内因、外因、不内外因に当てはめて女性の薄毛の原因を探してみよう!

最終更新日: 2017年5月7日



内因、外因、不内外因と女性の薄毛の原因

 

東洋医学では病気かどうかを

  • 気、血、津液(水)
  • 陰陽
  • 五臓六腑、経絡

といった要素から判断するといわれています。

そしてその病気の原因として

  • 内因
  • 外因
  • 不内外因

というものがあります。

それぞれ

  • 体の内からの原因
  • 体外からの原因
  • 体の内からでも外からでもない原因

という意味です。

そしてこの3つの原因は女性の薄毛にも
当てはめて考えることができます。

というわけで今回は

  • 内因、外因、不内外因と女性の薄毛の原因について

というテーマでお話していこうと思います。

 

体の中の原因である内因ってどんなもの?

ではまず体の内にある原因である【内因】についての
お話をしていこうと思います。

内因には【七情】が大きく関係しています。

七情とは文字通り7つの感情のことで
これらは内臓に影響を与える行き過ぎた感情の
ことを指します。

 

1.喜

喜びを表します。行き過ぎると心臓に影響が現れます。

  • 集中力の低下
  • 不眠
  • 不安
  • 精神錯乱

などの症状が現れます。

喜びなのに行き過ぎると良くないんですね。ちょっと意外です。

 

2.怒

怒りを表し、行き過ぎると肝臓に悪影響を及ぼします。

  • 頭痛やめまい
  • 動悸
  • 目の充血
  • 不眠

などの症状が現れます。

ストレスで肝臓をやられる人がいますがこうしたのが原因なんでしょうか?

 

3.思

思う、つまりは考えすぎのことです。
考えすぎると脾臓に悪影響を与えます。

  • 消化不良
  • 食欲不振
  • 腹痛
  • 膨満感
  • 軟便

などの症状が出ます。

これは私も思い当たりますが、心配事があると食欲がなくなってしまうんですよね。

 

4.悲

悲しみを表し、悲しみすぎは肺に影響を与えます。

また肺だけでなく脾臓まで傷つけるようになり、

  • 息切れ

などの症状が現れます。

強いショックで過呼吸になるのと似ていますね。

 

5.憂

憂いを表し、行き過ぎると『悲』と同じように
肺や脾臓に影響を及ぼします。

 

6.恐

恐怖を表し、怖がりすぎは腎臓に影響を及ぼします。

  • 失禁
  • 白髪の増加

などの症状が現れます。

怖い思いや強いストレスで一夜にして白髪になってしまった何て言いますが、
関係ありそうですね。

 

7.驚

驚きを表し、これも腎臓に影響を与えます。

  • 動悸
  • 不眠
  • 物忘れ
  • 精神錯乱

などが考えられます。

驚くとドキドキしますけど物忘れや精神錯乱はちょっと怖いですね。

 

これらが七情といわれる病気の内因になります。

 

女性の薄毛の内因を考えてみよう

では内因を女性の薄毛に当てはめて考えたときには
どんなものが当てはまるのでしょうか?

 

1.アレルギー体質

もともと生まれつきの体質です。

ぜんそくやアトピー、鼻炎、リウマチなどが考えられます。

 

2.ストレス

ストレスにも避けられるものとそうでないものがありますし、
またストレスに強いかどうかの体質も関係してきます。

 

3.気の不調

  • 気落ちする
  • 気虚
  • 気逆
  • 気滞

などが考えられます。
気の考えと女性の薄毛-気が弱ると女性の薄毛につながる?

 

4.血の不調

  • 虚血
  • 血熱
  • 血お
  • 血の滞り
  • 血の質が悪い
  • 血管の質が悪い

などが考えられます。
血(けつ)の考えと薄毛-血の不調は女性の薄毛にもつながる

 

5.津液の不調

  • むくみ
  • 冷え
  • 津液の滞り

などが挙げられます。
津液の考えと女性の薄毛-体の水分が不足すると女性の薄毛につながる?

