お茶は女性の薄毛に良い?抗糖化に良いお茶13種類を徹底比較!

最終更新日: 2017年9月8日



抗糖化に効果的なお茶はどれ?

 

【お茶】

というと紅茶、緑茶、ウーロン茶などいろいろなものがありますが、
お茶自体は私たち日本人にとってはとても身近なもので昔から
健康に良いのみものとして日頃から常飲されてきたものです。

今回はそのお茶が女性の薄毛の原因にもなり得る糖化に良いということで
お話をすすめさせていただこうと思います。

 

お茶はなんで抗糖化に良いの?

ではなんでお茶が抗糖化に良いと言われているのでしょうか?

それは

AGEsの生成を抑えたり、その排出を抑える効果がある

と言われているからです。

つまりは体の糖化によって細胞の老化や炎症の原因になるAGEsを作るのをストップさせ、
さらには体内に蓄積してしまっているAGEsを体の外へ排出できるので
糖化による老化を抑えることができるというわけですね。

最近の研究では

  • ドクダミ茶
  • カモミール
  • セイヨウサンザシ
  • ブドウ茶

この混合ハーブを12週間服用した結果

  • 肌の弾力性の回復
  • 血中のAGEs値の低下

がみられたとされています。

またこれらのお茶による抗糖化効果が
アメリカで承認されている抗糖化薬であるアミノグアニジンよりも
より高いということです。
※日本ではアミノグアニジンは未承認薬

お茶の場合は薬と違い有効成分だけでなく他の成分も
複合的に働いたことでこのような結果になったのではないかといわれています。

 

抗糖化に良いとされる13のお茶たち

では抗糖化に特に良いとされる13のお茶を発表していきます。

 

1.ドクダミ茶

ドクダミ茶 抗糖化出典元:http://www.geocities.jp/yamapon65/tisantisyou_dokudami.html

昔から日本でも解毒効果のあるお茶として愛飲されてきたお茶です。
漢方では十薬(ジュウヤク)という名前でもお馴染みです。

 

2.カモミール

ローマンカモミール 抗糖化出典元:https://horti.jp/3124

カモミールといっても

  • ジャーマンカモミール
  • ローマンカモミール

と大きく分けて2つあるのですが、ローマンカモミールのほうが
抗糖化効果が高いといわれています。

女性の間でも安眠効果やリラックス効果を目的としても愛飲している
方も多いと思います。

体を温める作用や、月経痛の軽減作用などもあり女性には特に
嬉しいお茶ですね。

 

3.セイヨウサンザシ

セイヨウサンザシ 抗糖化出典元:http://www.plant.kjmt.jp/tree/kigi/sanzassy.htm

ヨーロッパでは古くから飲まれているお茶で『心臓の草』という
別称があります。

動脈硬化の予防や循環器系の機能回復などの効果もあるとされています。

 

4.ブドウ茶

赤ブドウ茶の葉 抗糖化出典元:http://www.ssp.co.jp/antistax/redvineleaf/type.html

ドクダミ茶~このブドウ茶までの混合ハーブが先ほど特に抗糖化作用の
あるお茶として紹介したものですね。

ブドウ茶といわれるようにワインの原料である赤ブドウや黒ブドウの葉っぱが原料です。

【ポリフェノール】【アントシアニン】といった成分が配合されているので
眼精疲労にも効果があります。

他にも動脈硬化の予防や血液循環の改善にも効果があります。

 

5.甜茶

甜茶 抗糖化出典元:http://www.hyakka-saen.co.jp/tencya/tenncya.htm

中国で古くから飲まれているお茶で甘味のあるお茶です。

私もたまに飲みたくなって買うのですが、おいしくておすすめです。

市販されている甜茶の多くは【テンヨウケンコウシ】と呼ばれるバラ科の葉っぱが
使われており、
アレルギー疾患やアトピー性皮膚炎に効能があるとされています。

 

6.ハマ茶

ハマ茶 抗糖化出典元:http://gakisroom.exblog.jp/16749506/

日本各地の河原に生息するマメ科の植物で、
別名カワラケツメイ茶と呼ばれています。

私も調べるまでは知らなかったのですが、
【弘法茶】といして滋養強壮に良いと愛飲されていたようです。

便秘の改善や利尿作用があるとされています。

 

7.桑の葉茶

桑の葉 抗糖化出典元:http://gakisroom.exblog.jp/16749506/

桑葉は昔から健康に良いとされているお茶ですね。

そして桑の葉には【DNJ(1-デオキシノジリマイシン)】という糖の吸収をブロックしてくれる
成分が含まれているんです。

最近ではその有用性も認められているようで、抗糖化サポートやダイエットにも良いとして
愛飲されている方も多いようです。

 

