発酵食品で腸内環境を整えて抗糖化!女性の薄毛に良い発酵食品って何?

最終更新日: 2017年5月18日



腸内環境と抗糖化と女性の薄毛

 

糖化ストレスというのは女性の薄毛やお肌の老化などの
原因になるとされる最近注目されているものです。

この糖化は肌が焦げるといわれる老化なのですが簡単に説明すると

タンパク質、脂質 + 糖質 = 糖化ストレス

というように表せます。

そしてこの糖化ストレス対策として

発酵食品が良い

といわれています。

また発酵食品の中には女性の薄毛に良いとされているものも
あります。

というわけで今回は

  • 発酵食品がなぜ抗糖化に良いのか?
  • 女性の薄毛に良い発酵食品って何?

というのをテーマにしていきたいと思います。

 

発酵食品はなんで抗糖化に良いの?

では早速お話してきますね。

発酵食品と聞いて思い浮かべるのは

  • 納豆
  • 味噌
  • 醤油
  • お酢
  • みりん
  • キムチ
  • ヨーグルト

など結構私たちの身近にあるものばかりです。

発酵食品が抗糖化に良い理由としては

  • 便秘改善における腸内環境の改善
  • 免疫力のアップ

が挙げられます。

便秘に関しては便秘によって糖化、酸化されやすい腸内環境を作ってしまうという
ことが考えられます。

免疫力に関してですが、AGEsを処理するのにも関わってくるので免疫力に関してですが、
糖化によってできる悪玉物質であるAGEsを処理するのにも関わってくるので、
免疫力をアップさせるとともに免疫細胞も糖化されないようにしなくてはなりません。
免疫力をアップさせるとともに免疫細胞も糖化されないようにしなくてはなりません。

これら発酵食品を摂ることでの抗糖化なのですが、
もう少し詳しくお話していこうと思います。

 

便秘と糖化について

ではまずは便秘と糖化についてお話していきます。

便秘の原因になるのは腸内の悪玉菌と呼ばれるものが原因とされています。

悪玉菌の代表的なものでいうと

  • 大腸菌
  • ウェルシュ菌

と呼ばれるものたちが挙げられます。

これらは腸内で食物を分解する際に有害物質をどんどん生産します。
そうすると便秘または下痢をするようになりますし、他にも

  • 食欲の低下
  • 睡眠の質の低下
  • 新陳代謝の低下

などが起きてしまいます。

そうすると細胞も糖化や酸化のダメージを受けやすくなるということが
心配されます。

というのも便秘になることで体外に老廃物などを排出できない状態になります。
これにより糖化しやすい状況というのが生まれるといわれています。

また逆に血糖値が高いがために便秘になることも考えられます。

糖化などによってできたAGEsは尿によって排出されるのですが、
血糖値が高い、糖化が進んでいる場合だとその分尿も多く輩出しますので
その分体の水分が足りなくなるため便秘になる。

という考えです。どちらも相互関係になるので気を付けたいところですね。

そしてそれを改善するため必要なのが悪玉菌と対極にある

善玉菌

です。よく耳にするものでしたらビフィズス菌などが有名でしょうか。

また納豆に含まれるナットウキナーゼというのも善玉菌に挙げられます。

ナットウキナーゼや植物由来のヨーグルトに含まれる植物性乳酸菌は
便秘の改善や老廃物の排出を促進する効果があり、
胃酸で壊れにくく生きたまま腸に届きやすいといわれています。

といっても長く腸内で生きていられないので毎日摂っていくことが大切です。

 

免疫力と抗糖化の関係

では今度は免疫力についてです。

免疫と腸内環境は一見全く関係無いように感じますが、実は大ありです。

というのも免疫細胞の内60~70%が腸内に存在します。

そのため発酵食品で腸内環境をきれいにすることでより免疫力のアップにつながります。

免疫細胞のマクロファージなどもAGEsなどのよって糖化されてしまうと炎症の原因などにも
なってしまうようなので免疫力を向上させることで糖化に負けない体をつくることも大切です

免疫力を向上させるのにおすすめなのは

ヨーグルトに含まれるような

動物性の乳酸菌

です。

この動物性乳酸菌は免疫機能のサポートやがん予防にも
効果があるといわれていますので、積極的に摂っていきたいですね。

ただ個人的にはあまりヨーグルトは食べやすいですが、糖化を防ぐというテーマで
お話をしているのでやはりプレーンで食べるのがオススメかと思います。

それか果物を混ぜて食べるというのも糖の吸収は穏やかですし、
食べやすくなるのでおすすめかなと思います。

 

女性の薄毛に良い発酵食品とは?

さて色々と小難しい話をしていきましたが
女性の薄毛に良い発酵食品とは何なのでしょうか?

それは途中便秘の部分でもお話した

納豆

です。

納豆にはナットウキナーゼという善玉菌でけでなく
納豆自体にある

イソフラボン

が豊富に含まれています。

この大豆イソフラボンは女性ホルモン様作用があるので
女性の薄毛対策や美容効果も高いものなので積極的に摂ってほしい物ですね。

ちなみ摂取量としては

  • 納豆1パック
  • 豆乳1本(200ml)
  • 豆腐一丁(300g)

位でOKです。

またなかなか摂れないという方はサプリメントなどを上手に
取り入れてもいいと思います。

イソフラボンについては
イソフラボンサプリは女性の薄毛に良い?その選び方や注意点とは?
にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

まとめ

今回は発酵食品と高糖化についてのお話でした。

まとめていくと

  • 腸内環境を整えることで便秘の改善と免疫力のアップのつながる
  • 便秘をすることで糖化、酸化しやすい体になってしまう
  • 便秘の改善には植物性の乳酸菌や納豆がオススメ
  • 免疫細胞の60~70%は腸内に存在するので腸内環境を整えることが大切
  • ヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌が免疫機能のサポートをしてくれる
  • 納豆は大豆イソフラボンも豊富に含んでいるので女性の薄毛にも良い

以上です。

最近では腸内フローラなど腸内環境を気にする意識が高まっていると思います。

ヨーグルト1つをとってもたくさん種類が出ていますし、
糖化、女性の薄毛対策として腸内環境を見直してみてはいかがかなと思います。

また便秘にお悩みの女性は【便秘と女性の薄毛】というカテゴリも参考にしてみてくださいね。

今回は以上です。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る