女性の育毛に東洋医学の考えを取り入れてみる

最近は女性の育毛に

【東洋医学】

が注目されています。

今の主流になっている現代医学は
西洋医学に分類されるものですね。

東洋医学というのは

  • 鍼灸
  • 漢方

などを中心とした医学で、
西洋医学が日本に入ってくるまでは主流だった医療です。

東洋医学の考えは今の現代医学とは違う見方をするので
用いる治療法なども全く変わってきます。

では女性の薄毛対策において東洋医学はどのような考え方が
されるのでしょうか?

 

東洋医学と女性の薄毛

以上です。

  • 気(き)
  • 血(けつ)
  • 津液(しんえき)
  • 精(せい)

など聞いたことが無い言葉ばかりだと思います。

ですが読んでもらうとなんとなく分かると思うので
参考にしてみてくださいね。

 

東洋医学は体全体をとらえる医学

西洋医学というのは各臓器や部位を局所的に捉える
ことが多いですが、
東洋医学は体を一つの有機物として捉えて考えます。

なので薄毛や抜け毛が気になるからといって頭皮に問題が
あるとは考えずにまず他のところに原因を模索します。

もちろん現代医学でもそのような部分はありますが、
ここでお話しているように東洋医学では髪と腎臓が関係している
と言われていて一見何も関係ないような部分が女性の薄毛と
リンクしているようです。

意外な発見があると思うので参考にしてくださいね。

ありがとうございました。

 

サブコンテンツ

ページのトップに戻る