 

6.生活習慣病

  • 糖尿病
  • 甲状腺不全

などが挙げられます。
【重要】髪も糖化する?女性の薄毛や白髪の原因になるメカニズムとは

 

7.腎臓や肺などの機能低下

髪の毛を司る腎臓の機能の低下、
また腎臓の働きを助ける肺の機能の低下が薄毛の原因になる場合があります。
【重要】腎臓と女性の薄毛の関係-腎が弱ると薄毛になるって本当!?

 

8.医薬品の過剰摂取

解熱鎮痛効果のある医薬品や抗がん剤などの
過剰摂取が考えられます。
女性器疾患や薬の副作用が女性の抜け毛、薄毛の原因に!対処法は?

 

9.出産

出産による薄毛や抜け毛のことです。
出産後に気になる生え際の抜け毛!その原因と対策について
これらが挙げられます。

 

体の外の原因である外因とはどんなもの?

では続いて体の外に原因がある外因とはどのようなものなのでしょうか?

外因とは六邪(ろくじゃ)というものに当てはまります。
六邪とは自然界の気候の変化、

  • 湿

の6つから起きるものでこの気候の変化を六気
と言います。

六邪は六気からくる

  • 風邪
  • 寒邪
  • 署邪
  • 湿邪
  • 燥邪
  • 火邪

6つに分けられます。

これらの六邪が口や鼻、皮膚から侵入すると
体の抵抗力と戦い、邪が勝つと病気になると言われています。

 

女性の薄毛の外因を考えてみよう

東洋医学の全体的な意味での外因は先ほどのような

気候の変化による六邪

が挙げられるのですが、

女性の薄毛における外因とはどのようなものが挙げられるのでしょうか?

 

1.シャンプー、リンスなどのに含まれる界面活性剤

シャンプーやリンスには必ず含まれる界面活性剤ですが、
中には脱脂力がつよく地肌にダメージを与え弱らせて
しまうものもあります。
シャンプーで頭皮や毛根が弱る?シャンプーと女性の薄毛の関係について

 

2.シャンプーなどの間違った使い方や、合っていない商品

シャンプー剤を大量に使ったり、自分の体質に合っていない商品
を使ったりすることで薄毛を進行させることがあります。
【重要】薄毛に悩む40、50代女性のシャンプー選びと4つのポイント

 

3.カラーやパーマ

女性であれば必ずと言っていいほどカラーやパーマはされると思います。

特にカラーは頻繁にする方であれば一か月以内に一回とかなり短い
頻度でされる方もいらっしゃいます。

カラーやパーマ剤というのは頭皮にダメージを与えるのでこれも頭皮バリア
を弱らせたり、地肌に炎症を起こす可能性があります。
カラーやパーマで薄毛になる?頻度を考えて頭皮ダメージを予防する

 

4,エアコンなどによる冷え

職場や家などでのエアコンの使い過ぎによる冷えで
血行不良などになりやすくなります。
体の冷えと女性の薄毛-冷え性になる5つの原因と対処法

 

5.促進器などの誤った使い方

育毛剤の促進などの誤った使い方によって逆に
薄毛を進行させてしまうことがあります。
育毛剤の促進器のメリットとデメリットや使用上の注意点

 

6.頭皮クレンジングなどのやりすぎ

過酸化脂質と呼ばれる普段のシャンプーでは落としきれない
汚れを落とすために行う頭皮クレンジングなどの
やりすぎで毛根が弱ってしまい薄毛になってしまう場合があります。
皮脂の詰まりが女性の薄毛の原因になる?気を付けたいのは洗いすぎ!

