薄毛に悩む40,50代女性は石けんでシャンプーしてもいいの?

最終更新日: 2017年5月18日



石けんでシャンプーしてもいいの?のイメージ画像

 

女性の中には

髪を洗うのに石けんを使っている

という方は意外と多いようです。

石けんは昔から使われている洗剤の一種で
私たちの生活にとっても身近なもので
現在でもとても親しまれているものです。

なので生活の【洗う】というものは
ほとんど石けんを使っているというナチュラル志向の
女性も少なからずいらっしゃいます。

ですが石けんでシャンプーしたことがある方なら
分かるように

かなりキシつきます。

というわけで今回は

  • 薄毛に悩む40,50代女性は石けんでシャンプーをしてもいいの?

という事を今回のテーマにしてお話していきたいと思います。

 

 

石けんには大きく分けて2種類ある

【石けん】と一口に言っても最近では
色々なものがあり大きく2つに分けることができます。

 

①白っぽい固形のタイプ

このタイプが私たちが石けんと聞くと一番最初に思い浮かべる
と思われるタイプの石けんです。

脂肪酸ナトリウムを主成分にしています。

 

②透明な液体、固体のタイプ

これは世間一般で言われている石けんシャンプー
と呼ばれているものです。

最近でこういった石けん系シャンプーと呼ばれるものも出ており
液体タイプなのでシャンプーに適したものになっています。

脂肪酸カリウムというものを主成分としているものです。

 

薄毛に悩む女性は石けんでシャンプーしてもいいの?

というわけで石けんには大きく2種類あって石けん系シャンプー
と呼ばれるようなものまであるということがお分かりいただけたと思います。

【石けん系シャンプー】

というくらいだからシャンプーに使ってもいいんじゃないの?

思いますよね?

結論から言うと

一般的な石けんシャンプーは薄毛に悩む女性にオススメではない!

ということが言えます。

ただすべての石けん系シャンプーが悪いのではなく
その特徴、長所や短所をしっかり理解しておかないといけません。

 

一般的な石けん系シャンプーの長所と短所

では一般的な石けん系シャンプーには
どのような長所と短所があるのでしょうか?

 

長所

  • しっかり汚れを落とせる
  • 天然成分である
  • 洗い上がりがすっきりする
  • 分解性が高く、環境に優しい

 

短所

  • 洗浄力が強い
  • アルカリ性であるため髪や地肌に負担がかかる
  • 石鹸カスがのこる
  • キシつく

これらのように分けられます。

 

石けんシャンプーを使う上で知っておきたい3つのこと

というわけでそれぞれの長所や短所を挙げていったのですが、
これらを踏まえて石けんシャンプーを使っていくうえで
知っておいていただきたいことが3つあります。

  • しっかり汚れが落とせるが洗浄力が高いという2面性
  • 分解性が高いがアルカリ性だという2面性
  • 石鹸カスが残ってしまうことも頭皮トラブルの原因の一つ

この3つですになるわけですがそれぞれどういった注意点なのでしょうか?

 

1.しっかり汚れが落とせるが洗浄力が高いということ

石けんは比較的洗浄力が高いのできちんと汚れは落とせるのですが、
男性に比べ皮脂量の少ない女性には少し洗浄力としては
高い場合が多いと考えられます。

実際にしばらく使ってみて問題なければ良いですが、

  • 乾燥
  • フケ
  • かゆみ

といったことが起きてくるようであればあまり長期間の使用は
おすすめできないです。

また40代、50代の多くの女性がカラーやパーマをしていると思いますが、
洗浄力が強いということは髪のダメージもつながりますので
あまりおすすめとは言えません。

 

 

