精の考えと薄毛について-腎臓との関係も深く女性の薄毛にも関係あり

最終更新日: 2018年1月29日



精の考えと薄毛のイメージ画像
東洋医学では

  • 津液

という大きな体を作る三つの要素があるのですが
それとは別に

【精】

というものがあります。

そしてこの精も女性の薄毛に大きく関係してくるものの1つです。

というわけで今回は

  • 精と女性の薄毛の関係について

というテーマでお話していきたいと思います。

 

精と精の働きについて

ではまず精とは何なのでしょうか?

精とは

「生命活動の根本的な物質になるもので、
気の1つである元気(原気)のもとになるもの。」

です。

精にはもともと生まれ持った【先天の精】
後から食べ物などからと入れられる【後天の精】に分けられます。

そしてこの2つの精が合わさると【腎精】になり腎に蓄えられます。

この腎精は生命力の源になるといわれており、

  • 骨や歯の成長
  • 生殖機能の成長
  • 神経や大脳機能を健全に保つ

といった非常に大切な働きを持っています。

 

ここでストップ!いったん休憩しましょう。

 

ほとんど方が【?】だと思いますので

  • 精は元気(元気)の源
  • 精は腎臓に蓄えられる

この2つだけ覚えておいてもらうといいと思います。

そしてここからが大切ですよ。

 

腎精の不調が女性の薄毛につながる?

そして腎精の不調がは女性の薄毛につながってしまいます。

ではその腎精の不調にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

1.腎の蔵精機能の低下

腎臓に精を蓄えておく作用が衰えると

  • 失禁
  • 流産

などが起きやすくなります。

 

2.発育不全

先天の精の不足により

  • 発育が遅い
  • 骨格が弱い
  • 知能発達が遅い

などが起きる場合があります。

 

3.腎精不足による腎機能の低下

腎精が不足すると腎の機能も低下するため
腎の不調で起きるような

  • 難聴
  • 耳鳴り
  • 脱毛

といった耳や髪に関する影響が出てきます。

 

4.健忘、物忘れ

腎精の不足により物忘れが激しくなります。

これは腎精の働きである大脳の正常な働きを
サポートする役割が弱まるためです。

ひどくなると認知症などに至る場合もあります。

 

さて精、腎精の不調で起きる症状は以上のような物が挙げられます。

皆さんもおわかりのように特に女性の薄毛に関係するのは

腎機能の低下

です。

先ほどもお話したように腎精が不足することで
腎機能自体が弱くなってきます。

東洋医学では【腎は髪の毛を司る臓器】といわれていますので
腎の不調は女性の薄毛につながってしまうんですね。

 

腎精不足を改善するためにはどうしたらいいの?

ではこのような腎精不足やそれに伴って起きるような
不調にはどう対応したらよいのでしょうか?

腎精不足には生まれ持ったものもありますが、
ほとんどが後天の精、つまりは飲み物や食べ物などから取り入れている
精の不足が大きな原因とされています。

後天の精が不足するおおきな原因は

  • きちんとした食生活をしていない

が考えられます。

なのでまずは食生活から見直していきましょう。

中々毎日の献立を考えるのも大変ですが
できる範囲から試していきましょう。

詳しくは
薄毛に悩む40,50代女性の食生活は【まごはやさしい】がキーワード
にてお話しています。

なんとなく体や髪に良い食材がわかれば
作る献立も浮かびやすいと思いますので参考にしてくださいね。

また腎と薄毛との関係や腎に良い食生活については
【重要】腎臓と女性の薄毛の関係-腎が弱ると薄毛になるって本当!?
にてお話していますのでこちらも参考にしてくださいね。

 

まとめ

今回は精と薄毛の関係性についてお話していきました。

まとめると

  • 精は私たちの生命活動の源になる物質の事
  • 精はもともと生まれ持った先天の精、食べ物などから得る後天の精の
    2つがある
  • この2つの精が合わさることで腎精になり腎に蓄えられる
  • 腎精の不調は女性の薄毛や体の様々な不調につながる

以上です。

東洋医学の考えでは体は一つにつながっているため
どこか一部に不調が起きれば関係する体の部位にも異常が起きてしまいます。

今回の精の不調でいえば腎臓にも影響を及ぼしますし、
その原因は胃や脾臓なども関係してくる可能性もあります。

ですが考えすぎると難しいので

私たちができる範囲での生活習慣の見直し

というのが女性の薄毛対策や健康維持につながるのではないかと思います。

また一緒に

も参考にしてくださいね。

ありがとうございました。

 



スポンサーリンク



サブコンテンツ

ページのトップに戻る