女性の育毛と東洋医学の関係について-現代医学との違いとは?

最終更新日: 2018年1月29日



薄毛の改善と東洋医学のイメージ画像

 

薄毛に悩む女性の皆さんは東洋医学についてはどのくらいご存知でしょうか?

私たちの身近にある医学、例えばドラマや映画などで見る
お医者さんというのはほとんどが西洋医学と呼ばれる
ヨーロッパから入ってきた医学のことです。

なのであまりなじみのない東洋医学だと思いますが、
私たちの身近なものでいうと鍼灸師さんなどがそれに
当てはまるのではないかと思います。

なぜこのような話をするのかというと

近年西洋医学だけでなく
東洋医学が非常に注目を集め始めているからなのです。

もちろんそれは女性の薄毛にも大きく関係してきます。

今回は東洋医学についてやその薄毛との関係性に
ついてのお話をしていこうと思います。

 

東洋医学と西洋医学の違い

西洋医学は皆さんも歴史で習ったと思いますが
『解体新書』と呼ばれる杉田玄白らが翻訳
したものが入ってきたころに日本に入ってきたものです。

昔では蘭学などと呼ばれ昔からあった日本にある東洋医学とは
全く違う考え方であったとされています。

東洋医学は西洋医学だけでは効果が十分では無いものや
その治療範囲外の改善に非常に効果的と言われています。

西洋医学の特徴としては例えば咳が出るから、のど、肺を見るといった
局所的な治療を行っていくものに対し、

東洋医学の場合、肺だけでなく五臓六腑といわれる
肺、心臓、肝臓、脾臓、腎臓や気、血、津液(水)などの呼ばれる
体全体を一つのものとして考え治療を組み立てていきます。

簡単によく言われるのが

「西洋医学は病気を診る」

「東洋医学は人を診る」

ということが言われます。

なので女性の皆さんも一度は経験あるのであろう

  • なんか体調がすぐれない
  • 気分が悪い
  • 肩こりがひどい
  • めまいがする

などがあり病院にいって診察してもらっても

「異常ありませんね。」

といわれてなんとなく薬を出されて帰るといったことはありませんか?

西洋医学でははっきりとした特定の疾患ではない場合
治療対象とされない場合が多いです。

東洋医学の場合はそれらの

【不定愁訴(ふていしゅうそ)】

と呼ばれる自覚症状はあるけど疾患ではないものや

【未病(みびょう)】

と呼ばれるまだ病気になっていない病気の前段階の状態も
治療の対象としています。

また治療法でも大きな違いがあります。

西洋医学の場合病気に対して、例えばウィルスや細菌
、ガン細胞や病変などどいったものに対して、
それらをやっつけるために医薬品や手術で治療に当たります。

東洋医学の場合では手術というものはありませんが、
基本的には鍼灸や漢方、または食事といったもので

自己治癒力を高めることでの改善

を目的としています。

なので未病や不定愁訴といったものにも対応ができるという
特徴があります。

 

東洋医学と女性の薄毛の関係

ではこの東洋医学、薄毛とどのような関係があるのでしょうか?

それは以前
【重要】女性の薄毛の改善は頭皮だけではなく体を治すことが大切!
という部分でもお話しているような

体全体を一つとして診ている

ということが大きなポイントです。

最近では薄毛はAGAやFAGAなどと呼ばれ1つの疾患とされてきていますが、
医薬品のみでの解決では根本的な解決になっていないのでは
ないかと私は思っています。※円形脱毛症などは除く

女性の薄毛を局所的に見るのではなく全体的なものとして診たときに、

頭皮だけでが悪いのではなく、全身の血の巡りが悪かったり、
他の臓器が弱っていることで薄毛が起きているかもしれないし、
もしくは生活習慣に何か問題があるのでは?

などといろいろな可能性が浮かび上がるわけです。

この考えは東洋医学に通ずるものがあると思います。

なので私がこのサイトで

  • 食生活を正しましょう
  • 入浴をしましょう
  • 頭皮マッサージや全身もマッサージしましょう
  • お顔のケアもしましょう

なんて言ってるのはこのような考えを取り入れているからなのです。

なので今薄毛に悩んでいてこれから育毛を始めようとおもっていらっしゃる方は
このような考えも取り入れていただきたいと思います。

 

まとめ

今回は東洋医学と薄毛についてお話していきましたが
私は現代医学である西洋医学を否定する気は全くないです。

ただそれだけではなく東洋医学というまた違った方面から
女性の薄毛を見ていくというのも非常に大切かと思います。

なかなか馴染みのないものなので一歩引いてしまうかもしれませんが
納得できる部分も多いです。

実際のところ薄毛治療に医薬品などは効果がありますし、
場合によっては必要だと思います。

しかし一生医薬品に頼るわけにはいかないので頼らなくても良い
体の状態を作るというのも非常に大切なのではないかと思います。

この【東洋医学と薄毛】のカテゴリだけでなく当サイトではそのような
考えのお話はたくさんさせてもらっていますので
そちらも参考にしていただけたらと思います。

ありがとうございました。



スポンサーリンク



サブコンテンツ

ページのトップに戻る