シャンプーの界面活性剤の残留で育毛剤が浸透しないってホント??

最終更新日: 2017年5月18日



シャンプーの界面活性剤の残留と育毛剤の浸透について

以前
シャンプーの界面活性剤は危険?界面活性剤について知っていこう
という部分でお話しているのですが、

私たちが毎日使っているシャンプーには【界面活性剤】と呼ばれる成分が使われていて
この界面活性剤の力によって脂汚れを落とすことができています。

しかし実はこの界面活性剤によって育毛剤の浸透が邪魔されているかもしれない
というのをご存知でしょうか?

せっかくきちんとシャンプーして育毛剤も使ってマッサージしているのに
頭皮に吸収されていないとなんだかやり切れませんよね?

というわけで今回はその辺についてお話していこうと思います。

 

なぜシャンプーの界面活性剤が育毛剤の浸透を邪魔をするの?

では早速本題に入っていこうと思います。

先ほどもお話したように界面活性剤とは冒頭でお話したように
シャンプーの洗浄成分として配合されているものです。

そしてこの界面活性剤というのはどうしても残留してしまうんです。

というのも界面活性剤は

  • 水が好きな親水基
  • 油の好きな新油基

という全く逆の2つの特徴を持っているのですが、

引用元:東京都クリーニング生活衛生同業組合

髪や頭皮というのは油分が好きなので油の好きな新油基のほうが
引っ付いて残っちゃうんですね。

これにより髪や頭皮に界面活性剤が残留することで

  • 髪や頭皮がべたつきやすい
  • 頭皮や顔や背中などの炎症につながる可能性がある
  • トリートメントがうまく乗らない
  • パーマがかかりづらい
  • カラーで染まりにくい
  • 育毛剤が浸透しにくい

などが起きてしまうんです。

 

最近のシャンプー事情が関係しています

ではなぜ最近になってこのようなことが言われるようになったのでしょうか?

それは最近のシャンプー事情が関係してきています。

というのも少し前まではシリコンがたくさん配合されたシャンプーが多く出回っており、
そのシリコンが残留することが問題視されていました。

そうなるとシャンプーが売れなくなるので今度はノンシリコンシャンプーというタイプのシャンプーが
登場し始めました。

皆さんの中にも使ったことがある方が多いのではないでしょうか?

ノンシリコンシャンプーが出た当初はキシつく、ギシギシになる、引っかかるなどの
デメリットが出ていましたが、最近ではそれらをカバーできるようなノンシリコンシャンプーが出始めました。

それがこれまでのシリコンの代わりに界面活性剤をたくさん配合したシャンプーです。

界面活性剤を多めに配合することであえて髪に残留させ質感をアップさせようという処方になっています。

そういったシャンプーの界面活性剤には洗浄成分のやさしいものを使っているのですが、
配合量が多い分残留しやすいだけでなく結局洗う力が強くなってしまうというデメリットもあります。

さらにノンシリコンシャンプーでもトリートメントにはシリコンが配合されているものがほとんどなので
シリコンと界面活性剤のダブルで残留している可能性も高いと考えれらます。

どのシャンプーがそれに当たるのかといわれるとあまり名前は出せませんが、
これまで¥400くらいでだったものが¥1,000くらいで売られていますがその辺のシャンプーは
そうだといわれています。

ちなみにサロンで販売されているシャンプーはほぼノンシリコンシャンプーに分類されるのですが、
市販のノンシリコンシャンプーとは違い、ケラチンやコラーゲン、ぺリセアといった補修成分が
きちんと入っているため市販のそれらに比べて価格が高くなっています。

 

じゃあどう対処していけば良いの?

ではこうした界面活性剤の残留にはどう対処していけば良いのでしょうか?

この界面活性剤の残留は炭酸泉などでも落とすことができません。

最近ではこれを落とせるヘアケアアイテムも登場しているようですし、
扱っているサロンも少しづつ増えているみたいです。

なので残留界面活性剤をオフするにはサロンなどでやってもらうのが現実的かもしれません。

今後シャンプーは界面活性剤の量をなるべく低くしている物が主流になってくるのでは
ないかといわれていますのでそういったものを選ぶことも考えていかないといけないなと思いますし、
こうした頭皮や髪のリセットという考えは育毛においても大切になってくるかなと個人的に思っています。

また最近では

  • シリコンオフ
  • 保存料オフ
  • 着色料オフ

といったものが流行っていますが、これからは界面活性剤オフとまではいきませんが
界面活性剤○○%カットなんていう感じで出てくるかもしれませんね。

ちなみに今でも出ている界面活性剤オフというシャンプーは出ているのですが、
代わりに脂分を分解する酵素などが使われている場合が多く結構脱脂力が高い物もあるので
洗いすぎにならないように気を付けてほしいですね。

ちょっと脱線してしまいましたが界面活性剤はどうしても残留してしまうものですし、
仕方のないことなのですが私たちにできることは

必要以上に界面活性剤の入っているシャンプーは使わない

ということだと思います。

ただその見極めは正直難しいので見分けるとするのなら

  • サロン専売品のシャンプーかもしくは同等の価格のシャンプーかどうか
  • 成分的に補修成分が入っている割に安くないか?

などくらいしかないような気がします。

ちなみに補修成分がたくさん記載されているのに安いという場合は

  • 補修成分の配合量を抑えてある
  • 界面活性剤自体にコストをかけてない

などが考えられます。

シャンプー選びについては
【重要】薄毛に悩む40,50代女性のシャンプー選びと4つのポイント
にてお話していますのでぜひ参考にしてくださいね。

また
薄毛に悩む40.50代女性にオススメの育毛ケアシャンプーランキング
にて紹介しているシャンプーもアミノ酸系のマイルドなものを厳選していますので
良ければこちらもチェックしてみてくださいね。

 

今回の話での勘違いしてほしくないこと

また今回の話で勘違いしてほしくないのは

界面活性剤もシリコンも悪者ではない

ということです。

これらはどうしても必要なものですし、
使い方と使う量これらをきちんと抑えることで髪や頭皮への影響は最小限になります。

ただこれを極端に悪者扱いするような情報はあまり鵜呑みにしないほうが良いかもしれませんね。

 

まとめ

今回の話をまとめていくと

  • 界面活性剤は水と油になじむという2つの特性を持った物質でシャンプーでは
    洗浄成分に使われている
  • 最近のシャンプーは界面活性剤を多めに配合しあえて残留させることで髪の質感を
    アップさせるというものが登場している
  • 界面活性剤の残留をそのままにしても体に影響はないが育毛剤の浸透を邪魔したり
    頭皮のべたつきやカラーの染まりが悪くなるなどの影響が出てくる
  • 界面活性剤の残留は炭酸泉などでは落とせず、それを落とすヘアケア商品もまだまだ少ない
  • 私たちにできるのは界面活性剤が大量に配合されているシャンプーを選ばないようにすること
  • 界面活性剤もシリコンも悪者ではないということ

以上です。

シャンプーをしないわけにはいかないのでどうしても界面活性剤の残留というのは
起きてしまうのであまり神経質になりすぎてもいけないのですが、
なるべくそうしたリスクを減らすためにできることをできる範囲でやっていくことが大切だと思います。

少し難しい話になってしまったような気がしますが参考にしてみてください。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る