抗糖化シャンプーで女性の薄毛対策はできるの?どんな抗糖化成分があるの?

最終更新日: 2017年10月30日



抗糖化できるシャンプーとは?

 

糖化というのは余分な糖質と体のたんぱく質や脂質が結合することで
起きる老化現象のことなのですが、以前
【重要】髪も糖化する?女性の薄毛や白髪の原因になるメカニズムとは
という部分で髪の毛も糖化のターゲットであり女性の薄毛の原因にもなりますよ。

というお話をさせていただいてます。

簡単にいうと

糖化によって発生するAGEsと呼ばれる物質が
細胞を劣化させたり、老化させたりするのですが、
肌などはもちろん頭皮や毛根、細かく言うなら髪を作る細胞である
毛乳頭もその例外ではないですよ。

ということです。

抗糖化については当サイトでもいろいろとお話させていただいていますが、
今回は

  • シャンプーで抗糖化できるの?

というお話をしていきたいと思います。

 

シャンプーに配合されている抗糖化成分とは?

ここ数年、早いところではかなり前からですが

抗糖化シャンプー

なるものが発売されています。
かなりマニアックな商品なのでドラッグストアなどでも見かける機会は少ないですし、
中にはネットでした買えないものもあるのではないかと思います。

ですがシャンプーは毎日するものなので抗糖化成分が入っていることで
AGEsの抑制などを手伝ってくれるのであれば女性にとっては非常にうれしいことです。

その抗糖化成分としていくつか配合されているものというのが

  • セイヨウオオバコ種子エキス
  • プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス
  • マロニエエキス
  • トリコラシル

といったものが挙げられます。

 

抗糖化シャンプーは効果があるのか?

では一番気になるのは

抗糖化シャンプーに本当にその効果があるのか?

という点です。

私の考えるに非常に効果があるかどうかは判断が難しいところだと思います。

商品開発を熱心にしているところであれば(もちろんどこも本気だと思いますが)
実験などもしてどれだけAGEsが低下しているのかというデータなども取った
上で販売しているのかもしれませんが、なかなかそこまでして販売するのは難しいですし

数値化するのが難しい

という点が考えるからです。

またあくまでシャンプーは化粧品なのでその効果効能が薬事的に認められているわけではありません。

なのでこれから話しますが使ってみる価値はあるのではないかというスタンスです。

 

使ってみる価値はある

また決して抗糖化シャンプーを否定しているわけではありません。

むしろそういったことに着目してシャンプーを選んでいくというのは大切だと思います。

女性の薄毛対策においてもシャンプー選びは非常に重要ですので
使ってみるのはとてもいいことだと思います。

 

シャンプーの本質をもう一度考えてみましょう

シャンプーには

  • 抗炎症作用
  • 細胞の活性化
  • 抗酸化
  • 抗糖化
  • 血行の促進
  • 頭皮の保湿
  • 殺菌作用

といった様々な成分が配合されています。

今回お話した抗糖化成分だけでなく育毛系の成分にしても

どの成分がどれくらい効果があるのか?

というのは実際のところわかりません。
ですがここで思い出してほしいのは

シャンプーの目的と本質です。

シャンプーの目的というのは地肌、髪を洗うこと。
シャンプーの本質とはあなたに合っているのかどうか?

です。

ですが皮脂の詰まりが女性の薄毛の原因になる?気を付けたいのは洗いすぎ!
でもお話しているように洗いすぎることで女性の薄毛を進行させてしまったり
しているケースも非常に多いです。

あなたの髪質や肌質に合うように毎日使っても皮脂を取りすぎずかつ
汚れも落とせるというのが理想のシャンプーではないかと思います。

先ほど挙げたような保湿成分や抗糖化成分や抗酸化成分などは
あくまでオプションです。

確かにそのシャンプーの狙いどころはわかりやすくなりますが、
本質となるのは先ほどお話したものたちです。

またいくら良いエキスが入っていようが洗う力が強すぎては
頭皮にも毛根にも髪にも逆効果です。

保湿成分といった成分も、もともと皮脂を取りすぎなければあまり配合する必要のないものかもしれません。

当サイトでは今回お話したような抗糖化成分は配合されていませんが、
女性の頭皮環境にオススメな

【マイナチュレスカルプシャンプー】

をオススメしています。

マイナチュレスカルプシャンプー

アミノ酸シャンプーで洗う力も優しいのでおすすめです。


先にマイナチュレスカルプシャンプーの公式サイトをチェックしてみる

マイナチュレスカルプシャンプーのおすすめポイントを見てみる

 

 

まとめ

今回は抗糖化シャンプーについてのお話でした。

まとめると

  • セイヨウオオバコエキス、プテロカルプスマルスピウム樹皮エキスなどが抗糖化成分として
    シャンプーに配合されている
  • どれくらい抗糖化の効果があるのかは数値化できないので判断できない部分がある
  • それは抗糖化成分だけに限らずシャンプーに入っているエキスなどにも同じことが言える
  • シャンプーの目的と本質をきちんと理解すること、自分に合ったシャンプーを使うのが一番良い

以上です。

最後に話したあなたに合うシャンプーを使うということですが、
あなたが抗糖化を重視している場合、
自分の肌質や髪質に合っていてなおかつ抗糖化にも目を向けたシャンプーがあれば、
それが理想のシャンプーだと思います。

ただここでは抗糖化について話していますが、シャンプーというのをもう一度きちんと
見直していろいろ試してみていただきたいと思います。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る