2.分解性が高いがアルカリ性だということ

また石けんは分解性が高く濃度が薄まるとすぐにその洗浄力を失います。

これは通常シャンプーで使われるような界面活性剤と違い
頭皮や肌に残って刺激になりにくいことを意味します。

これは昔から今まで石けんが愛用されている理由の一つなのですが、
ただ石けんにはアルカリ性であるというデメリットも存在します。

皆さんもテレビなどで知っていると思いますが、
頭皮や肌は弱酸性です。

そこにアルカリ性の石けんを使うと肌への負担が強すぎますし、
アルカリは皮脂や油を分解する性質があるので、
上記で話したような強い洗浄力に加えて、
さらに髪や地肌の脂分を取りすぎてダメージさせてしまう可能性が高いです。

特に薄毛に悩む女性の多い年代は40代~の方が多いかと思います。

その年代は20,30代の女性に比べてさらに皮脂量が少なくなっています。

そこにアルカリ性のものを使用するとさらに頭皮へのダメージも大きいので
オススメできない理由の一つです。

 

3.石鹸カスが残ってしまうことも頭皮トラブルの原因の一つ

さらに石けん系シャンプーを使用しているとその特性上

石鹸カス

という白いカスが髪から出てしまうこともあります。

これが出てしまうのは石けんが髪を洗うときの【水】に含まれる

  • マグネシウム
  • カルシウム

といったものと反応することで

  • 脂肪酸カルシウム
  • 脂肪酸マグネシウム

になってしまうことで起きます。

ちなみにこれは金属石けんと呼ばれているもので髪のギシギシ感
の原因の一つでもあります。

またこれまで通常のシャンプーやトリートメントなどを使っていた方が
石けんシャンプーに切り替えると、
これまでに使っていたシャンプーやトリートメントなどの残留物が石けんと混ざり合うことで
ベタベタするタイプの石鹸カスが出てしまうとも言われています。

それに加えてその状態でタオルなどで髪を拭く際の【繊維クズ】
も一緒に引っ付いてしまうのでこれも石鹸カスの一部となってしまうようです。

というわけで色々なタイプの石鹸カスがありますが、
それらが出るということは石鹸の成分が髪に残っているということが言えます。

またこれら石鹸カスが髪に残っているということは地肌にも残ってしまっている可能性も
十分にあります。

それにより

  • 頭皮トラブル
  • 毛穴の詰まり
  • 育毛剤の浸透を邪魔してしまう

などが考えれらます。

また髪に石けんカスが残ることで

  • カラーの染まりや持ちが悪くなる
  • パーマのかかりや持ちが悪くなる

といった事にも影響するのでこれも
石鹸シャンプーをあまりおすすめできない理由の一つです。

また職場の同僚などに石鹸カスが残っているのを指摘されたりするのも
嫌ですよね。

これらのようなことを防ぐために石けん系シャンプーで洗った後
いつまでもギシギシ、ベタベタ感が残っている場合は石鹸カスを落としてあげるとよいです。

 

ギシギシ感が残っている場合

この場合は金属石けんが残っているので

  • クエン酸やお酢などの酸性のものを薄めたものを髪になじませる
  • 石けんシャンプー専用の酸性リンスなどを使う

などをしてもらうと良いです。

 

ベタベタするタイプの石鹸カスの場合

この場合は何度か石けんシャンプーで洗っていると
これまで残っていた残留物が剥がされていくので徐々に気にならなくなってくると思います。

 

以上3つが石けんシャンプーを使う上で知っておきたい注意点です。

 

石けんシャンプーを使うのなら弱酸性タイプがオススメ

さて色々と石けんシャンプーについてのお話をしていきましたが、
少しマイナスな点が多かったとは思います。

それでも石けんシャンプーを使いたいという女性もいらっしゃると思います。

そんな方は

弱酸性系石けんタイプ

のシャンプーを使われるといいと思います。

先ほどもアルカリの部分で触れたよう私たちのお肌は弱酸性です。

そのpHは5,5くらいの弱酸性といわれており
それに近い弱酸性の石けんだと肌への刺激も少なくていいと思います。

 

オススメなのはラウレスカルボン酸ナトリウム

オススメなのは

ラウレスカルボン酸ナトリウム(ラウレス酢酸ナトリウム)