 

7.プールや海水浴、紫外線

プールや海水といった塩分や塩素、
それに紫外線などが加わるとさらに地肌ダメージは
大きくなります。
紫外線が女性の抜け毛、薄毛の原因になる-帽子や日傘を使ったUVケア

 

8.下着の締め付け、窮屈な靴など

補正下着やネクタイ、歩きにくい靴など衣服などの
締め付けなどで血行が悪くなったり、むくみの原因に
なります。
血行不良と女性の薄毛や抜け毛-血行促進のために取り入れること

 

9,嗜好品

飲酒や喫煙などの嗜好品なども薄毛の原因になります。
タバコと女性の薄毛-血行不良やビタミンCの消費と6つの禁煙のポイント
お酒と糖化と女性の薄毛-アルコールでも糖化は進行する
これらが薄毛の外因としてあげられます。

 

体の外の原因である不内外因とはどんなもの?

では3つ目のげんいんである不内外因についてお話していきます。

「内因にも外因にも属さないものってどんなものがあるの?」

と思う方も多いと思います。

この不内外因は大きく分け5つあります。

 

1.飲食失節

飲食失節とは飲食の節度がなくなることで、
食べ過ぎや逆に食べなさすぎなどの状態を指します。

不衛生な食生活や偏食なども入ります。

 

2.五労

五労とは

  • 目の酷使(久視)
  • 寝たきり(久臥)
  • 座りっぱなし(久座)
  • 歩き続け(久行)
  • 立ちっぱなし(久立)

をさします。長時間同じ行動をとることで
疲労も貯まり内臓にも影響を与えることもあります。

 

3.体質

もとからの体質で津液や血の滞りが起きやすい状態などを
指します。

 

4.外傷

打撲や骨折、切り傷なども不内外因に含まれます。

 

5.労逸

労逸とは疲労や過労を表す労倦と
安静を表す安逸を組み合わせたものです。

  • 労力過度…仕事や遊びの過剰による疲労
  • 心労過度…悩みすぎたり、考えすぎによる疲労
  • 房事過度…性生活過度による疲労
  • 安逸過度…休みすぎによる気血の停滞

に分けられます。

 

女性の薄毛の不内外因を考えてみよう

では薄毛における場合はどのようなものが
不内外因に当てはまるのでしょうか?

薄毛における場合はほとんどは外因と内因にわかれる
かなと思いますがどんなものがあるのでしょうか?

 

1.食生活の乱れ

飲食失節になると

  • 脂っこい食事や糖分
  • 塩分
  • 過食や偏食、
  • 冷たい飲み物
  • 誤ったダイエット

こうした乱れた食生活なるので
女性の薄毛の原因になることがあります。
女性の無理なダイエットは薄毛の原因になる!育毛しながら上手に痩せる3つのコツ!

 

2.職業的なものによる五労

  • 座りっぱなしや立ちっぱなし
  • 夜勤
  • 帽子やヘルメットをかぶる、
  • 長距離ドライバー
  • パソコンなどを使うデスクワーク

これらが挙げられますが、これらは血行を悪くしたり、
頭皮環境を悪化させてしまうことがあります。
帽子やヘルメットを長時間かぶると薄毛になる?その対処法について
スマホの使い過ぎで女性の薄毛が進行する?眼精疲労や姿勢の悪さによる血行不良

 

3.労逸によるストレスや内臓へのダメージ

過度な疲労やストレスは血行が悪くなったり
精神的に薄毛を進行させる場合もあります。

特に

房事過度…性生活過度による疲労

は腎臓に負担がかかるので薄毛を進行
させる場合もあります。

 

 

以上が女性の薄毛における不内外因です。

 

まとめ

今回は女性の薄毛と内因と外因、不内外因の関係について
お話していきました。

まとめていきますと

  • 体の内からの原因を内因という
  • 体の外からの原因を外因という
  • 体の内からでも外かrでもない原因を不内外因という
  • それぞれ女性の薄毛の原因にも当てはめて考えることができる

以上です。

東洋医学というカテゴリで難しく考えると漢字ばかりで
良く分からなくなりますが、女性の薄毛に当てはめると
日々の生活で考えることばかりです。

なので毎日の生活習慣やヘアケアなどから見直していきましょう。

ありがとうございました。



スポンサーリンク



サブコンテンツ

ページのトップに戻る