですが、200mlでも1ヶ月半~2か月くらいは持つと思うので
そんなにコストパフォーマンスは悪くないと思います。

あとは家族に勝手に使われないようにしたほうが良いですね。笑

 

結局どのシャンプーが薄毛に悩む40,50代女性にオススメなの?

というわけで4つのポイントをお話していきましたが、
結局のところどれを選んでいいかわからないという女性が多いと思います。

私個人としては今回お話した中で言うなら

アミノ酸系のシャンプー

をおすすめしています。

なぜなら

薄毛に悩む40,50代女性の多くが洗いすぎているから

です。

途中お話したように年齢を重ねていく毎に女性の肌は乾燥しやすくなっています。

そこに洗浄力の高いシャンプーで毎日ゴシゴシ洗うのは地肌にとってかなり
負担になりますので女性の薄毛の原因にもつながります。

シャンプーには育毛剤のように髪の毛を生やす成分などは入っていませんが、

頭皮環境を整えて髪の毛がきちんと生えるための土台をつくる

という意味では絶対に必要不可欠なものです。

なので今回の話で言うところの
優しい洗浄力を持ったアミノ酸シャンプーがオススメということですね。

ちなみに当サイトでおすすめしているのがアミノ酸シャンプーの

【マイナチュレシャンプー】

です。

薄毛に悩む40,50代女性のおすすめのマイナチュレシャンプー

泡立ちもかなり良いので少量でもしっかり泡立つのでコストパフォーマンスも良いです。

また先ほどもお話お話したアミノ酸系シャンプーなので
女性の薄毛や抜け毛の原因である洗いすぎによる乾燥でお悩みの方にオススメです。


先にマイナチュレシャンプーの公式サイトをチェックしてみる

マイナチュレシャンプーのおすすめポイントを見てみる

 

 

まとめ

以上少し長くなってしまいましたが、薄毛に悩む女性のシャンプーの選び方
についてお話させていただきました。

もう一度ポイントをまとめると

  • 自分の肌質、体質を知ろう
  • シャンプーの種類を知っていこう
  • シャンプーの洗浄成分の組み合わせを知っていこう
  • 価格から選んでみよう

この4つですね。

これでやっと自分に合うシャンプー候補を絞ることができます。

あとは実際使ってみないと、泡立ちの良さや、頭皮の洗い上がり
などはわからないですが、ある程度シャンプー選びの指針にはなると思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

ありがとうございました!!



サブコンテンツ

ページのトップに戻る