白髪って減らせるの?女性の白髪の原因と4つの対策

最終更新日: 2017年5月18日



白髪のメカニズムや原因と対処法

薄毛に悩む40,50代女性の中には【白髪】に悩んでいる方もとっても多いと思います。

「なんで白髪って生えてくるの?」
「若いときから白髪が生えてくるけど何でなの?」
「白髪ってどうやったら減らせるの?」
「白髪ってどうしたら隠せるの?抜いたらダメなの?」

白髪に関する悩みっていっぱいですよね?

というわけで今回は

  • 白髪が生えてくる仕組み
  • 若白髪が生える理由について
  • どうやったら白髪が減らせるの?
  • 白髪にはどう対処したらいいの?

というテーマでお話していきたいと思います。

 

白髪が生える仕組みについて

まずは白髪が生える仕組みについてお話していきたいと思います。

白髪というのは髪の毛の【メラニン色素】というものが大きく関係してきます。

メラニン色素という言葉は皆さん聞いたことがあると思いますが、
肌の色や髪の色を決めているもので、
紫外線から肌や髪を守ったりする役割があるものです。

なので
紫外線の強い土地の方はメラニン色素が多いので肌の色が濃かったり、
寒冷地などの紫外線が少ない土地の方は色が薄かったりします。

髪に関しても同じでメラニンには

  • ユウメラニン(真メラニン)
  • フェオメラニン(亜メラニン)

という2種類のメラニン色素があります。

  • ユウメラニンは赤褐色(赤茶色系)
  • フェオメラニンは黄褐色(黄茶色系)

の色に分かれます。

アジア人などのもともとの髪が黒いのはユウメラニンが多いためで
ヨーロッパ人などの髪が明るいのはフェオメラニンの割合が多いからです。

そして白髪になるのはこのメラニン色素が作られなくなるからです。

髪の毛のメラニン色素は毛根にある毛母細胞の中の【メラノサイト】と呼ばれるところで作られています。

このメラノサイトでメラニン色素が作られなくなると白髪になってしまいます。

これが白髪のメカニズムです。

 

白髪が生える原因って何?

ではなぜメラニン色素は作られなくなるのでしょうか?

白髪が生えてくる原因には以下のようなものが考えられます。

 

ストレス

ストレスによって毛母細胞の働きが弱ってしまい
メラノサイトの働きも低下してしまうといわれています。

 

老化

最近の研究では毛根や髪を包む毛包の中の
【17型コラーゲン】が減少することで薄毛や白髪に
つながるという発表がされています。

詳しくは
コラーゲンサプリは効果なし?女性の薄毛や美肌にはビタミンCがオススメ
にてお話しています。

 

血行不良

血行不良は女性の薄毛にも大きく関係しています。

しかし、ただ単純に栄養がいかないから白髪になるというだけではないようです。

面白いことに白髪は黒い髪より保温機能に優れているといわれているんです。

血行不良になると頭、つまりは脳の温度が低下してしまいます。

そうすると脳の温度低下から守らないといけないので
保温機能の高い白髪が生えてくるとも言われています。

 

以上これらの理由が考えられます・

 

じゃあ若白髪が生えるのは何で?

また白髪に悩む女性の皆さんの中には10代から白髪が多くて悩んでいた
という方もいらっしゃると思います。

いわゆる若白髪というやつですね。

では加齢などによる白髪と若白髪には何の違いがあるのでしょうか?

それは体質と遺伝にあるといわれています。

 

体質

若白髪が出る人というのはもともと色素をつくる力が弱い体質
だといわれています。

なので多くの方は30代くらいから少しづつ増えてくる白髪が
10代から出始めてしまいます。

 

遺伝

そして若白髪が出やすい体質が遺伝されることで
子供にも若白髪が出やすくなります。

そして遺伝や体質は改善や予防は通常の場合と比べて難しいと言われています。

ですがこれから4つの白髪対策についてお話していきますのでまだお付き合いください。

 

白髪って減らせるの?4つの白髪対策とは?

ではこれから白髪に悩む女性の皆さんが一番気になる

「白髪って減らせるの?」

という疑問にお答えしていきたいと思います。

 

1.ストレスと上手に付き合う

先ほどお話したようにストレスで白髪が増えるといわれています。

ただストレスといっても

  • 仕事
  • 家事
  • 子どものこと
  • 親の介護

ストレスの原因ってほんとたくさんだと思うんです。

ただ悩み過ぎは良くないですし悩んでもどうにもならないこと
もたくさんあると思います。

なので上手に付き合っていくのが一番いいのかなと思います。
女性の薄毛とストレスの関係-ストレスの回避のための4つの秘訣

 

2.頭皮マッサージをする

血流を良くることは薄毛対策にも白髪対策にも良いといわれています。

皆さんは見たことないですか?

白髪を見つけて抜いたら根元は茶色、もしくは黒くなっていた。

これは途中からメラニンが作られ始めた証拠なんです。

今ある白髪ももしかすると色が戻ってくる可能性もありますし、
まだ白髪になっていない部分の予防にもなるので頭皮マッサージで
血行促進していきましょう。

また頭皮マッサージはリフトアップの効果もあるので

  • 頬、目元のタルミ
  • おでこのシワ

などが気になる方も是非やってみましょう。

薄毛に悩む女性は必見!頭皮マッサージで血行促進+リフトアップ!

