糖化ストレスと糖尿病-糖尿病による合併症や女性の抜け毛

最終更新日: 2017年5月7日



糖尿病と糖化ストレスと女性の薄毛

 

近年、食生活や生活様というものは大きく変わっています。

主に西洋文化を取り入れたことによる変化ですが、
それが私たち日本人の健康にも大きな影響を及ぼしています。

もともと和食がメインで外食なども少ない生活習慣にあった日本人ですが、
近年は外食チェーンも多く、海外チェーンも多く日本に進出しており、
日本人の食生活は大きく変化してきています。

そんな中この糖化ストレスと女性の育毛でお話しているような
【糖化】もそういった食生活の影響をとても大きく受けています。

糖化によって女性の抜け毛や薄毛のリスクが高まったり、
さらには重篤な疾患の原因にもなったりするので注意が必要なのですが、
今回は糖化の最終形態といっても過言ではない

糖尿病

についてのお話をしていこうと思います。

 

糖尿病と糖化ストレスの関係について

では糖尿病についてはなんとなくご存知の方も多いと思いますが、
糖化~糖尿病に至るまでの経緯も含めお話していこうと思います。

まず炭水化物や糖質を摂ることで体の中でブドウ糖に分解されます。

そのブドウ糖を処理するのがインスリンでこの膵臓から分泌されるインスリンのおかげで
全身にブドウ糖が運ばれ体のエネルギー源として使われるのです。

これについては
糖化が女性の薄毛の原因になる?糖化レベルをチェックしてみましょう!
にて詳しくお話しています。

ですがこの炭水化物や糖質が多いとそれを処理するインスリンの量も大量に必要と
なってきます。

そんな生活が続いていると膵臓は疲れ切ってしまいその機能は低下してしまいます。

そうするとインスリン自体の質も低下しますので、ブドウ糖の処理能力も低下します。

となると質が低下した分さらに大量にインスリンが必要になるという悪循環にはまり、
最後はインスリンの分泌ができなくなります。

そうした結果最終的には処理できなくなったブドウ糖で血中は溢れかえり血糖値は
常に上昇します。

この状態が糖尿病です。

医学的な数値でいうと前日の夜から10時間以上絶食した状態の

空腹時血糖値

正常値 110mg/㎗未満
境界 110mg/㎗~126mg/㎗未満
糖尿病 126mg/㎗以上

という数値で表されます。

この血糖値が126mg/㎗以上という数値の方は糖尿病という判断になるのですが、
中にはこの空腹時血糖値は正常だが食後の血糖値が急上昇するという方も
いらっしゃいます。

なので

  • 食後の血糖値が200mg/㎗を超える方
  • 血糖値のインスリンの値(IRI)が高い方

も糖尿病の可能性があるので注意が必要だといわれています。

 

糖尿病で抜け毛になる

そして糖尿病は女性の抜け毛にもつながります。

それについては
【重要】髪も糖化する?女性の薄毛や白髪の原因になるメカニズムとは
にて詳しくお話していますが、

糖尿病の原因でもある糖化ストレスでも
女性の薄毛や抜け毛は起きてしまうのですが
糖尿病の場合はもっとその影響は深刻だと考えれます。

毛母細胞がAGEsによって劣化してしまうのはもちろんですが、
糖尿病になると血がドロドロになり血行不良が起きる可能性高いので、
それによって毛母細胞に栄養や酸素が届かず細胞自体が死んでしまう可能性もあります。

それだけ血行を良くすること、そして血液の質を高めるということは大切なのです。

 

糖尿病によって起きる合併症

また糖尿病が怖いといわれるのは抜け毛だけでなく
それによって起きる糖尿病合併症だといわれています。

合併症は大体糖尿病になってから10年~15年で発症するといわれています。

3大合併症といわれているのは

  • ①神経障害
  • ②網膜症
  • ③腎症

この3つです。

 

1.神経障害

これは糖尿病によって

  • 手足の感覚まひや痙攣、
  • 胃腸障害
  • 筋肉の萎縮
  • 自律神経障害

などの症状が出るといわれています。

良く手足のしびれなどは聞きますね。
自律神経障害とはめまいやたちくらみ、異常発汗などが挙げられます。

 

2.網膜症

これは糖尿病によって目の毛細血管が壊されることで起きる
視覚障害です。

年に3000人以上が失明しているといわれていて非常に恐ろしいものです。

 

3.腎症

糖尿病によって腎臓の機能が低下することで体の毒素をろ過、排出が
できなくなります。

最悪の場合人工透析になる可能性もあるものです。

これも年間1万人ほどといわれています。

 

以上が糖尿病の3大合併症といわれるものですが、
どれも糖化によって大量に発生したAGEsという物質によって
細胞や血管などが破壊されていくことで起きるものです。

そして個人的には一番合併症で怖いと思ったのは

糖尿病壊疽

ですね。

これは血糖値が高いと糖質を多く含むので血がドロドロになり
末端の毛細血管まで血がめぐりにくくなります。

これにより手足が壊死し切断せざるを得ない状態になってしまうというものです。

最近では血管を拡張するような治療法も出ているようですが、
気を付けたいものですね。

 

糖尿病予防には食生活の見直しが大切

ではこのような恐ろしい糖尿病にならないようには
どうしたらいいのでしょうか?

ここで大切なのは

食生活の改善

ですね。

糖尿病の原因はこれまでのお話から分かるように

血糖値の急激な上昇

です。

これにより膵臓に負担がかかり糖分を処理できなくなります。

なので

血糖値が急激に上がらないような食生活

を意識することが糖尿病予防の第一歩につながります。

それらについては

糖化ストレスと女性の育毛というカテゴリの中の

【抗糖化の習慣】

という部分でお話しているので参考にしてくださいね。

 

まとめ

今回は糖尿病と抜け毛についてのお話をしていきましたがまとめていくと

  • 糖化が進行するとブドウ糖を処理するインスリンを分泌する膵臓に
    負担がかかり糖尿病になる
  • 糖尿病によるAGEsや血行不良によって毛母細胞が劣化、もしくは
    細胞自体が死滅する可能性があり、それにより薄毛や抜け毛につながる
  • 糖尿病になると様々な病気になりやすくなり、10~15年の間に重篤な
    合併症を引き起こす可能性が高くなる

以上です。

今回は少し深いというか深刻な話になってしまいましたが、
実際糖尿病で苦しんでいる方はたくさんいらっしゃいます。

中には生活習慣ではなく先天的なものでなっている方も多いです。

私たちにできるのは生活習慣に気を付けて少しでもそのリスクを減らすこと
だと思います。

これは抜け毛がどうこうというより健康で過ごすこと、
命にまでかかわってくることなので少し難しい話もしていきました。

ぜひ参考にしてください。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る