8.ビワの葉茶

ビワの葉茶 抗糖化出典元:http://suehiro-do.net/biwa/

果物のビワの葉のことですね。

あまりビワの葉ときいてもピンと来ない方も多いと思いますが、
ビワの葉には

  • コレステロール値を下げて血液をサラサラにしてくれる【サポニン】
  • 抗酸化成分の【タンニン】
  • 糖をサポートする【コロソリン酸】

など女性の美容や健康にうれしい成分がたっぷり含まれています。

ただビワ、梅、桃、アンズなどの主に未熟な果物の実や種には【アミグダリン】という成分が
含まれていてこれらを大量にとると中毒を起こす可能性があるといわれています。

ただビワの葉に含まれているアミグダリンはごく少量でまた加熱することによって毒性もなくなります。

なのでビワの葉を焙煎するときに毒もなくなるのでビワの葉茶の場合は気にしなくてもOKです。

一時はそのアミグダリンがガンに良いなんて言われていたようですが、
今ではその説は否定されているようですね。

また種にはアミグダリンが多く含まれているので非加熱のビワの種やアミグダリンを謳った商品には
すこし気を付けたほうが良いかもしれません。

 

9.柿の茶葉

柿の葉茶 抗糖化出典元:http://kawashima-ya.jp/?pid=81414160

文字通り柿の葉っぱを使っている茶葉です。

ビタミンCが豊富に含まれており、レモンの約20倍だとも言われています。

そのため抗糖化だけでなく抗酸化、コラーゲンの生成、皮脂のコントロール
などにも関わっているため特にカモミール同様、女性にはとてもオススメなお茶ですね。

 

10.グァバ茶

グァバ 抗糖化出典元:http://ryoko-club.com/food/guava-nutrition.html

グァバは沖縄でとれるフルーツでフトモモ科の植物です。

そのグァバ茶に含まれる【ポリフェノール】が糖類をブドウ糖に分解する
酵素を抑える働きがあるとされています。

相することで一気に血糖値が上がるのを防いでくれますので
糖尿病患者さんに良く飲まれているようです。

 

11.ゴボウ茶

ゴボウ茶 抗糖化

数年前から流行っている健康茶ですね。

ゴボウから作られたお茶なので食物繊維を含んでいます。
なので女性の便秘の改善にも良いといわれています。

またゴボウ茶に含まれるポリフェノールの【サポニン】には
血液をサラサラにする効果もあります。

更には水溶性のムコ多糖類である【イヌリン】と呼ばれる物質によって
むくみを改善する効果もあるので女性にはうれしいお茶です。

 

12.サラシア

サラシア 抗糖化出典元:http://ryoko-club.com/food/guava-nutrition.html

サラシアはインドやスリランカなど熱帯地方に生えている
ニシキギ科サラシア属の植物です。

サラシアはインドのアーユルヴェーデでも使われていて根や幹を煎じて飲まれています。

そしてサラシアには小腸で糖の吸収をブロックする【サラシノール】という成分が
含まれているので抗糖化のにとってもおすすめなんです。

またサラシノールによってカットされたオリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになるので
便秘や便秘からくる肌トラブルにも良いといわれていますね。

 

13.ギムネマ

ギムネマ 抗糖化出典元:http://momoka01.com/dietspri/seibun/gimunema/

ギムネマはインド原産のハーブで血糖値の上昇を抑える【ギムネマ酸】を含んでいます。

噛むと甘味を感じにくくなるのが特徴で脂肪を蓄積しにくくする働きもあります。

ただ青臭さや苦みが強いため飲みにくいものも多いようです。

また焙煎するときの熱によって壊れてしまいギムネマ酸が減ってしまうので
そうしたところも考えて作られているものがオススメですね。

 

結局どのお茶が一番おすすめなの?

抗糖化にオススメなお茶について色々とお話していきましたが、どのお茶がオススメなのでしょうか?

どれもおすすめなのですが当サイトで特にオススメなのは【ハイサラシア】です。

ハイサラシア

このハイサラシアは日本で初めてサラシアで特許を取得したサラシアを使用した健康茶なんです。

先ほどもお話したようにサラシアに含まれているサラシノールには糖質の吸収をブロックしてくれる働きがありますので
糖質を抑えたい女性の方にとってもおすすめなんですね。

またほうじ茶をブレンドすることで香ばしくて飲みやすいんです。

しかもスティックタイプなので煮出す必要もなく水にも溶けるのでとにかく簡単手軽です。

また今回お話したように糖質を抑えるお茶はたくさんありますが、
特許を取得したほどの品質の高いサラシアを使用しているのはハイサラシアのとても大きなメリットだと思います。

たくさんの種類をブレンドしたものを試してみるのもいいと思いますが、
まずは1つの原料に絞って良い品質のものを続ける方が私としてはおすすめかなと思います。

とてもお手軽に糖質の吸収を抑えるサポートができるので

「毎日、糖質の事ばかり考えて献立を考えるなんて無理!」
「糖質は気になるけど簡単でのみやすくて続けられるのが良い。」
「忙しいから中々運動もできない。」

という忙しい女性の方にとってもおすすめですのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

先にハイサラシアの公式サイトを見てみる

ハイサラシアのおすすめポイントを見てみる

 

 

まとめ

今回はお茶が抗糖化に良いということでお話をさせていただきました。

  • 日本茶だけでなく健康茶と呼ばれる多くのお茶に抗糖化作用がある
  • これらのお茶には糖化によってできるAGEsの生成の抑制や、排出を促す効果がある

以上です。

色々とおすすめのお茶についてお話していきましたが
やはり味や香りなど好みもありますので、自分が飲みやすいものを選ぶほうが続くと思います。

ぜひハイサラシアもチェックしてみてくださいね

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る