 

3.白髪に良い食べ物を取り入れる

またメラニン色素を作るのに必要なものを
食事で補うのも良いですね。

メラニン色素を作るに必要なのは

  • ヨウ素
  • チロシン

この三つです。

なのでこれらの3つを含む食品がおすすめです。

 

●ヨウ素

ヨウ素は主に昆布やワカメなどの海藻類や
サバやカツオといった魚介類などに多く含まれていて
メラノサイトの働きを活性化をする働きがあります。

またヨウ素は甲状腺機能を活発化させる働きもあります。

甲状腺機能が活発になると体の新陳代謝がアップするので
脂肪を燃焼しやすくなったりもしますので
女性のダイエットにも良いといわれていますね。

 

●チロシン、銅

チロシンはメラニン色素の原料の1つで
銅はメラニン色素をつくる酵素であるチロシナーゼの合成に必要なものです。

チロシン、銅に関してもたくさんあるのですが、オススメの食材としては【大豆】が一番おすすめです。

納豆や豆腐などの大豆製品はチロシンと銅のどちらも含んでいます。

さらには植物性の良質なたんぱく質や女性ホルモン様作用を持つ【イソフラボン】も含んでいるので
白髪や薄毛などにお悩みの女性にはとってもおすすめな食べ物なんです。

大豆食品は女性の薄毛に良い?それぞれのメリットや摂取量について

 

4.睡眠の質を上げよう

また睡眠不足や睡眠の質の低下も白髪に良くないです。

きちんと眠れていないと毛根や細胞を修復する
【成長ホルモン】がきちんと分泌されないので髪の毛も弱くなってしまいます。

すると薄毛だけでなく白髪になってしまう可能性もあるので気を付けたいところですね。

ただ女性の皆さんの中には

  • 眠る時間もしっかり取れない
  • なんだかよく眠れない
  • 夜中に何度も目が覚めてしまう

という女性も多いようです。

睡眠時間もただ長ければ良いというわけではないですし、
ピッタリの時間がそれぞれあります。

またとれる睡眠時間の中で質を上げてあげることも大切です。

それについては
睡眠不足と女性の薄毛の関係-睡眠の質をアップさせるための8つのこと
にてお話していますので参考にしてくださいね。

 

以上4つが白髪対策なのですが、

白髪の根本的な解決策は今のところわかっていないんです。

ただこれまでお話したような対策をとっていくと

これ以上白髪を増やさない

ことにつながると思いますので試してみてくださいね。

 

白髪を隠す上で気を付けてほしい2つのこと

またこれまでお話したような白髪対策をしていくとしても

今ある白髪も何とかしたいですよね?

ただここで気を付けてほしいことが2つあります。

 

1.カラーリングのし過ぎ

まず一つ目はカラーリングのし過ぎです。

特に一番目についてしまうのが

  • 顔周り
  • 生え際

の白髪ですね。

早い方では2~3週間に一回グレイカラーをする人がいますが
これはあまりおすすめではありません。

髪のダメージももちろんですが頭皮への負担が心配です。

一度カラーをしてから頭皮が回復するまでには約一か月かかるといわれています。

一番気になるので難しいかもしれませんが最低でも1ヶ月は間隔をあけてほしいです。

カラーによる頭皮の負担や女性の薄毛のリスクを減らすための6つのポイントとは?

 

2.白髪は抜いたらダメ!

もう一つは白髪を抜いてはいけません。

その理由はもちろん

髪の毛が減ってしまうから

です。

あともう一つ理由が皆さんも一度は聞いたことがある

白髪を抜いたら増える

というものです。

以前テレビで取り上げられていたものでは
実際に白髪部分の地肌にマーキングをして抜いてみて
増えたかどうかの実験をしていましたが、その時は白髪は増えていはいませんでした。

ではなぜ白髪が増えるといわれているのでしょうか?

髪の毛というのは一つの毛穴から1本ではなく2~4本くらい複数本生えています。

毛穴から生えている髪の毛引用元:ヘアーサロンエルリック

例えばそのうちの1本が白髪になってそれを抜いたとします。

すると隣り合っている他の毛根の組織が壊されたり、
毛根ごと上に引き上げられてしまいます。

毛根の組織が壊れたり毛根が引き上げられると血行が悪くなると
メラニン色素が上手く作られなくなる恐れがあります。

そうすると隣の毛まで白髪になってしまって白髪が増えてしまうことにつながります。

これが白髪を抜いたら増えるといわれるようになった理由です。

なのでピョンと飛び出た白髪は根元から切ってしまいましょう。

眉毛用などの小さいはさみでやると狙いやすいですし、
他の毛まで切ってしまう恐れが少ないのでおすすめですよ。

 

以上2つが気を付けてほしいポイントです。

 

まとめ

今回は白髪についてのお話をしていきましたが
まとめていきますと

  • 白髪はメラニン色素が作られなくなることで生えてくる
  • 白髪になる原因はストレス、老化、生活習慣、血行不良などがある
  • 若白髪は体質や遺伝によるものが大きい
  • 頭皮マッサージや食生活など白髪対策をしてみよう
  • 白髪を隠すために白髪を抜いたりカラーのし過ぎに気を付けよう
  • 白髪は抜かずに根元から切るようにしよう

以上です。

薄毛もそうですが白髪もなんだか老けて見えたり、疲れて見えたり
するのでとっても嫌ですよね。

今回お話した白髪対策は女性の薄毛対策にもつながるので
ぜひとも試してみてくださいね。

ありがとうございました。



サブコンテンツ

ページのトップに戻る