を使っているシャンプーです。

この成分は

植物から抽出したアルコール+酢酸

で作られていて酸性石けんとも言われています。

一般の石けんより洗浄力は抑えられていますが
適度な洗浄力を持っています。

またラウレス硫酸ナトリウムなどをメインとした
高級アルコール系のシャンプーに比べても地肌や髪への刺激も少ないので
オススメです。

ちなみに名前はラウレス硫酸ナトリウムと似ていますが全くの別物です。

ただこのタイプのシャンプーも一概には言えませんが、
ある程度の洗浄力は持っていますので

  • 乾燥肌
  • 乾燥からくるかゆみ
  • 乾燥したフケ

などが出るタイプの方には少し強いかもしれません。

 

【余談】弱酸性を使えばいいってものじゃない!

ここで少し余談ですが、

「石けんシャンプーに限らず弱酸性系のシャンプーを使えばいいの?」

と思った方もいらっしゃると思います。

ですがこれは大きな間違いです!

それはなぜでしょうか?

 

界面活性剤によって相性がある

というのも界面活性剤によっては

  • アルカリ性できちんとそのパワーを発揮できるもの
  • 酸性でそのパワーを発揮できるもの

といったようにそれぞれ特徴があります。

どの界面活性剤がどうで~…

ということまではわかりませんが、
多くの洗浄成分が酸性条件下では洗浄力が落ちてしまう
ということも言われています。

これが何を意味するかというと

強い洗浄力を持った界面活性剤をたくさん使用しなくてはならない

ということです。

なのでいくら弱酸性でもこれでも意味がありませんよね?

というわけで安易に弱酸性シャンプーならどれでもいいわけでは
無いということですね。

 

結局薄毛に悩む40,50代女性にはどれが良いの?

というわけで結局どれを選んだらいいんだ!

という話になってしまうのですが、
薄毛に悩む女性にオススメなのは

洗浄力がある程度抑えられているもの

ですね。

また今回の話を絡めると

弱酸性の状態でもきちんとパワーを発揮できるもの

ですね。

これらを満たすものとしてオススメなのは

アミノ酸系のシャンプー

です。

アミノ酸は弱酸性でもきちんと働ける性質を持っていますし、
分解性も石けん並みに高いので肌や頭皮や髪への刺激も少ない
というメリットもあります。

そして洗浄力も抑え目なものからそこそこ洗えるものまで
あり薄毛や抜け毛に悩む女性にはとてもおすすめなシャンプーです。

特に当サイトでおすすめしているのは【マイナチュレシャンプー】です。

薄毛に悩む40,50代女性のおすすめのマイナチュレシャンプー

アミノ酸系のシャンプーで洗浄力もマイルドなので
女性の薄毛や抜け毛の原因である洗いすぎによる乾燥でお悩みの方にオススメです。


先にマイナチュレシャンプーの公式サイトをチェックしてみる

マイナチュレシャンプーのおすすめポイントを見てみる

 

やはり良いシャンプーになると市販されているものより価格は高くなりますが、
実際使ってみるとその価値がお分かりいただけると思います。

 

まとめ

今回は石けんでシャンプーをしてもいいのかどうか?

という点についてのお話でしたがまとめていきますと

  • 石けんには固形と液体の大きく2種類がある
  • 石けんには長所短所がありそれぞれの注意点を知ったうえで使うことが大切
  • ただ女性の場合石けん系シャンプーは脱脂力が高いのであまりおすすめではない
  • もし石けん系シャンプーにこだわるのであれば弱酸性系の石けんシャンプーがオススメ
  • また弱酸性であればどのシャンプーでもいいわけではない
  • 薄毛に悩む40代、50代女性の場合アミノ酸系シャンプーがオススメ

以上です。

今回は石鹸に対してネガティブな話をしてしまったので愛用者の方がいらしたら
申し訳ありません。

ですが

石けんだから良いというわけではなく他にも選択肢はある

というのを少しでもくみ取っていただけたらなと思います。

またシャンプーの選び方については
【重要】薄毛に悩む40、50代女性のシャンプー選びと4つのポイント
でもお話していますので参考にしてくださいね。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る