薄毛に悩む40,50代女性の方必見!オイルからミルククレンジングへ

最終更新日: 2018年1月29日



ミルククレンジングのイメージ画像

 

40代から50代の女性の皆さんはスキンケアはどうされていますか?

実は女性の薄毛対策にスキンケアは欠かせない要素になっています。

特に40代から50代の更年期と呼ばれる年代のスキンケアは特に大切です。

今回はそのスキンケアの中でも

  • クレンジング
  • 洗顔

についてのお話ですので参考にしてください。

 

今までの通りのクレンジングはNG!肌質に合ったクレンジングにしましょう

40代以上の女性で

  • 最近特に乾燥が気になる
  • 肌荒れが気になる

という方は一度洗顔やクレンジングを見直したほうが良いです。

特に更年期に差し掛かると女性ホルモン量もぐっと下がるので
肌荒れもしやすくなりますし、
皮脂量も少なくなり乾燥しやすくなります。

そこに従来のオイルクレンジングでは少し肌への負担が大きく
なりやすいのです。

またほとんどの方がクレンジングのあとで
泡洗顔をされていると思いますが多くのものがアルカリ性の洗顔料です。

肌は弱酸性ですがそこにアルカリ性の洗顔を使うと汚れはしっかり落ちますが、
一度アルカリ性に傾いた肌が弱酸性に戻るのには時間がかかります。

その間はバリア機能が低下した状態になるので肌も敏感になります。

また脱脂力も強いので先ほど話したような更年期の肌の状態に
使い続けるのは肌に負担になりやすいです。

 

おすすめなのはミルククレンジング

そんな肌質が変化してきて乾燥が気になる方に
おすすめなのが

ミルククレンジング

です。

 

ミルククレンジングのメリット

ミルククレンジングには

  • 肌の水分を残しつつ洗顔できる
  • 摩擦が少なく肌に負担がかかりにくい
  • 軽めのメイクであればW洗顔がいらない

というメリットがあります。

 

肌の水分を残しつつ洗顔できる

ミルククレンジングは油分と水分を乳化させた洗顔料で、
洗浄力も控えめな為肌に必要な水分を残しつつ洗顔することができます。

なので乾燥肌や敏感肌の為におすすめです。

 

摩擦が少なく肌に負担がかかりにくい

またとってもクレンジング料自体が滑らかなので
摩擦になりにくいというメリットもあります。

意外と摩擦が与える肌へのダメージって大きいんですよ。

 

軽めのメイクであればW洗顔がいらない

また軽めのメイクであれば落とすこともできるので
いつもはW洗顔をされている方も
ミルククレンジングの場合はW洗顔がいらないというメリットがあります。

例えば

  • マスカラでいうとお湯で落とせるタイプ
  • ベースでいうとBBクリームやパウダーファンデーション

といったものであればミルククレンジングでも落とせます。

またアイメイクだけはしっかりするという方は
ポイントでオイルを使って落とすか専用のリムーバーで
落としてからミルククレンジングをするのもアリです。

全体的にしっかりメイクの場合は

  • クリームクレンジング
  • ジェルクレンジング

の洗顔料もあるのでそちらをお使いいただくといいと思います。

 

以上がミルククレンジングのメリットです。

実際使われた方の口コミを見ると、
他の化粧水や美容液はそのままでミルククレンジングに変えただけでも
数週間でしっとり感が戻り
乾燥が気にならなくなったという声をよく目にします。

 

ミルククレンジングのデメリット

では逆にどのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

メイクを落としきれない場合もある

洗浄力がやさしい分、濃いメイクなどはを落としきれない場合もあります。

先ほどもお話したようにポイントで濃いメイクをする方はそこだけ
別のクレンジングか専用リムーバーでプレクレンジングしたほうが良いです。

 

使い方を間違えると汚れを落としきれない

後ほどミルククレンジングの使い方についてはお話しますが、
使い方を間違えるときちんと汚れを落とせない場合があります。

特にポイントなのは

ミルククレンジングは乾いた状態でクレンジング料をつけること

です。

顔が濡れていて水分が多すぎるとクレンジング料が薄まってしまうので
汚れやメイクが落としきれなくなります。

 

以上がミルククレンジングのデメリットですね。

ですがきちんと使う上でのポイントを抑えれば問題ないです。

それはこれからお話していきますね。

 

ミルククレンジングの方法

ではこのミルククレンジングの方法をお伝えしていこう
と思います。

使い方を間違えるときちんとメイクが落とせなくなるので
参考にしてくださいね。

 

①洗顔料は500円玉くらい

ミルククレンジングのの量は大体500円玉位を使用します。

多すぎても脱脂力が強くなりますし、
少なすぎると摩擦の原因になるので注意が必要です。

 

②洗顔は肌が乾いている状態で

途中お話したように

ミルククレンジングは肌が乾いている状態で行います。

顔全体にのばしたららせん状にくるくると指を動かしていきます。

水分が多すぎると洗顔料が薄まってしまって
きちんとメイクや汚れが落ちない原因になるので乾いた状態で行いましょう。

またクレンジングミルクを付ける前にホットタオルで顔を温めておくと
毛穴も開いて汚れを落としやすくなるのでおすすめです。

ホットタオルを作る際は火傷に注意してくださいね。

 

③ぬるま湯で流す

全体的に指でくるくるし終えたらぬるま湯で流していきます。

熱いお湯だと皮脂を落としすぎになるのでぬるま湯でOKです。

冷水でもいいですが使う必要はないです。

ここで基本的なことですが洗顔料が残らないようにきちんと流しましょう。

 

④すぐに化粧水をつける

タオルでこすらないように拭き取ったら洗顔は終了です。

洗顔後はすぐに化粧水をつけて保湿に移ってください。

洗顔後はとっても肌は敏感ですし、
水分が飛んでしまいやすいいので注意が必要です。

 

以上を使い方を参考にしてくださいね。

ちなみに当サイトでおすすめのミルククレンジングは
アクセーヌ ミルキィクレンズアップです。

アクセーヌ ミルキィ クレンズアップ 引用元:アクセーヌ公式HP
引用元URL:http://www.acseine.co.jp/shop/g/g4900421003047/

低刺激なミルククレンジングですが
乾燥やニキビの原因になる毛穴のつまりを防ぐために角質柔軟成分を
配合しているのでオススメです。

アクセーヌ ミルキィクレンズアップを楽天で探してみる

 

まとめ

今回は更年期の女性におすすめな洗顔の
ミルククレンジングについてお話していきました。

  • 40代以上の女性は洗顔のし過ぎによる乾燥に注意
  • ミルククレンジングは落としすぎずメイクを落とせるのでオススメ
  • アイメイクはしっかりする方は部分的にオイルクレンジングや
  • 専用リムーバーなどを使うのがオススメ

以上です。

今はミルククレンジングがオススメされていますが、
今後もさらに良い洗顔料も出てくるかもしれません。

忘れてはならないのは

皮脂を落としすぎない

ということです。

これはシャンプーと一緒ですね。

皆さんもこれを機に洗顔を見直して美肌を保ちましょう。

そして洗顔の次は化粧水ですね。

化粧水については
薄毛に悩む40,50代女性にオススメな化粧水とコットンを使った使い方
にてお話していますので参考にしてくださいね。

ありがとうございました。



スポンサーリンク


更年期の肌トラブルにオススメの【ビーグレン】です。
肌の悩みに合わせた8種類のトライアルキットがあるのでぴったりのものを探してみましょう。


女性にオススメのいろんな育毛アイテムランキングを見てみる


サブコンテンツ

ページのトップに戻る